NBA

Basketball community mourns loss of Kobe Bryant (FIBA公式コメント)


Basketball community mourns loss of Kobe Bryant (FIBA公式コメント)

FIBA公式コメント
バスケットボール界はコービーブライアントが亡くなったのを嘆いている。
41歳のコービーブライアントは、13歳の娘ジャンナと共にロサンゼルスの北でヘリコプター事故で死亡しました。コービーブライアントが娘のチームを指導したジュニアバスケットボールトーナメントに移動中に事故にあい亡くなった。フライト中の他の7人も亡くなった。

FIBAとバスケットボール界は、NBAとアメリカのバスケットボールの伝説であり、スポーツの世界的な象徴であるコービーブライアントの死を嘆いている。

最近では、中国でのFIBAバスケットボールワールドカップ2019のグローバルアンバサダー歴任。

コービーブライアントは、ロンドン2012と北京2008の両方でオリンピックの金メダリストであり、2007年のFIBAアメリカ選手権の優勝者であり、ロサンゼルスレイカーズの5回のNBAチャンピオンになっている。

コービーブライアントは1996年に高校から直接NBAに入団してすぐにレイカーズで大活躍しました。
コービーブライアントは20シーズン中18シーズンでオールスターに選ばれている。
2007-08シーズンの最優秀選手賞を受賞しました。
コービーブライアントのキャリアはレイカーズで過ごしました。

彼は2009年と2010年の両方でNBAファイナルMVPに選出それる。
2006年にトロントラプターズに対して81ポイントを上げ、リーグ史上2番目に高い記録を更新しました。NBA総得点ランキングでも4位に。
1位ジャバー
2位カールマローン
3位レブロンジェームズ
4位コービーブライアント
5位マイケルジョーダン

オールNBAチーム15回選出される。
オールディフェンスチームにも12回選出される。

引退後は「Dear Basketball」というタイトルの詩を書きました。

I ran up and down every court
After every loose ball for you.
You asked for my hustle
I gave you my heart
Because it came with so much more.
– Kobe Bryant in “Dear Basketball””

これは、アカデミー賞で受賞しました。さらにアニメーション短編映画にもなりました。

コービーブライアントはかつてないほどバスケットボールをグローバル化するのに大きく貢献してました。彼の感動的なプレースタイルと勝利への情熱は、文化、ファッションを変えていった。
そして、バスケットボールを愛し、バスケットボールはコービーを愛していた。

女子バスケットボールを最大限サポートしてました。

悲劇的な出来事に対する悲しみを表明したのは、バスケットボールの世界だけではありませんでした。コービーブライアントやその他の犠牲者に敬意を表し、世界のリーダーも悲しみに嘆いている。

NBAニュース海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web