Bリーグ

[Bリーグ]宇都宮ブレックスがファイナルへ王手、CSセミファイナル第1戦は宇都宮が接戦を制す

[Bリーグ]宇都宮ブレックスがファイナルへ王手、CSセミファイナル第1戦は宇都宮が接戦を制す

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2020-21セミファイナル  5/21(金)19:05 ブレックスアリーナ宇都宮
宇都宮ブレックス 68-65 川崎ブレイブサンダース
1Q 23-14
2Q 19-16
3Q 14-21
4Q 12-14
<宇都宮>
スコット18得点 比江島13得点
<川崎>
ファジーカス23得点 藤井12得点

どちらも激しいプレッシャーをかけてディフェンスをするチーム。その中からどう得点していくかがポイントになる試合。また、このカードは因縁があって、2017年5月28日代々木第一体育館でBリーグ元年のチャンピオンシップで対戦する。栃木(現 宇都宮)が勝って初優勝。ファンの記憶に残っている。今シーズンは3-1で川崎が優勢で、今年の天皇杯は川崎が制している。

ゲームの入りは予想通りお互いプレッシャーディフェンスで展開する。その中から宇都宮が積極的にシュートを打ち、遠藤、鵤がスリーポイントシュート決めて川崎を引き離して行く。リバウンドは宇都宮が優勢で特にオフェンスリバウンドから得点していった。宇都宮は試合トータルで25本、川崎からオフェンスリバウンドを取りインサイドを支配した。
川崎は藤井がスリーポイントなどで追い上げる。突き放そうとする宇都宮に対してインサイドで中々決められはないが、アウトサイドで得点を決めて点差も離されないでいく。宇都宮はロシターが起点になってギブス、スコットにパスが行き得点、アウトサイドからのシュートとリバウンドを取ってセカンドチャンスで得点する。42-30宇都宮リードで前半折り返す。

後半に入って川崎はヒース、アギラールの得点、高い位置からドライブしてファジーカスがバスカンを取ってインサイドでの得点で一桁得点差にする。宇都宮はロシターと比江島のピック&ロールから比江島がスリーポイントをブザービーターで決めて、追いついてきた川崎を引き離す。一方、前半と違い川崎はオフェンスリバウンドを取られてもセカンドチャンスを与えずハードにディフェンスをチームでしっかりやって得点させない。
ターンオーバーを誘い速攻で得点して、カルファニが宇都宮のドライブをブロックして、ファジーカスがコーナーからターンアラウンドシュートと早い展開で連続得点して川崎のバスケットをする。

4Q入って川崎は宇都宮に得点させずファジーカスのタップシュートで1点差にする。そこからお互い拮抗する。川崎のハードディフェンスで宇都宮は攻めきれない。残り5分の攻防の中、川崎辻が渾身の連続スリーポイントを決める。
最終局面の残り50秒で2点差の攻防、ファウルからのファジーカスのフリースロー2本決めてまたまた1点差まで追い上げる。宇都宮のオフェンスでシュートを外すもリバウンドを取りきった。川崎はファウルゲームに行かざるを得ない。スコットがフリースロー2本決めて68-65で宇都宮が勝利した。

ブレックスは5/22(土)第2戦に勝利すると優勝した2016-17シーズン以来、4年ぶりのファイナル進出になる。川崎はどんな戦いを見せてくれるだろう。



 

試合後コメント
比江島慎(宇都宮)
いろんなことを試しながらの試合で遂行できた。川崎に追いつかれたけどしっかり我慢して体を張っていい勝利だったと思う。泥臭くやることは昔からDNAにあるのでプライド持ってやっている。明日は自分からアタックしてもっとチャンスを作っていきたいと思う。

ライアン・ロシター(宇都宮)
とてもタフな試合だった。川崎はフィジカルが強くガード陣はスピードがあるのでしっかり準備して勝ててよかった。自分の役割は変わらず、みんなで統一の意識を持って、ポイントガードのようなプレーもして試合の流れを見て的確なプレーを心がけている。

ジェフ・ギブス(宇都宮)
出だしでいい流れを作れた。ビッグラインナップに対してしっかりリバウンドで競り勝てた。ルーズボール、セカンドチャンスを相手に与えず自分たちのボールにすること。激しい試合だったけど勝つことが大事だったので、勝ててよかった。

安齋HC(宇都宮)
アグレッシブにやってくれた。ビッグラインナップをやったが川崎戦には必要だった。選手が理解してよくやってくれた。リバウンドもルーズボールも相手に取らせずよかった、選手たちのセンス、共通の理解に助けられた。明日もう1勝できるよう準備したい思う。

 

篠山竜青(川崎)
宇都宮にオフェンスリバウンドを25本取られた。うちが取りきれなかった。そこを抑えて自分たちのポゼッションを取れるかが明日のカギになる。相手のオフェンスを減らす事。切り替えて明日は何としても勝ちたいと思う。

佐藤HC(川崎)
宇都宮に出だしの勢いを持って行かれてリバウンドを支配された。ターンオーバーも敗因だった。お互いビッグラインナップの駆け引きを考えて、相手より早く反応して、明日は負けたら終わりなので全員でやりたいと思います。後半は選手が頑張ってよかった。

Bリーグ
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web