日本代表

【男子🇯🇵日本代表】トム・ホーバスHC、富樫勇樹、比江島慎、富永啓生、河村勇輝 北海道大会オーストラリア戦に向けて

【男子🇯🇵日本代表】トム・ホーバスHC、富樫勇樹、比江島慎、富永啓生、河村勇輝 北海道大会オーストラリア戦に向けて

パリオリンピックが迫ってきた男子日本代表が北海道大会、東京大会に向けて、第2次強化合宿を行っていて、6月11日にメディアデーが実施された。阿部諒、シェーファーアヴィ幸樹、市川真人、川島悠翔の4名が今合宿で選考から外れ、20名で練習が行われた。練習後にトム・ホーバスHC、富樫勇樹、比江島慎、富永啓生、河村勇輝に今大会への想いを聞くことができた。

合宿参加20名
比江島慎
須田侑太郎
張本天傑
富樫勇樹
原修太
ジョシュ・ホーキンソン
馬場雄大
今村佳太
佐々木隆成
吉井裕鷹
川真田絋也
テーブス海
渡邉飛勇
西田優大
井上宗一郎
富永啓生
河村勇輝
金近廉
山ノ内勇登
ジェイコブス晶

 

トム・ホーバスHC

「全員が集まってミーティングして1人ずつ話をしました。ドイツ、フランスのための新しいオフェンス、ディフェンも用意しています。代表メンバー候補の選手たちは、北海道と有明の試合が最後の最後のチャンスです。オーストラリアは若い選手ですが勝ちたいです。北海道には多分16人くらいを連れて行きたい。トライアウトで、例えば張本は1年半も会ってないけど練習でいい仕事をしました。ジェイコブス晶や山ノ内勇登なと若い選手にも経験させたい。有明大会にはオーストラリア後にNBA組も入るのでそこで決める。ヨーロッパへ行く1週間前には14人くらいを連れていこうと思ってます」。

J:ここから始まるパリ五輪に向けてバスケットファンに想いをお願いします

「去年のワールドカップでパリオリンピックの切符をもらったじゃないですか、そこから始まったんです。そして、今年の2月の中国戦に勝って、本当にうちのレベルが少しずつ上がってるじゃないですか!本当にもう勝ちたいんですよ。
ステップアップしたい。
日本のファンの前で北海道も東京でも、いい試合したいし勝ちたいです。選手たちは本当にきつい練習でトライアウトしていますが、選手たちみんな同じ気持ちです。パリ五輪の目標はベスト8です。これはその1歩です」。

 

富樫勇樹

「代表メンバーは12人と狭き門、最終的に入るために必死に練習してチーム内で競争をして、いいコミュニケーション取りながらやっていければいいなと思います。オリンピックは2回目でもありますし、より楽しみでもあります。いろんなデータも見ましたけど、やっぱりチームのスタイル的に強いチームと戦う上で、成長しなきゃいけない部分があると思うし、スリーポイントの確率が低すぎるなっていうのは、全員がやっぱり理解してると思う。厳しい戦いになるのでチームとして意識していきます。合宿に入ってすごく体もいい状態かなと思います。

オリンピック1回目は開催国で東京で出場できて、また2回目も可能性が今ここまで近づいているということは、本当に僕の年齢も考えて、タイミング的にも本当に幸せなことだなと思います。この機会というか、このチャレンジをしっかりと最大に活かせるよう、あと1ヶ月半を過ごしたいと思います」。

 

比江島慎

J:比江島選手にとってパリ五輪も1つの集大成になると思われますが、ずっとタイトなスケジュールをこなしてきて、ここからどんな気持ちにして臨んでいますか

「スケジュールはタイトなのでもう少し休みたい気持ちもあります(笑顔)。でも、おそらく五輪は最後になるのかもしれないと自分の中で考えていたので、しっかり気持ちも作ってきました。ここに向けてやってきました。ここからはあまり時間がない中で、1日1日を大切にすることを意識してやっています。そして高いモチベーションで臨んでいます」。

J:スタートしてワクワクですか

「どうでしょう(笑顔)。ワクワクも平常心も半々ですね。はい。早く試合をしたいなと思ってます」。

J:最後にバッシュ新しいですか
「そうなんですよ」

J:カッコよく似合ってますね
「そうですか(笑顔)。ありがとうございます(笑顔)」。

 

また、これをXにあげた後に、渡邊雄太選手が引用リツイートで比江島慎選手にメンションしたことで凄い盛り上がりをして話題となった。

 

 

富永啓生

「日本に戻ってきて久しぶりにこうやって日本代表メンバーとバスケすることが凄く楽しくやれています。河村選手とは色々な話をたくさんしました。合流した日もお寿司を食べに行って、その時も色々と話もできてよかったです。(お会計はまだ大学卒業したばかりので、河村選手です。出世払いということで 笑)。

オリンピックは、どの国もレベルが高く、リベンジが本番でできるのもすごく楽しみです。
自分たちチームとして、ワールドカップとは違った試合ができるんじゃないか、またどれだけレベルアップができてるのかを見せることが凄く楽しみです。アウェーは好きで、相手チームの歓声を失くす瞬間、シュートを決めて静かにさせるシーン作れるようにアウェーを楽しみたいです」。

 

河村勇輝

「久しぶりの合宿を本当に楽しみにしていました。パリに向けて一丸となって練習できることは個人としても成長できるチャンスだと思ってワクワクしています。シーズン終わってからパリオリンピックに向けてリハビリもしてきましたし、トレーニングだったりスキルアップに向けてのワークアウトもやってきしまたが、対人での練習はなかなかできてなかったので、これから合宿を通して感覚を戻しながら、北海道に向けて頑張っていければいいなと思ってます。
富永選手とは久しぶりの感覚ではなくて、彼がアメリカにいて、僕は日本にいて、電話とかも結構していましたし、 連絡も頻繁に取っていたので、会った時はなんかいつも通りというか、いつも話してるって感じで、あまり久しぶりとかなかったんですけど、一緒にまたバスケしてみて、 年々レベルアップをしてると思います。

これまでパリオリンピックに出る気持ちでいろんなことを決断してきたつもりです。本当にありがたいことにトムさんに代表選考に選出してもらって、少しずつチャンスを掴みながらやってきました。
1番の目標はもちろんパリオリンピックに出ることですし、必ずベスト8という大きな目標達成するべく、自分の力を100%、120%出せればいいなと思っています。抽象的なことになりますけどゲームを支配する選手、コントロールできる選手になっていかないといけないと思いますし、どれだけうまく僕が演出できるか。
パリオリンピックをまず1つ大きな目標として、大学の中退や色んな決断をしてきたつもりなので、 まずは一旦集大成という形で、今の自分の最大限をパリオリンピックに繋げていきたいなと思ってます」。

 

大会概要

日本生命カップ2024 (北海道大会)
バスケットボール男子日本代表国際強化試合

2024年6月22日(土)
TIPOFF 13:30
日本(26位)vs オーストラリア(5位)

2024年6月23日(日)
TIPOFF 15:00
日本(26位)vs オーストラリア(5位)

 

Jbasket /ジェイバスケット
日本代表
Jbasket

Jbasketライター

-バスケットボール 専門メディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web