Bリーグ

昨シーズンの悔しさを果たす 信州ブレイブウォリアーズB1昇格

信州ブレイブウォリアーズB1昇格
今シーズン40勝7敗、2年連続の地区優勝と圧倒的な強さを誇った信州。去年のリベンジを果たした。

財政面で昨シーズンB1のライセンスを取得できなかったことを、勝つことだけではなくクリアすべき目標として今シーズン戦って来た。

ホームコートにホワイトリングも加わり売り上げも上げ、まだまだ乗り越えないといけない面はたくさんある。今後も長野の方達のたくさんの協力も必要になってくる。

選手は来シーズンに去年の悔しさをぶつけるチャンスがやっと巡って来た。

B1のチームと戦う信州を早く見たいですね。

おめでとう!!

信州ブレイブウォリアーズ!!

勝久マイケルHC
安全に健康に皆さん過ごしていることと思います。
少し前に昇格の話を横で聞いていて鳥肌が立ちました。本来は皆さんの前で試合で勝って喜びを分かち合えると思っていたのですがこういう形ではあってもとても感動しています。チームのぢょくが報われたと思っております。今まで通り全力で戦っていく。初めての挑戦だけれども、最終目標のB1優勝に向かって来シーズンが焦眉の年になると思います。

武井弘明選手
地元の選手として長野の皆さんにいい報告ができたことを嬉しく思います。選手としてもやって来こと、チームでやって来たことがB1に繋がったことと思います。こういう報告ができて嬉しく思います。皆さんに会いたいです。アリーナであいましょう。

ウェイン・マーシャル選手
選手、チーム、フロントスタッフ一丸となってこの目標に向けて努力して来た結果だと思います。
信州に戻ってB1で戦う日が待ちきれません。信州を証明するいい機会だと思います。皆さんに会える日を楽しにしています。

アンソニー・マクヘンリー選手
とても興奮しています。みんなが興奮していることだと思います。チームスタッフ、選手、特にフロントスタッフの喜びはひとしおだと思います。頑張って来たことがついに報われました。何よりも長野県のバスケットボール・コミュニティへの影響が嬉しいです。とても大きな影響をもたらす事でしょう。私はもう来季に向けてトレーニングしています。チームスタッフ、選手も一生懸命取り組んでいます。B1のコートで最高のチームを披露して信州の名を轟かせましょう。
Go Warriors.

 

photo:信州ブレイブウォリアーズ


Bリーグニュース
J.BASKET

J.BASKETライター

J.BASKETは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web