Bリーグ

A東京88-86接戦で滋賀を破る。最後は田中、カークとハミルトンの両エース対決はA東京に軍配

残り9秒からのカークのブロックで勝利を決める

A東京88-86接戦で滋賀を破る。最後は田中、カークとハミルトンの両エース対決はA東京に軍配

2020.11.7(土)

アリーナ立川立飛
A東京
アレックス・カーク 21P
ザック・バランスキー スリーポイント4本
田中大貴 値千金のジャンパー

滋賀レイクスターズ
ジョーダン・ハミルトン 27P
谷口光貴 スリーポイント3本

1Q終わりから2Qの入りで、滋賀はボールが回らずアウトサイドで回すことが多くなり、A東京のディフェンスに苦戦する。さらに2Qに入りA東京のディフェンスのギアがあがった。得点差を離されるも滋賀は谷口のスリーで粘りA東京はザックがスリーを決めてまた突き放す展開。

3Qで滋賀、ハミルトンのアウトサイドが連続で決まり、また、オクテウスとハミルトンの2メンゲームで追い上げ、リバウンドも取り縦に速攻を出して食らいついていく。
4Q滋賀は、晴山のスリーで2点差まで追い上げその後シーソーゲームで試合は進みハミルトンのミドルシュート残り1分切って2点差になる。
滋賀は、ディフェンスして、残り29秒でハミルトンのドライブでカークのファウルを誘い、2ショット。同点にするも、A東京は、田中大貴の残り9秒で45度あたりからジャンパーを決めて2点差に広げ、会場は盛り上がる。

両チームエース対決の試合は残り9秒の攻防。

滋賀は、ハミルトンのドライブからブラントにパスしてシュート、そこでカークのブロックでゲーム終了。

88-86でA東京の勝利。
前半、A東京のペースを滋賀が最後まで追い上げる素晴らしいゲームだった。
滋賀は今シーズン大量に選手が離脱して、試合のレベルを大至急あげている中だが、アウトサイドとインサイドのバランスが良くなれば更に見応えのあるチームになって盛り上げてくれる。今後の滋賀に注目だ。

アレックス・カーク選手コメント
チームメイトの#5 ジョーンズ選手がヘルプをしたことで自分のブロックショットに繋が りましたが、まずは自分の 1 対 1 で崩されてしまった部分を反省しています。一つ一つの 試合をしっかり勝ちきれるよう、またしっかり準備をして明日の試合に挑みたいと思いま す。

田中大貴選手コメント

最後のシュートシーンは、カーク選手とのピックアンドロールの指示が出ていて、 自分が空いていたので思い切ってシュートを打ちました。後半、追い上げられてしまい、 まだまだ突き詰めていかなくてはならない部分が多いので、明日の試合に向けてまたしっ かりいい準備をして向かいたいと思います。ホームで試合をすることはとても楽しみです し、今日の試合を含めた 11 月の 5 試合は全部勝たないといけないと思っていますので、 また是非会場に足を運んでいただき応援していただけると嬉しいです。

ルカ(A東京)HCコメント
「大事な試合を勝ててよかった。
竹内譲次が体調不良で出れなかったのは厳しかったが勝ててよかった。18点リードしたがハミルトンを抑えることができなかった。
エキサイティングなシーン、ビッグプレーが出た。 最後、大貴はずっとやってきてるからビッグショットを決めてくれて、カークはブロックを良くしてくれた。」

Bリーグニュース
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web