Bリーグ

[Bリーグ]今シーズン厳しい戦いしてるレバンガ北海道の強さを見せた、昨日の東京とのオーバータイム負けをしっかり晴らす

[Bリーグ]今シーズン厳しい戦いしてるレバンガ北海道の強さを見せた、昨日の東京とのオーバータイム負けをしっかり晴らす

アルバルク東京 79-96 レバンガ北海道
アリーナ立川立飛
1Q 21-25
2Q 10-24
3Q 20-22
4Q 28-25

レバンガ北海道
ニック・メイヨ ダブルダブル
37得点 13リバウンド
ジャワッド・ウィリアムズ 15得点
ジョーダン・テイラー 14得点

アルバルク東京
トーマス 29得点 7リバウンド
ジョーンズ 18得点 9リバウンド

昨日の延長からファンはさらに今日の試合もこれぞBリーグという試合を期待している。コロナで試合が中止になり、B1でも4試合になる。1試合が貴重になっている。
この試合の入りは、北海道が連続得点をしていく。リードをしていく北海道に、第1クォーター途中で1度は逆転に成功したが、第2クォーターでは、アルバルクらしくなく18点ビハインドで前半を折り返す。
昨日のリベンジをなんとしてもという思いが伝わってくる北海道。
後半東京は、積極的に仕掛け点差を縮める。しかし北海道はこの日は違う、しっかりディフェンスして北海道らしいバスケットを最後まで貫く。

 

レバンガ北海道コマンド
宮永雄太HC

「昨日の試合は非常に悔しい敗戦であり、多くの時間帯で自分たちの流れを作りながら、結果的に勝たなければいけない試合を落としてしまいました。
自分たちが常にやるべき、ボールへのプレッシャーやチームの約束事としてのディフェンスを遂行するなど基本的な部分を選手たちがしっかりとコートで発揮してくれました。
本当に大きな勝利だと思います。」

(Q.本日のニック・メイヨ選手について)
「シーズンを通してメイヨ選手を起点としてオフェンスを作っている中で、様々なバリエーションで得点を重ね、チームを引っ張ってくれていますし、リスペクトするしかありません。
今日はよりインサイドでメイヨ選手を起点として攻めようというプランで臨みましたが、まずしっかりとインサイドにアタックしてくれたことで得点に繋がったと思いますし、アウトサイドからの3Pも高確率で決めてくれましたので素晴らしかったと思います。」

 

ニック・メイヨ
「昨日は非常に悔しい敗戦でしたが、勝てるという自信を掴んだ試合でもあったので、今日の試合に向けて改めてしっかりと準備を整えて臨み、オフェンスもディフェンスもチームのプランをしっかりと遂行することができたと思います。
積極的にアタックをし続けたことで得点も重ねることができ、勝利に繋がったと思います。
個人の数字がどうかよりも、今日の試合のように、ディフェンスでは全員がアグレッシブに戦い、オフェンスでも全員が積極的にリングに向かってアタックすることをやり続けることができれば、この後の試合でも結果を残し、シーズンが終わったときによいシーズンだったと言える形になると思います。」

 

ジョーダン・テイラー
「今シーズンのベストとも言える試合であったと思います。
もちろんメイヨ選手の得点能力は素晴らしかったですが、それだけではなく、中野選手、葛原選手、橋本選手、山口選手がチームのディフェンスのトーンをセットしてくれました。
そのことがチーム全体のディフェンスに繋がり、重要な時間帯に彼らが大きな役割を果たしてくれたことが勝利という結果に繋がったと思います。」

(Q. 3Qの追い上げられた場面は自信が点を取りに行くべきだと考えていたか)
「メイヨ選手の調子がよかったので、ディフェンスがメイヨ選手に集中することもわかっていましたし、PGとしてアグレッシブに攻める時間帯だと考えていました。
そうすることによってファウルによるフリースローも獲得できると考え、積極的にアタックしました。
ただ、大事なのは、ディフェンスの部分でコートに立っている全員がやるべきことをやり、ボールをシェアして攻めることが重要であり、それができていたのでよい感覚を持っていました。」

 

アルバルク東京試合後コメント
ルカ・パヴィチェヴィッチHC

昨日は延長、今日も北海道が強いバスケットをして試合を通して流れを掴むことができま せんでした。まず、ディフェンス面での試合の入りが甘かった認識です。何とかくらいつきながらという気持ちはもちろんあったのですが、フィジカル面でのフレッシュネス、メンタルの部分、そして強いプレーができなかったことが敗因です。

小酒部 泰選
終始、相手の方が気持ちが上回っていて、それがこの結果に繋がったと思います。自分自 身としても、この連戦は状況判断が甘い部分やミスが多く、納得のいく試合ではありませ んでした。怪我人がいるいないに関係なく、プレータイムをもらっているからには、やるべきことを遂行する力やチームを勝たせるための頭を使ったプレーを身につけていかなけ ればいけないなと改めて思いました。厳しい状況が続いていますが、自分たちのモチベーションを高く持って、ひとつ一つ戦っていきますので引き続き応援よろしくお願いします。

Bリーグ
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web