Bリーグ

[Bリーグ]東京はCSに厳しくなる、川崎は5連勝でCSに向けて万全の体制に

[Bリーグ]東京はCSに厳しくなる、川崎は5連勝でCSに向けて万全の体制に

川崎ブレイブサンダース 92-72 アルバルク東京
川崎市とどろきアリーナ
1Q 21-15
2Q 22-15
3Q 27-20
4Q 22-22

川崎
ニック・ファジーカス 34得点
ヒース 16得点
大塚 12得点(3P 4/6)

東京
ジョーンズ 20得点
トーマス 20得点

川崎はプレーオフホームコートアドバンテージを何としても取りたい。また東京は、竹内公輔、カークとビッグマンを欠いてしまって厳しい戦いになる。東京は川崎のビッグマンラインナップがいるのでスモールサイズになってしまうのでフロアを大きく使って早いバスケットを展開したい。

入りは東京はアタックしてディフェンスもハードに、ニックにはダブルチームに行く。
川﨑はインサイドにボールを集めていく。この試合では東京田中、安藤が、バックアップから出てきて大きくバスケットをして得点していく。川崎はインサイドからアウトサイドにボールを展開してスリーポイントでリズムをとってリードしていく。結果3Pの確率は15/25になった。

川崎は迷いなくどんどんアウトサイドからシュートを打っていく。
2Qに入って川崎は怪我から復帰して初試合のカルファニがインサイドにアタックして得点する。東京は展開よくボールを回していくがフィニッシュが決まらない。前半終了後して43-30と東京のシュート決定力が響いた。

後半に入って東京は一桁得点差に詰めるが川崎はすぐさま得点して開いていきこの日最大の20点差にする。

4Q入り早々、川崎ほ大塚、カルファニ、ヒースの連続スリーで広げる。
なんとかしようと東京はするが、川崎はしっかり決めていく。そのまま試合は終わった。

東京のプレーオフ進出は厳しいものとなった。
残り試合全勝して、富山が残り2試合連敗した場合にプレーオフに行ける。
川崎はプレーオフに向けて万全の体制になってきた。


 

試合後コメント
川崎ブレイブサンダース
ニック・ファジーカス
ホームのとどろきアリーナで、みなさんの前でプレーすることが本当に大好きなので、今日は賢次さんが言ったようにみなさんの応援が僕の力になり、シュートタッチもとても良かったです。今日はアップの時から調子が良いと感じていて、第1クォーターからシュートが決まっていったのでそこからどんどん打っていこうと思っていました。
今週末大事な試合が控えています。この土日に2連勝することが、ホームでチャンピオンシップを迎えるための必要な条件だと思うので、応援よろしくお願いします。

大塚裕土
チームの調子も上がってきていて非常に良いと思います。これからチャンピオンシップもありますので、チームの中心となって活躍できるようにもがき続けていきたいと思います。
(渋谷戦に向けて)2位になることを信じて、相手の気合に負けないように自分のできることを一つ一つやっていきます。

佐藤賢次HC
今日はみなさんの応援のパワーがニック(・ファジーカス)の指先に乗り移ったと思います。あと、マティアス(・カルファニ)が復帰して彼らしい素晴らしいプレーを見せてくれて良かったです。これでファミリーみんな揃ったので、レギュラーシーズンの残り2試合も頑張ります。チームが良い動きをして、良いスクリーンをかけて、チームメイトのためにボールを動かしてそれをノーマークになった人が得点を決めるという良いオフェンスができたこともそうですが、やはり、ホームの力が勝利に繋がったと思います。チャンピオンシップもここ、とどろきアリーナでやりたいです。ひとつでも上の順位を目指して、また良い準備をしてきますので、引き続き応援よろしくお願いします。

 

アルバルク東京
安藤誓哉
今日は試合の出だしから川崎のペースで進み、ビッグラインナップへの対応がとても難し かったです。次の試合では、自分たちのバスケのスタンダードを追求し、目の前の1試合に全てを出し切って戦います。

ケビン・ジョーンズ
本当にタフな試合でした。川崎に高確率で3Pシュートを決められ、最後まで諦めずに戦いましたがディフェンスで抑えることができませんでした。次の千葉戦に向けて調整して臨みます。

ルカHC
まずは川崎が非常に高いレベルのバスケットをしたと感じています。厳しい状況ではありますが選手はモチベーション高く、最後の最後まで諦めずにプレーしましたが、序盤にオ フェンスリバウンドを取られ、そこから得点に繋げられてしまいました。オフェンスでは、フリースローを落とし、レイアップを決めきれず、オープンシュートも躊躇した形のシュートになり、なかなか自分たちのリズムになりませんでした。ハードにプレーしましたが、一つ一つのプレーを大事にして40分間戦うことができませんでした。

Bリーグ
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web