Bリーグ

【B3】アルティーリ千葉HCにアンドレ・レマニス氏就任/Jbasketインタビュー/ オーストラリアHCでリオオリンピック4位、ワールドカップ2019で4位に導く

【B3】アルティーリ千葉HCにアンドレ・レマニス氏就任/Jbasketインタビュー/ オーストラリアHCでリオオリンピック4位、ワールドカップ2019で4位に導く

千葉県千葉市を拠点とするB3リーグチームが誕生した。
2021-22シーズンからB3に新規加入するプロバスケットボールチーム、“アルティーリ千葉“

選手発表も先日あって注目のアルティーリ千葉、新規参入のチームだが指揮官が世界のトップレベルと戦ってきた、アンドレ・レマニス氏がクラブ創設のヘッドコーチの就任は驚かせた。

比江島慎(宇都宮ブレックス)がNBL(オーストラリアプロリーグ)に挑戦した時の、ブリスベン・プレッツのHCだった経験もある。比江島慎が海外から挑戦に選んだチームに、オーストラリアバスケット界の名将レマニス氏がいたからブリスベン・プレッツを選んだ経緯もある。

それほどまでの名将が、日本の千葉という場所でB3新規参入クラブに来たことは注目される事になる。

今回、特別にオーストラリアにいる、レマニス氏に単独インタビューをさせて頂き、レマニス氏の考え思いを訊く事ができた。

ヘッドコーチ アンドレ・レマニス氏(Andrej Lemanis)

◉指導歴
1999-2005:タウンズビル クロコダイルズ アシスタントコーチ
2005-13:ニュージーランド ブレイカーズ ヘッドコーチ(NBL)
2009-13:オーストラリア代表 アシスタントコーチ
2013-19:オーストラリア代表 ヘッドコーチ
2016-21:ブリスベン・ブレッツ ヘッドコーチ

◉実績
1992:NBL優勝(サウスイースト・メルボルン・マジック / 選手)
2011:NBL優勝(ニュージーランド ブレイカーズ / ヘッドコーチ)
2012:NBL優勝、NBL年間コーチ受賞(ニュージーランド ブレイカーズ / ヘッドコーチ)
2013:NBL優勝、NBL年間コーチ受賞(ニュージーランド ブレイカーズ / ヘッドコーチ)
2009:オセアニア選手権出場(オーストラリア代表 / アシスタントコーチ)
2011:オセアニア選手権出場(オーストラリア代表 / アシスタントコーチ)
2010:ワールドカップ出場(オーストラリア代表 / アシスタントコーチ)
2012:ロンドンオリンピック出場(オーストラリア代表 / アシスタントコーチ)
2013:オセアニア選手権優勝(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2014:W杯10位(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2015:オセアニア選手権優勝(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2016:リオオリンピック4位(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2017:アジアカップ初出場・優勝(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2019:FIBAワールドカップ4位入賞(オーストラリア代表 / ヘッドコーチ)
2019:11年ぶりにブレッツがプレーオフ進出(ブリスベン・ブレッツ / ヘッドコーチ)

 

Jbasketインタビュー「レマニスHC」

現地オーストラリアにいるレマニスHCとzoomでスペシャルインタビューさせて頂きました。

Q1. 日本でのHC就任への感想と経緯について教えて下さい

-日本代表チームでの活動を終えた後、成長し続けるためにも他の機会を探していました。人生で大切なことのひとつは、挑戦し続けること、成長し続けることであり、もしかしたらそれは今までコーチをしていたオーストラリア以外で一番実現できるかもしれないと思いました。

機会を探している中でアルティーリ千葉からの話が上がったときには、以前にワールドカップ2019で千葉に行ったことがあるということもあり、まずとてもワクワクしました。

そして、千葉で1週間過ごす機会があり、街も知っていたし、私たちがプレーするアリーナも知っていたし、千葉での時間もとても楽しみました。街はとても素敵で、人々も素晴らしかったです。

また、日本のリーグでコーチをしている友人が何人かいますが、彼らに日本のバスケットボールについて話を聞いたところ、日本のバスケットボールは驚くほど急速に成長していて、プレー自体も年々向上し続けていると言っていました。そのため、さらに調査したいと思い、アルティーリ千葉のCEOとGMに話を聞きました。その結果、彼らにとって重要なことと、私にとって重要なことの価値観が一致していることがわかりました。
それは、最終的には、人々の生活にプラスの影響を与え、共に働く人々や地域社会に変化をもたらすことに重きを置いている、という共通点に行き着きました。

アルティーリ千葉のCEOとGMの話を聞いて、クラブの価値観は自分に合っていると思いましたし、そして新たな良いチャレンジだと思いました。完全新規のクラブに入るのは今回で2回目ですが、ワクワクすると同時に、とても大変です。ただ、クラブの方向性を決めるプロセス全体に関わることができるのですから、とてもエキサイティングです。

クラブの成功を願う人たちと一緒に仕事をして、自分が誇りに思えるような、そして地域が誇りに思えるようなクラブを創っていきたいと思っています。

 

Q 千葉でのバスケットボールスタイルをどのように創っていきたいですか

-ファンがどのようなスタイルを楽しむのか?
選手たちはどのようなスタイルでプレイすることを楽しんでいるのだろうか?

ということを考えますが、私としては、一丸となってプレーしたチームこそが作りたいスタイルです。

オフェンスでは、一人が30本のシュートを打つようなチームではなく、オープンになっている選手や、最大のアドバンテージを持っている選手が、そのチャンスを生かしてシュートを決めるためにお互いに協力し合うチームにしていきたいです。

ありがたいことに「レマニスがつくるクラブはチームへの貢献を何よりも重要視する」と言って頂けたりしますが、アルティーリ千葉でも「チーム」として最高のプレーを生み出し続けることを重視していきたいです。

私たちはチームが成功するために必要なことを行い、それは時と場合、そして人によっても異なることがあります。ベンチに座っていて試合に出られない選手も、スタメンで30分間プレーする人と同じくらい重要な仕事をしており、チームの成功に貢献していることと思います。
ですから、チームとしての意識を高めることが大切なのです。

ディフェンス面では、まず、お互いへのケア、努力、ディフェンスがいかに重要かを理解をすること、そしてディフェンスにプライドを持って、チームとしてプレーすることが大切です。
お互いにサポートし合い、ローテーションを組んで、「俺がやって、あとはそれぞれみんながやって」ではなく、5人で常にお互いをサポートする方法を理解することが大事です。

そして、フロアに出て、積極的で攻撃的なディフェンスを行い、ファンが誇りに思えるようなプレーを続けたいと思っています。勝っても負けても、試合を見に来てくれたファンは、家に帰ってから「うちのチームは全力を尽くしてた、みんなチームとしてプレーしてた、彼らのパフォーマンスを誇りに思う、来週も応援に行こう」と言ってもらえるように。

 

Q W杯でどんな事を感じたり、気付いたことは何でしょうか

-日本に来て千葉で日本代表チームと対戦したときには、オーストラリア代表にはNBAの選手もいましたが、あの試合ではいつものようにフロアを駆け上がれず、ディフェンス面でもそれほど相手を抑えることはできませんでした。
日本代表チームのプレーは本当に素晴らしかった。選手やそのチームの能力や特性に合ったスタイルでプレーし、チームとして成功する、勝利することの重要性を実感しました。

 

Q チームでの目標は具体的になんでしょうか。短期的、長期的にあれば教えて下さい。

-まず、私たちは勝つことを目標にしています。

ですから、B3で優勝してB2に昇格し、B2で優勝してB1チームとして成功したいと思っています。日本のバスケットボールは非常に強く、チームは優秀で、コーチングもしっかりしていて、素晴らしいリーグだと思います。

私としては、クラブとしても、正しい方法で行うことが重要だと考えています。価値観を揃え、地域の皆さんや応援いただく皆さんが誇りに思える方法で取り組み、クラブとしても誇りに思える方法で取り組みます。チームとしてプレーすること、お互いのためにプレーすること、チームを最優先すること、ファンやスポンサーが誇りを持って付き合えるようなプレーをすること、ファンの皆さんがアルティーリ千葉の一員であることを実感できるようなプレーをすること、などですね。

しかし、それに加えて、地域社会に積極的に貢献することも重要です。ファンの皆さんやスポンサーの皆さんに来ていただき、私たちをサポートしていただくように、私たちも皆様を様々な形でサポートし、つながり、一緒にコミュニティに入ることでポジティブな変化をもたらし、私たちができることをしていきたいと考えています。

クラブとしては、勝つために存在していますが、地域社会に前向きな変化をもたらすためにも存在していると思っています。私たちと関わりを持つことを誇りに思ってもらいたいのです。

 

Q 千葉やバスケファンに熱いメッセージを

-千葉のファンの皆さんには、私たちと一緒にこの旅にぜひ参加していただきたいと思います。

ファンの皆様と一緒に進んでいくことこそが特別なことです。ファンがクラブの一員を担っていただくことで、初めてクラブとして良いものとなると思っています。

私たちは、ファンの皆様にその一員になってもらいたいと思っていますし、皆様のサポートは我々にとって大きな力になることを理解していただきたいです。

試合に来て、声援を送ることで、実際に勝ち負けに影響を与えることができると思いますし、そのことに本当に感謝しています。皆様にも、実際に私たちの力になっていることをご認識いただきたいですし、一緒に楽しんでくれることを願っています。そして皆さんが誇りに思えるようなチームを創りあげることを約束します。ぜひ試合に足を運び、楽しんでいただければ嬉しいです。

バスケットボールは素晴らしく非常に価値のあるものです。世界中の男女がプレーしている、世界的なスポーツです。ぜひ、会場に足を運んで楽しんでください。屋内ですし、様々なアクションも近くで見ることができます。

ぜひ、試合に来て、一緒に楽しんでください。皆さんが応援していることを誇りに思えるようなクラブを創っていきます。

 

アルティーリ千葉

公式 HP
https://altiri.jp/

公式twitter
https://twitter.com/altiri_chiba

Bリーグ
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web