Bリーグ

【Bリーグ】特別指定選手の米須玲音が首位川崎で早速登場最後のワンプレーで得点/ 川崎90-81大阪

【Bリーグ】特別指定選手の米須玲音が首位川崎で早速登場最後のワンプレーで得点/ 川崎90-81大阪

2021年12月24日(金)クリスマスイブに川崎市とどろきアリーナで川崎vs大阪の試合が行われた。昨年に引き続き米須玲音(日本大1年)が川崎に帰ってきた。特別指定選手の米須玲音が早速試合に登場、ラスト10秒から得点するパフォーマンスを見せた。

川崎ブレイブサンダース 90-81 大阪エヴェッサ
1Q 30-19
2Q 18-11
3Q 21-32
4Q 21-19

<川崎>
#0 藤井祐眞 21得点
#3 米須玲音 2得点
#7 篠山竜青 16得点
#22 ニック・ファジーカス 23得点7リバウンド
#34 パブロ・アギラール 14得点 12リバウンド

試合は、藤井のゲーム入りから3本のスリーポイント連続得点で10得点あげる。大阪も合田の得点、川﨑はジャニングが得点して追い上げる大阪を引き離して川崎が18点差をつけて前半を折り返す。
後半は大阪のニュービルが爆発して16得点あけて、大阪が3Qに32点の猛追を見せて2点差にする。川崎は篠山やニックが返していき、ニュービルが4つ目ファウルになってベンチに下がり、川崎はじわじわ得点して点差を広げた。終盤に藤井、アギラールのスリーポイントで勝利を決めた。
そして最後にラスト10秒で特別指定選手として加入した米須玲音が今シーズン初得点をあげて90-81で川崎が勝利した。

 

試合後コメント

#3 米須玲音選手
サンダースファミリーの皆さんお久しぶりです。今日は試合に出場したのは10秒ほどでしたがすごく楽しかったです。コートに入る前はアシストか得点かどちらかを決めようと考えていたので、最後に得点を決められてよかったです。
今シーズンも選手の皆さんから沢山学んで、ファミリーの皆さんとバスケットを一緒に楽しんでいけたらと思います。これからも応援よろしくお願いします。

 

篠山竜青(川崎)
(自らシュートを打つシチュエーションが多く見えたが)大阪のディフェンスを見て、勇気を持って打ち続けること、アタックし続けることが鍵になると考えていました。日頃から良い練習はできていましたし、仲間からの鼓舞も受けて決める自信はありました。
(最後のヒーローインタビューで米須選手に呼ばれた時の心境は)ちゃんとわかってるなと(笑) 。一人でやってくれとも思いましたが、言われたことに対してひとひねりができて、会場も盛り上がったのでよかったと思います。短い出場時間の中でも最後にシュートを決めたところも含めて、改めて只者ではないなと思いました。

 

佐藤HC(川崎)
(米須選手について) 昨シーズンは全てが初めてでしたが、今年はプロのシステムや、大事にすべきことを理解しているはずなので、さらにステップアップした姿を見せてもらいたいです。13人の中の1人なので、競争に勝って戦力になって、昨シーズンよりもステップアップしたと言えるようなシーズンにして欲しいと思っています。

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web