Bリーグ

【Bリーグ】富山が点の取り合いを制し、スミスが高さとパワーで29得点で茨城を圧倒

【Bリーグ】富山が点の取り合いを制し、 スミスが高さとパワーで29得点で茨城を圧倒

茨城88-96富山
1Q 21-23
2Q 16-25
3Q 25-22
4Q 26-26

<茨城>
トラソリーニ 20得点
ジェイコブセン 19得点 5リバウンド
タプスコット 18得点、9リバウンド 3スティール

<富山>
スミス 29得点、9リバウンド
ジョンソン 22得点 15リバウンド ダブルダブル達成
松井 20得点

2021年の天皇杯でも対戦した茨城と富山の対戦。
第19節はアウェー新潟戦で悔しい2連敗を喫した茨城と、第19節で広島に2連勝したものの、前節は島根に16点差で敗れた富山。

第1Qから富山のジョンソンが抜群の攻撃力を見せる。3ポイント2本を含む4本のシュートを全て決めて、ひとりで10点を稼ぐ。一方の茨城も負けじとタプスコットとジェイコブセン中心に得点し23-21で富山がリード。
第2Qに入ると、茨城はトラソリーニが8得点と気を吐くも、3ポイントが4本とも全てリングに嫌われるなど、点数が伸びず16点にとどまる。反対に富山は、小野が3ポイント2本を含む8得点したほか、松井とスミスも6得点するなど得点を重ねて茨城を突き放し、48-37と富山がリードを広げて折り返す。

 

後半は茨城が粘りを見せる。
第3Qは富山のターンオーバーを起点に流れを掴み、福澤が外から2本の3ポイント、ジェイコブセンが内からのペイントショットで得点を重ねて、このクオーターを25-22としわずかに点差を縮めて8点差で残り10分の勝負に。
リードを許している茨城は、第4Qアグレッシブに前からディフェンスをし、富山のターンオーバーを誘い一時は得点を4点差まで縮めるも、富山のスミスの高さとパワーに競り負けファウルトラブルでフリースローを献上し再び点差を広げられる。
最後の最後まで粘りを見せた茨城だが、富山に振り切られ96-88で富山の勝利。

 

 

Jbasket nissy’s eye
茨城は、前からアグレッシブなディフェンスで富山のターンオーバーを誘う展開が多くみられたが、課題のリバウンドが克服できなかった。最後まで富山のスミスの高さとパワーに圧倒された。富山は、攻撃の要マブンガを欠くも、ジョンソンとスミスに加えベテラン松井がコンスタントに活躍を見せた。

 

試合後コメント

浜口HC(富山)
ジョシュのファウルトラブルがあったり最後も苦しかったりもしたが、KJ(松井)や(小野)龍猛ベテランが良くチームをコントロールしたと思う。

 

グレスマンHC(茨城)
15点差で負けていて、そこから選手たちはよく戦って相手の3ポイントを抑えてくれた。第3クオーター、第4クオーターと追い上げられた。
3ポイントで自分たちの能力ほど決められなかったが、富山は3ポイントを7/17と決めている。またリバウンドでも大差を付けられた。(茨城25、富山38)
何かしらの策を見つけて、リバウンドに勝ち3ポイントでも自分たちの力を発揮できるようにしていきたい。
自分たちは88点取れているが、相手に96点取られている。
ディフェンス面がまだまだなので、相手にターンオーバーを誘発させるプレーやリバウンドを修正していきたい。

 

多嶋選手(茨城)
能力のあるチームに対して、自分たちが準備をして出来たところをどれだけ出せるかどうかがポイントだった。出来たこともあり出来なかったこともあり、色々流れがあるゲームだった。自分たちが良い時間帯は、相手にタフに打たせてリバウンドをしっかりとれているところから試合が出来ているところもあったが、自分たちのペースで出来ている時間は多くはなかった。自分らしさを出すためにどれだけやり続けられるか、しっかり準備して明日に臨みたい。

 

遥選手(茨城)
ディフェンスで96点取られたが、ゾーンディフェンスのアタックがもう少しうまくいっていれば良い結果が出たと思う。結果、3ポイントが25%だったことは迷いながらなのかタフショット打たされていたのか、課題が残った試合だった。
流れや雰囲気が悪くなる一番の要因はリバウンドだと思う。戦っていないわけではないが、フィジカルで負けるシーンが多いので、なんとしても(コート内の)5人で繋いでリバウンドを1本でも多く取られるところを取れれば、少し我慢する時間帯が減っていくと思う。

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web