Bリーグ

【Bリーグ】千葉強度の高いDFから広島を圧倒した 富樫勇樹「しっかり全員がハッスルしてこういうバスケットが出来る様に準備していく」

【Bリーグ】千葉強度の高いDFから広島を圧倒した 富樫勇樹「しっかり全員がハッスルしてこういうバスケットが出来る様に準備していく」

Game1を大差で敗れた千葉がどうアジャストして広島に向かうかがポイントとなった試合は、1Q.2Qで千葉のディフェンスが広島のオフェンスを完璧に止めて、オフェンスは自分達のバスケットを展開して広島を圧倒する形になった。今節は1勝1敗となった。

11/20(日) 船橋アリーナ

千葉 91-77 広島
1Q 26-9
2Q 28-16
3Q 23-28
4Q 14-24

<千葉>
#33 ジョン・ムーニー 20得点 11Reb
#2 富樫勇樹 19得点(3P4/10)
#34 クリストファー・スミス 17得点 8Reb
#31 原修太 13得点

<広島>
#13 ドウェイン・エバンス 21得点
#3 辻直人 12得点

富樫のドライブからムーニーが決めて入る千葉、辻のスリーポイントから入る広島。点の取り合いになるかと思うゲームの入りだったが、千葉はドライブからペイントにアタックして合わせの得点がはまっていく中、アウトサイドからも富樫が2本決めてリードを一気に広げる。自分たちのやりたいバスケットを展開して、前日の試合を払拭する戦いを見せて26-9で千葉リードで1Q終える。
ここから広島はどう修正してカムバックするか、焦点になる。

千葉得点から入り、更に強度の高いディフェンスに広島はリズムを完全に狂ってしまった。
千葉は富樫シュートも決めて2Qはどんどん得点を広げていき、広島はアウトサイドの得点が中々決まらない苦しい時間帯に、このクォーターのこの時間帯が試合を決定づけた。
千葉はディフェンスからブレイクやフリーを作り得点して15-0と千葉がランする。そして最大32点差をつけてしまった。広島はボールムーブしてフリーを作ってアウトサイドから、インサイドでシュートするが前半通して決められず、中々見れない展開を見せて54-25千葉リードで折り返す。
スリーポイントは千葉が8/17で47.1%、広島が2/11で18.2%とスタッツに表れた前半になった。

後半も富樫のドライブからキックアウト、シュートからのリバウンドでセカンドチャンスをスペースを大きくとって、ムーニーのインサイドにダイブしてダンクと千葉の得意のプレーを出して流れをしっかり掴んで千葉の強さを見せる。
広島はボールを展開して辻、エバンスが決めてなんとか追い上げたいが、千葉はスティールから得点と完全に広島の勢いを止めた。
後半でも、富樫が積極的に得点を取りに行き、ホームで連敗は出来ない思いの強さのリーダーシップを見せ77-53千葉リードで最終クォーターへ。
メンバーを変えていく千葉に、最後まで直接対決の得失点差を考慮して追い上げる広島だったが、流れは千葉がしっかり掴んで前日の負けをやり返して勝利した。
千葉の圧倒的なギアの高いディフェンスとシュート決定力を西地区首位の広島に見せた。
アジャストするチーム力と思いの強さが出た試合になった。

 

 

試合後コメント

パトリックHC(千葉)
「 昨日の試合は悔しくて今日は良いエネルギーで始まった。代表などで全員が一緒に練習出来なかったが、前半特にDFで勝てたと思う。HCとしては前半満足しているが4Q少しメンバー交代すると集中出来てなかった。

J:広島も激しくくると思っていますが、1対1 のディフェンスでもあれだけ出来た要因は?!

パトリック「集中力が全然違ったと思います。やっぱりガクが凄く良いディフェンスだったが、昨日は負けてしまって、今日もガクが良くて、前半の文男とガクのディフェンスが出てる時間帯も凄く良かった。昨日よりチームの雰囲気も良かった。」

 

富樫勇樹(千葉)

「昨日の反省点を活かして、試合開始からチームとしてやるべき事が出来て凄く良い試合だったと思います。」

J:富樫選手の思いやエネルギーが伝わって来た試合で30分DFして自分自身でもメイクしていく中で一言

富樫「昨日の負け方、ホームで見せてはいけない姿だったので僕自身もチームの皆んなも準備してこの体育館へ来たと思う。
しっかり毎試合、勿論勝たないといけないけど内容としても、しっかり全員がハッスルしてこういうバスケットが出来る様に準備していこうと思います。」

 

原修太(千葉)

「 昨日が出だしが悪くオフェンス、ディフェンス、後はエナジーの差で負けてしまって、今日は僕自身もですが、チームも昨日のガクさんのディフェンスを見てこうあるべきと思って出だしから試合に臨んだ結果だと思います。今節に限っていえばボール運ぶ選手についている訳ではないけど、他の4人を引っ張って行ける様にディフェンスしたい。今後もまだまだ課題はあるが共通認識も合ってここから良くなっていくと思います。」

 

ミリングHC(広島)
「 昨日と全く違う試合展開になった。今日千葉も対策してこんなもんじゃ終わらないと思ったが、相手にフィジカルに自分達のOFを押し上げられてイージーなドライブを許してしまって15分間相手に自信を持たせてバスケをさせてしまった。

J : 長いシーズンでこの展開はあまりなく最後点差を縮められて、この様なゲームで大事にしている事を教えてください。

ミリングHC:接戦の時に気持ちの面で落ち着いてプレイする事を伝えている。長いシーズン、山あり谷ありの試合もあるが、一定のリズムで気持ちの面でもプレイの面でも落ち着いて試合をしていこうと話してる。」

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web