U18

【U18日清食品トップリーグ】桜花学園が東京成徳大学を圧倒/深津唯生(1年)15得点10REB「U16アジア選手権でフィジカルの強さを学び、スタッツでは20得点、15リバウンド以上を目標に」

【U18日清食品トップリーグ】桜花学園が東京成徳大学を圧倒/深津唯生(1年)15得点10REB「U16アジア選手権でフィジカルの強さを学び、スタッツでは20得点、15リバウンド以上を目標に」

U18日清食品リーグとは
◉U18トップリーグ
◉U18ブロックリーグ
◉U18都道府県リーグ

大会目的・カテゴリーの分け方
U18世代の育成・強化の充実リーグ戦によって試合数の確保、競技力の向上を目指す競技大会。
高校チームのみならず、B.LEAGUEクラブのU18チームやクラブチームが出場することも視野に入れている。現在は4ブロックで関東、東海、中国、四国で開催。いずれ9ブロックにしていく。リーグ戦はU18トップリーグ、U18ブロックリーグ、U18都道府県リーグに分かれる。また入れ替えなどこれから決まる事も多いが“U18世代”の競技環境を中長期的に整備していく構想。出場チームの多様化は、1年下のカテゴリとなるU15世代における進路選択の多様化にも期待されている、このリーグに期待。トップリーグは、「令和3年度インターハイ」と「SoftBank ウインターカップ2021」の試合結果(順位)をもとにポイントを付けて推薦順位を決定した。

またJBAからの発表は
リーグ戦文化の導入により、実力が拮抗するチーム同士の対戦、予定された試合日程/対戦相手、確保された試合数、負けた場合でも次の機会があることなど、一定の試合数が確保された中で、競技に取り組むことで、習慣を変えること、また、試合に臨む準備を反復できる仕組みを構築することで、質と量を高めることによる競技力の向上を目指している。

9/3アリーナ立川立飛 試合結果
①大阪薫英女学院 89-73 明星学園
②昭和学院 69-102 京都精華学園
③安城学園 77-84 岐阜女子
④桜花学園 104-60 東京成徳大学

 

④桜花学園 104-60 東京成徳大学

④桜花学園 104-60 東京成徳大学
1Q 38-14
2Q 26-11
3Q 20-15
4Q 20-20

<桜花学園>
#8 菊地 実蘭 22得点
#10 深津 唯生 15得点 10リバウンド
#9 田中こころ 14得点
#5 鈴木杜和 13得点
#6 平賀 真帆 10得点 4アシスト

<東京成徳大学>
#6 天野 希咲 15得点 6リバウンド
#4 山宮 好葉 13得点

桜花は#9田中がコントロールしてリードする、東京成徳も#6天野がスリーポイント決めていく。桜花は深津もインサイドでしっかり決めてリードする。ペイントにアタックする桜花はリードを広げていく。
東京成徳大学も得点するが、桜花はブレイクも出して得点していく。桜花のディフェンスのギアが上がっていき流れを掴みダブルスコアを超える。38-14で1Q終える。
桜花は流れを止めずインサイドから得点して流れを渡さず64-25で折り返す。
前半から圧倒した桜花は、後半もハードなディフェンスで東京成徳は中々ドライブが出来ずオフェンスを好きなさせてもらえない。、#6天野は前半から得点してチームを牽引し続ける。桜花も#8菊池、#9田中がしっかりと得点する。
桜花は全員バスケで得点を重ねて諦めずオフェンスする東京成徳大学を圧倒して勝利した。

 

 

 

試合後コメント

#10 深津 唯生 (桜花学園1年)
FIBA U16アジア選手権  日本代表で活躍

「自分の仕事はリバウンドだと思っているのでそこはしっかり出来て良かったです。自分の1本のリバウンドでチームの流れを継続したり、流れを変えられたらいいなと思ってやってます。インターハイで悔しい思いをしたので、次どうやって活かせるのか自分で考えてやってきたのを自信もって出せたのでよかった。
オフェンスで絡む事がインターハイで出来なかったので点を取りに行く事を考えてやってます。
U16アジア選手権では、相手のフィジカルの強さを学びました。相手のセンターは大きかったけどそれに慣れる事かわ出来ました。その強さを体感したから今、試合やるとフィジカルは大丈夫です。
この日清食品リーグは、色んなチームと対戦できるので相手のいいプレーを吸収してウィンターカップに臨める。

オフェンスでは、ゴール下のシュートは大きい選手に普通にいったらブロックされたりするので、ポンプフェイク、ドライブなども使って、ディフェンスをかわしながらシュートに持っていく事をやってます。ディフェンスでは、まず相手の得意なプレーをやらせない。オフェンスファウルをもらうのが得意なので、しっかり正面に入って相手に嫌な思い、ストレスを与えられるか考えてやってます。個人のスタッツでは20得点、15リバウンド以上を目標にしてます。」

 

 

女子トップリーグチーム

・昭和学院高等学校(千葉県)
・東京成徳大学高等学校(東京都)
・明星学園高等学校(東京都)
・岐阜女子高等学校(岐阜県)
・安城学園高等学校(愛知県)
・桜花学園高等学校(愛知県)
・京都精華学園高等学校(京都府)
・大阪薫英女学院高等学校(大阪府)

 

U18高校
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web