NBA

NBAオールスターゲームのリザーブ枠14選手決定。ハーデン、AD、ザイオンも選出

NBAオールスターゲームのリザーブ枠14選手決定。ハーデン、AD、ザイオンも選出

3/7 (日本時間3/8)にアトランタで第70回NBAオールスターが今年も開催されされる。今年は、スキルズチャレンジ、スリーポイントコンテスト、スラムダンクコンテストもワンデーで行われる予定。今年のヘッドコーチが各7選手を選んで合計14選手が選出された。ヘッドコーチは、各カンファレンスの1位、東地区はドッグ・リバースHC(76ers)と西地区はクイン・スナイダーHC(ジャズ)になる。

今後の予定は、東地区キャプテンのケビン・デュラント(ネッツ )と西地区キャプテンのレブロン・ジェームズ(レイカーズ)
の2人がスターター選手とリザーブ選手をドラフトで選んでいくことになる。

昨年もこれが盛り上がったが、今年もコロナ禍で1日で開催されるがチーム編成が注目される。NBAファンは待ち望んでいる。

 

リザーブ選手
<東地区>
ジェイレン・ブラウン(セルティックス)初選出
セルティックスからはテイタムとともに2選手が選出。

ジェームズ・ハーデン(ネッツ)9回目
ネッツからはハーデン、デュラント、アービングのビッグ3が選出された。これは球団史上初のこと。

ザック・ラビーン(ブルズ)初選出
スラムダンクコンテスト2度優勝していることは有名だが、ライジングスターズMVP受賞もして、ブルズ史上2016-17シーズンのジミー・バトラー(現マイアミ・ヒート)以来のオールスター選出選手。

ジュリアス・ランドル(ニックス)初選出
ニックスからのオールスター選出選手は、2017-18シーズンのクリスタプス・ポルジンギス(現ダラス・マーベリックス)以来。

ベン・シモンズ(76ers)3回目
新人王を受賞したシモンズは、3年続けての選出になる。

ジェイソン・テイタム(セルティックス)2回目
2020NBAオールスターゲームシカゴに続いて2年連続の選出。

ニコラ・ブーチェビッチ(マジック) 2回目
ここ3シーズンで2度目の選出。

 

<西地区>
アンソニー・デイビス(レイカーズ)8回目
2017年のオールスターゲームで大会史上最多52得点を記録。8年連続の選出。

ポール・ジョージ(クリッパーズ)7回目
ここ9年で7回目の選出。

ルディ・ゴベア(ジャズ)2回目
年間最優秀守備選手賞に2度輝いたゴベアは、昨年のオールスターゲームデビューで21得点、11リバウンドを記録。

デイミアン・リラード(ブレイザーズ)6回目
ブレイザーズ史上オールスター選出6回は、クライド・ドレクスラー(8回)に次いで2人目。

ドノバン・ミッチェル(ジャズ)2回目
昨年に続いてチームメートのゴベアと揃って選出。

クリス・ポール(サンズ)11回目
通算4球団(過去にホーネッツ、クリッパーズ、サンダーで選出)でオールスターに選出されたのは、ポール、モーゼス・マローン、シャキール・オニールだけ。

ザイオン・ウィリアムソン(ペリカンズ)初選出
20歳のウィリアムソンは、コービー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、マジック・ジョンソンに次いで史上4番目の若さでNBAオールスターゲーム出場を果たす。

 

スターターは先日発表された。
<東カンファレンス>
ケビン・デュラント(ネッツ)

ヤニス・アデトクンボ(バックス)

ジョエル・エンビード(セブンティシクサーズ)

ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)

カイリー・アービング(ネッツ)

<西カンファレンス>
レブロン・ジェームズ(レイカーズ)

ステフィン・カリー(ウォリアーズ)

ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)

ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)

カワイ・レナード(クリッパーズ)

NBAニュース海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web