NBA

【NBA】76ersがホークスに第6戦逆転勝利で地区ファイナル進出は第7戦へ/セス・カリー3P6本.24得点

写真 : NBA

【NBA】76ersがホークスに第6戦逆転勝利で地区ファイナル進出は第7戦へ/セス・カリー3P6本.24得点

6/19(日本時間8:30)にホークスのホームであるステイトファーム・アリーナ(ジョージア州アトランタ)にて行なわれた東地区セミファイナル第6戦は予想を覆し、地区ファイナルに大手を掛けたホークス対絶対負けられない76ersの戦いになった。

ホークスはヤングを中心に早い展開のバスケットを終始したが、76ersは3Qにギアを上げた て、セス・カリー、エンビードが得点を重ねてこのクォーターの逆転が、ホークスは最後の最後まであきらめないで戦いしたが試合を決める結果となった。

76ers 104-99 ホークス
1Q 22-29
2Q 25-22
3Q 33-25
4Q 24-23

<76ers>
J.エンビード22得点 13リバウンド
S.カリー24得点 (3P 6/9)
T.ハリス24得点

<ホークス>
T.ヤング 34得点 11リバウンド
K.ハーター17得点 11リバウンド
C.カペラ14得点 11リバウンド

ホークスの入りがよく、ミドルシュート、速攻とテンポ良くシュートを決めたご、76ersは重い入りになった。
ホークスは早い展開でバスケットをして、76ersはインサイドからエンビード中心に得点していく。それでもホークスはどんどん得点して20-8と飛び出した。29-22でホークスリードで1Qを終わる。

2Qで一旦は76ersが追いつくが、ホークスは隙をついてヤング速攻から得点したりとすぐに引き離す。

今日負けられない76ersはなんとかハリスの得点で食らい付いていき、リズムが中々取れない我慢の時間帯が続く。
チャンスがあるがエンビード、カリー、シモンズが決まらない。

ホークスのヤングは2Q終盤に大事なスリーポイントを入れる。
それでも76ersは4点差に追い上げて51-47ホークスリードで前半折り返す。

後半に入って前半の我慢の時間帯から解き放たれた76ersはギアを上げてセス・カリー、エンビードがようやく得点してきて逆転する。

セス・カリーはプレーオフに入って毎試合レベルが上がってチームの得点に絶対に欠かせない存在になった。
セスの兄はもちろんNBA界No. 1のシューター、ステフィン・カリー。こんな凄い兄弟がいるのかと世界中で驚かれている。

10点差に広げた76ersだったがヤングを中心に 2点差まで追い上げてこの時間の大事さが伺える。

最終クォーターに入って、一気に逆転したいホークスはアウトサイドからヤングがスリーポイント決めて勢いづく。76ersはエンビードを、中心にインサイドで得点して、スリーポイントを狙いたい。

ホークスはヤングからパスをだしてカペラや他の選手がアタックして得点する。76ersはセス・カリーからエンビードへとお互い得意なプレーで続ける。

残り2分切って1点差の終盤お互い熱い戦いが展開される。3点差をつけられたホークスは最後ファウルゲームにいくが76ersが104-99で勝利して地区ファイナル進出は第7戦に持ち込んだ。

 

NBA地区セミファイナル結果とスケジュール(日本時間19日11:30時点)

<東地区>
76ers (3-3) ホークス
第7戦日本時間21日9:00

ネッツ (3-3) バックス
第7戦日本時間20日9:30

<西地区>
ジャズ (2-3) クリッパーズ (日本時間17日11:00)

サンズ ファイナル進出決定
サンズ (4-0) ナゲッツ

NBA海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web