日本代表

【男子日本代表】東京オリンピック内定12名発表 / 海外組 八村、渡邊、馬場も今月合流/ 帰化選手はエドワーズに

【男子日本代表】東京オリンピック内定12名発表 / 海外組 八村、渡邊、馬場も今月合流/ 帰化選手はエドワーズに

7/5(月) オリンピック日本代表内定者をフリオ・ラマスHCが12名を発表した。

 

日本代表内定12名

#2 富樫 勇樹 (PG / 167cm / 千葉ジェッツ)
#6 比江島 慎 (SG / 191cm / 宇都宮ブレックス)
#8 八村 塁 (SF / 203cm / ワシントンウィザーズ)
#9 ベンドラメ 礼生 (PG / 186cm / サンロッカーズ渋谷)
#12 渡邊 雄太 (SF / 206cm / トロントラプターズ)
#14 金丸 晃輔 (SG / 192cm / シーホース三河)
#18 馬場 雄大 (SF / 198cm / メルボルンユナイテッド)
#23 エドワーズ ギャビン (PF / 206cm / 千葉ジェッツ)
#24 田中 大貴 (SG / 192cm / アルバルク東京)
#32 シェーファー アヴィ 幸樹 (C / 206cm / シーホース三河)
#34 渡邉 飛勇 (PF / 207cm / カリフォルニア大学デービス校大学院1年)
#88 張本 天傑 (SF / 198cm / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

 

 

 

ラマスHCの各選手への選出理由

田中大貴
コンバートしてPGのサイズのアップグレードをした。
スロベニア、スペイン、と戦うのにサイズが必要。

富樫勇樹
スピード、得点力、走力を評価している。

ベンドラメ礼生
SGからPGへ変更。
2年前からコンバートして調整している。
フィジカルコンディションもいい状態。

馬場雄大
この4年間で大きな成長を遂げている。スリーブポイント、ピック&ロール、全ての要素で必要。

比江島慎
クリエイティブなプレーヤー。パス、シュート、ピック&ロールの場面で必要。

金丸晃輔
シューターとして素晴らしい才能、重要な選手
でタフなプレーが出来る。

渡邊雄太
選出として万能型で、サイズ、ウィングスパン、ディフェンス、オフェンスに高く評価している。申し分ない選手。

張本天傑
3.4番をこなせる。成長している。


八村塁
みなさんご存知のNBAプレーヤーで、能力が高い、他の要素をとっても高い水準でこなせる
。ペネトレーション、オフェンスは文句のつけようがない。

渡邉 飛勇
サイズ、能力、リング下での仕事をこなせる高い能力の選手。

シェーファー アヴィ 幸樹
2年前から一緒にやってきて成長している。
フィジカルは世界水準にきている。リバウンド、タフなスクリーンを求める。

エドワーズ ギャビン
いいチームワークが出来る。
オープンシュート、ダイブ。ピック&ロール、リバウンドで貢献してくれる事を期待している。

海外組
沖縄大会から合流
渡邊雄太

7月中旬合流
八村塁
馬場雄大

 

フリオ・ラマスHC コメント
勝つか負けるかではなく今を考えて取り組む
100%だす、魂を置く気持ちでやります

選手には楽しんでもらいたい。

日の丸のユニフォームを着ているときはこの国の代表として結果といい内容をしてほしい。

 

キャプテンは渡邊雄太と田中大貴。

渡邊はアメリカNBAで大きな挑戦に向けて続けその結果を掴み取った、その姿がチームに伝わる事が大きく好影響をもたらすと思っている。

田中大貴は、ずっとチームに居て、理解度も高く、いつもHCが求めてるのかを近くにいて、考えを理解しようと吸収して分かっている。

スマートな選手で頭が良く評価している。昔から二人ともHC考えを直ぐ理解して行動する、スマートで信頼できる二人です。

 

 

三屋裕子会長 コメント

オリンピック4カテゴリー全ての内定選手に心から良く頑張った。と言うことを伝えたい。

オリンピックのバスケットは開催国枠がバスケットには無く、我々この四年間が大事だった。

男子は結果が必要、2019ワールドカップの自力出場、予選からオリンピックの予選でもあると、言い聞かせて行けた事で、自力で参加できた事で、FIBAからオリンピックの開催枠を貰えた。

女子は二大会連続、アジアカップ四連覇で出場できた。

3×3男子は決まって、女子は最終予選、見事に3位を取れ自分達の手でオリンピックの出場枠を手にした。

開催国枠は無く、自分達のそれぞれの、頑張りで出場出来たことを誇りに思うし、結果を残すと思っています。

東京オリンピック バスケットボール大会

7月25日(日) ~8月8日(日)
会 場 さいたまスーパーアリーナ
参加国 男女各12か国

東京オリンピック組み合わせ
<グループA>
イラン (FIBAランキング22位)
フランス (7位)
アメリカ (1位)
※ビクトリア(カナダ)で行われる最終予選の勝者

<グループB>
オーストラリア (3位)
ドイツ (17位)
イタリア (10位)
ナイジェリア (22位)

<グループC>
アルゼンチン (4位)
日本 (42位)
スペイン (2位)
スロベニア (16位)

日本代表東京オリンピック
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web