日本代表

【男子日本代表】八村24得点 渡邊雄太15得点 馬場6得点7リバウンドでベルギーに1Qからラッシュで圧勝 / メンバー全員揃った

【男子日本代表】八村24得点 渡邊雄太15得点 馬場6得点7リバウンドでベルギーに1Qからラッシュで圧勝 / メンバー全員揃った

7/16(金)バスケットボール男子日本代表国際強化試合2021埼玉大会がサイデン化学アリーナで行われた。

やっとというか、とうとうというべきか、日本代表最高の宝、海外組が揃って12名での試合。日本のファンが楽しみにしていた一戦はどれもが注目の的になった。

日本 87-59 ベルギー
1Q 30-11
2Q 14-17
3Q 22-10
4Q 21-21

<日本>
八村塁 18分出場 24得点(3P2/5 FT4/4)
渡邊雄太 24分出場 15得点(3P3/4)
馬場雄大 21分出場 6得点 7リバウンド

1Q スターター
田中、馬場、渡邊雄太、八村、ギャビン

田中、ギャビンで縦のピック&ロールからドライブが完成されていて、ダンクをいきなり決めて始まった。そして八村がスリーポイント決める。日本の力強さを感じるプレーで始まった。

八村からダイブした渡邊雄太にパスしてレイアップ。このシーンがファンは見たかったに違いない。

 

日本の入りは素晴らしく、シュート決定力と安定したフロア、強度の高いディフェンスでベルギーにシュートを苦戦させて、日本飛び出して11-3でリードする。

ベルギーのキーマン#32 SGリエタンに渡邊雄太がきっちりディフェンス、#13エースのアントワンには八村がディフェンスしてベルギーのオフェンスを機能させない。

八村のドライブでベルギーはファウルでしか止められない。フリースローもしっかり決める。
ベルギーにリバウンドを取らせない日本は、ギャビン、渡邊雄太、八村のトライアングルでインサイドが強い。

さらにリズムに乗る日本は、渡邊雄太、比江島とスリーポイントを立て続けに決める。
凄まじいラッシュが出来た日本の布陣は最強の武器である事が改めてわかるクォーターになって、30-11で日本リードして1Q終える。

 

2Q ベルギーのエース、#13アントワン、#32リエタンを完全に、渡邊雄太と八村で抑えているのでベルギーのオフェンスはどうするのか。またセカンドユニットがどう対応していくか。

このクォーターは、点差をどうキープさせて、徐々に広げるか。ベンドラメ、比江島、馬場、張本、アヴィ。メンバーチェンジしても大きさが落ちない。ウィングのシューターも渡邊雄太、金丸と色々試せる事が12名揃った事で幅と厚みが出た。

途中、八村、渡邊雄太、田中、ギャビン、馬場でフロアが安定する。
前半終わって、八村塁 17得点 6リバウンド、
渡邊雄太 13得点 4リバウンドのパフォーマンス。

日本のリバウンド21(オフェンス4)、ベルギー14(オフェンス4)。
ベルギーのエース2人で5得点と完全抑え込んで、44-28で日本リードで前半折り返す。

 

3Q 田中、馬場、渡邊雄太、八村、ギャビンでスタート。

日本のヘルプディフェンスが早いのでベルギーは対応出来ない。日本はリバウンド取ってからボールをプッシュしてそのままリングへアタックできるメンバーが揃ってるのでベルギーは全く止められない。
馬場のフィジカルの強さもわかる、スリーポイントも決まって馬場らしさが出てくる。
66-38で日本リードで3Q終える。

 

4Q 日本の層の厚さを感じるクォーター。張本のドライブからアタックしてバスカン取ってフリースローもしっかり決める。そして金丸がスリーポイントを決める。

日本代表のセカンドユニットもオリンピックでは非常に重要なパートになる。ゲームの締めくくりも大事になる。メンバーの組み合わせや試したい事もある、そして勝つ事でチームに勢いがつく。
試合もこのまま終わって87-59でFIBAランキング日本より上位で、前回負けたベルギーに圧勝した。

フランス戦はハードに、熱いゲームになる。

 

試合後会見コメント

八村塁
出だしから良い感じで入れた。後半もしっかり出だしも抑えて良かったです。合流したばっかりだから課題もあるけど、オフェンスリバウンドが大事という話があってそれが出来たと思う。久しぶりだったけど、コンディションも悪くない。整えていきたい。経験は豊富なので、
活かしてチームに自信やアドバイス出来るので出していきたい。

エドワーズ・ギャビン
前回の対戦よりも改善した。フィジカル、リバウンド。これから更に厳しくなるが、チームはいい方向に行っている。合流して短いけどケミストリーを構築していかないといけない。一気には無理だけど1日1日の練習、コミュニケーションが大事。塁がコートに居ることがチームの自信になる。

フリオ・ラマスHC
最初から良かった。チームのディフェンスが良く、オフェンスでいい機能が出来たと思います。アタック、トランジションが良かった。海外組が加わって、1試合目で国内組は彼らをリスペクトしている。雄太、塁、以外も大貴、マコ、張本も凄くいい仕事をしていた。フランス戦が最後の調整で彼らはトップチーム、それと同じレベルはスペインもそう。我々はスタイル、成長を確認して勝利したい。

 

日本代表今後のスケジュール

7/18(日) サイデン化学アリーナ
13:30 TIPPOFF
日本 vs フランス

◉放送
13:15 日本テレビ系にて生中継

◉配信
バスケットLIVE
スポーツナビ

 

team JAPAN

#2 富樫 勇樹 (PG/167cm/千葉ジェッツ)
#6 比江島 慎 (SG/191㎝/宇都宮ブレックス)
#8 八村 塁 (SF/203㎝/ワシントン・ウィザーズ)
#9 ベンドラメ 礼生 (PG/186㎝/サンロッカーズ渋谷)
#12 渡邊 雄太 (SF/206cm/トロント・ラプターズ)
#14 金丸 晃輔 (SG/192㎝/島根スサノオマジック)
#18 馬場 雄大 (SF/198㎝/メルボルン・ユナイテッド)
#23 エドワーズ ギャビン (PF/206cm/千葉ジェッツ)
#24 田中 大貴 (PG/192㎝/アルバルク東京)
#32 シェーファー アヴィ 幸樹 (C/206㎝/シーホース三河)
#34 渡邉 飛勇 (PF/207cm/琉球ゴールデンキングス)
#88 張本 天傑 (SF/198㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

平 均 (Average) 196.0cm 27.2歳

日本代表東京オリンピック
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web