AsiaCup

【FIBAアジアカップ2022】渡邊雄太「ベンチから出てきて特に彼のディフェンスから流れが出来たので昨日のMVPは河村選手だと思う」

【FIBAアジアカップ2022】渡邊雄太「ベンチから出てきて特に彼のディフェンスから流れが出来たので昨日のMVPは河村選手だと思う」

7/14に前日にアジアカップ予選グループ
初戦カザフスタンさんに勝利した。男子日本代表は、トム・ホーバスHC、渡邊雄太、富樫勇樹、河村勇輝の4人がメディア会見に臨んだ。

7/13 初戦
日本🇯🇵100-68 🇰🇿カザフスタン
1Q 23-22
2Q 22-26
3Q 29-11
4Q 26-9

#渡邊雄太 21得点
#エヴァンスルーク 17得点
#西田優大 16得点
#富永啓生 13得点
#河村勇輝 8得点 8アシスト
日本18スティール

 

コメント

トム・ホーバス HC

「先ずは勝った事は大きい、あの試合は日本のいい事、悪い事、両方みました。出だしディフェンスが良くなく後半アジャストできた。ディフェンスから、リバウンド、トランジションが始まった。昨日、リバウンドも勝てた、フリースロー21本、スティールも増やしたかった18本と良かった足りない事が出来た。3Pのノーマークをもう少し作りたい。須田、井上、空いてる3P練習では入っていたので後は経験だと思う。
前半は、2-3ゾーンでディフェンスの部分がスイッチングディフェンスになって、そこから富樫選手の連続スリーポイント、リズムが良くなってきた。

河村凄く良かった。河村選手のディフェンスが良く相手のオフェンスリズム崩し連続スティール、レイアップ、凄かった。あのバスケットを見て渡邊、チームみんなのエネルギーが上がった。
渡邊選手が日本にいる事がインパクトが大きい。チームに入ってからは全員のエネルギーが上がった。短い間の練習だったけど直ぐ分かってプロだと思う。この経験は来年のワールドカップにも大きい。
シリア戦は、スカウティング中だけど、ウチのバスケットをちゃんとやれば勝てる自信があります。」

 

渡邊雄太

「こういう大会の初戦の入りは難しくて、長い時間ゲームに出るだろうと思っていて少し固い入りだったけど、カザフスタンの得点が高確率で入る苦しい時間帯も我慢して後半に入れたのが良かった。河村の視野、パスセンスは練習から分かっていてダンクしたシーンなど、ベンチから出てきて特に彼のディフェンスから流れが出来たので昨日のMVPは河村選手だと思います。

富永選手は後半3Q 3本外から決めて、彼が外にいる事で中も空いてくるので日本にとって大きな武器になっている。特に後半、いい流れになって来て若い選手たちが結果を出してくれた。」

 

富樫勇樹
「前半はディフェンスが機能せず、カザフスタンにかなりの確率で決められて、後半はディフェンスからトランジション、練習してきた事、トム監督が求めていたバスケットが出来て自信になったと思います。個人的にはもう少し、前半から自分からシュートチャンス作っていきたい。3Qから完全に相手の気持ちを折る様なOFができたと思います。

河村選手はシーズン中にやって分かっていて、あの身長にスピードは居なくて、相手はびっくりすると思います。渡邊選手がいる事で、周りの選手が活きるので心強い。明日はしっかり気を抜かず勝利してグループ3連勝したい。」

 

河村勇輝
「前半相手に打たれて3点ビハインドでしたが、後半はチームと話してDFからトランジションで攻めようと遂行出来てよかった。自分の役割は限られた時間の中で流れを変えられるプレイをする事なので、トム監督の評価は嬉しい。
渡邊選手へのパスは、コート全体を見た中でフリーになっていたので投げた結果が渡邊選手でした。富永選手は、アンダーから戦ってきた仲間なので感覚は合ってる選手で彼の良さを引き出せるポイントガードとしても頑張りたい。
グループ1位通過を目指し3連勝を目指しているので課題になったディフェンスを40分間通してやっていきたい。」

 

アジアカップ2022

7月12日(火)~7月24日(日)
インドネシア(ジャカルタ)

グループ組み合わせ
グループA:サウジアラビア(80) ヨルダン(39) オーストラリア(3) インドネシア(95)
グループB:チャイニーズ・タイペイ(69) 中国(29) 韓国(30) バーレーン(106)
グループC:イラン(23) 日本(38) カザフスタン(68)   シリア(83)
グループD:インド(82) レバノン(54) フィリピン(34)ニュージーランド(27)

 

スケジュール

7月13日(水)日本 100-68 カザフスタン
7月15日 (金)19:30~(日本時間)シリアvs日本
7月17日 (日)19:30~(日本時間)イランvs日本

※グループ1位の場合、20日(水)に開催される準々決勝に進出
※グループ2位・3位の場合、19日(火)に開催される準々決勝予選に進出

 

放送・配信

live配信
DAZN

BSフジ
7月15日(金) 25:05~27:05 日本×シリア※録画 解說:佐古賢一
7月17日(日) 25:00~27:00 日本×イラン※録画解説:倉石平

CSフジテレビ ONE/NEXT
7/15 ONE live 日本vsシリア
7/17 NEXT live 日本vsイラン
以降日本進出の場合生中継

 

日本代表選手12名

#2 富樫 勇樹 (PG/167cm/千葉ジェッツ)
#3 エヴァンス ルーク (C/203㎝ /ファイティングイーグルス名古屋)
#12 渡邊 雄太 (SF/206cm/ -)
#16 佐藤 卓磨 (SF/197cm/千葉ジェッツ)
#17 須田 侑太郎 (SG/190㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
#19 西田 優大 (SG/190㎝/シーホース三河)
#33 河村 勇輝 (PG/172㎝/横浜ビー・コルセアーズ)
#39 富永 啓生 (SG/188㎝/ネブラスカ大学)
#45 テーブス 海 (PG/188㎝/滋賀レイクス)
#71 井上 宗一郎(PF/201㎝/サンロッカーズ渋谷)
#88 張本 天傑 (PF/198㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
#91 吉井 裕鷹 (SF/196㎝/アルバルク東京)

AsiaCup日本代表
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web