Bリーグ

大事なところでの決定力の差、ターンオーバーで神奈川ダービーは川崎が92-65で横浜に勝利

大事なところでの決定力の差、ターンオーバーで神奈川ダービーは川崎が92-65で横浜に勝利

第24節 神奈川ダービー
横浜 65-92 川崎
横浜国際プール
1Q 14-19
2Q 18-24
3Q 12-23
4Q 21-26

<川崎>
藤井 13得点 7アシスト
辻 19得点
ヒース 16得点 8リバウンド

<横浜>
森川 19得点

<特別指定選手>
河村勇輝 28分出場 4得点 5リバウンド 5アシスト 3スティール 1ターンオーバー3ファウル

米須玲音 1:57出場 2アシスト

お互いのチームのガード対決も沸かせてくれるた。川崎は藤井、篠山、横浜は、生原、河村と大きくコートを使って、激しくディフェンスする試合の見どころ、インサイトの横浜はアウダ、カーター、川崎はカルファニ、ヒースと熱い闘いを見せてくれる。

ゲームの入りは、お互い激しくディフェンスしていく。川崎は辻 、横浜は森川がジャンパーを決めて、横浜はシュートが決まらずの中、1Q残り1:23河村はスティールから速攻で得点を決めて川崎について行く。

横浜は森川のアウトサイドシュートを決めてなんとか追いついていけるが、他の選手がシュートが入らないので厳しい展開になる。

川崎はボールを大きく展開してインサイドアウトサイドでバスケットをしている。

2Q残り5分で大事な場面でターンオーバー、秋山、ディフェンスが機能しないシーンに得点を取られる横浜に対して、川崎の決定力の差が出る。
辻、篠山スリーポイントの威力は凄い。

後半に入ってからも、横浜のターンオーバー、川崎辻のシュートの決定力の差が出てくる。
そのまま横浜はリズムを変えることができずに終わってしまった。

 

佐藤賢次HC(川崎)コメント
今日はニック(・ファジーカス)、パブロ(・アギラール)、青木が試合に出られなかったので、3人の分を全員でカバーして戦うということを全員がコートで表現してくれたので良かったです。
特に辻選手は、「今日は自分が引っ張るんだ」という気持ちが見えていましたし、アグレッシブにチームを引っ張ってくれたと思います。
ディフェンスのところでプレッシャーからいい時間帯を作ることができて、それが良い流れを生みオフェンスに繋がったと思いますが、後半相手のプレスディフェンスに苦労したところがあったので、そこはしっかりと反省して明日また良いゲームができるように準備したいと思います。

米須玲音選手(川崎)コメント
出場時間は短かったですが、まず出場できたことが嬉しかったですし、その短い時間の中でも自分の持ち味であるアシストができて良かったです。
(3試合出場してみて)パスは通用するかなと思いました。次はピックを使ってそこからのジャンプショットやドライブでのフローターシュートだったりを絡めていければなと思います。

辻直人(川崎)コメント
このバイウィークで自分のシュートを修正してしっかり練習してきたという自負があったので、自信を持って今日は試合に臨むことができました。
昨シーズンは自分のキャリアの中で一番悔しいシーズンだったので、今シーズンは挽回したいという思いと、もう一度ファンの方に「辻直人はこういうプレーヤーだ」ということをお見せしたいと思って今シーズン戦っています。
明日も今日と同じ展開になることは約束されていないので、自分たちのやりたいプレーを貫き通すことが明日の勝利に繋がると思います。自分も、今日のようなパフォーマンスができるように準備して、明日もチームを引っ張るプレーをしたいと思います。
今日は息子に「MVPとって!」と言われて見送られたので、MVPを獲ることができて本当に嬉しいです。皆さんにも今日のような笑顔をたくさん届けられるよう、チームの勝利に繋がるようなプレーをして川崎を盛り上げていきたいと思います!また明日も応援よろしくお願いします。

Bリーグニュース
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web