Bリーグ

[Bリーグ]インサイドを制した千葉は琉球に勝利してファイナルへ大手、エドワーズとサイズがダブルダブルの活躍を見せる

[Bリーグ]インサイドを制した千葉は琉球に勝利してファイナルへ大手、エドワーズとサイズがダブルダブルの活躍を見せる

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2020-21セミファイナル
琉球ゴールデンキングス 85-96 千葉ジェッツ
5/22(土)16:05 沖縄アリーナ
1Q 12-19
2Q 24-23
3Q 18-31
4Q 26-23
<琉球>
エバンス21得点 9リバウンド 岸本16得点(3P 4/11) クーリー14得点

<千葉>
エドワーズ20得点 14リバウンド サイズ18得点 15リバウンド ダンカン17得点

今シーズン両チームの対戦は3-1で千葉が勝っている。お互いインサイドのリバウンドがキーになってくる。琉球はクーリー、千葉はサイズ、ダンカン、エドワーズと強力な布陣なだけに見応えがある。またポイントガードの富樫と岸本の大事な場面でのシュートやコントロールも注目される。

ゲームの入りは千葉ダンカン、サイズがインサイドにアタックして得点して19-17で1Qを終える。2Qでは千葉が飛び出す、千葉のインサイド陣がオフェンスリバウンドを取って得点していく。このクォーターだけで千葉はオフェンスリバウンドを11本取る。琉球は1本。試合全体でも千葉は49本(オフェンス19本)、琉球は32本(オフェンス11本)と差が出て、千葉のセカンドチャンスが大きなポイントとなった。一方琉球も粘りを見せてくれる、田代、岸本がスリーポイントを決めて41-42と一点差まで追い上げて前半を折り返す。

後半に入って千葉は前半同様、サイズ、ダンカンがインサイドにアタックして得点を重ねる千葉得意のオフェンスを展開。富樫のスリーポイント、ダンカンのインサイドでの得点でこのクォーターは73-59で大量リードで終わる。

4Qは千葉がフリッペン、エドワーズでさらに得点差を広げる。琉球は今シーズンディフェンスから勢いをつけてやってきたチームなので、ターンオーバーから猛追が始まる。終盤に3点差まで追い上げたが間に合わなかった。96-85で千葉がセミファイナル初戦を勝利して、ファイナルへ大手を掛けた。


 

試合後コメント
千葉公式HPから
大野HC
まず勝ち切れたことにホッとしています。ただ、ひとつ勝っただけでは次がないので明日に向けてしっかり準備していきます。コーはディフェンスでもオフェンスでも貢献してくれましたし、ホントに今日のゲームのキーになってくれたと思います。ミスもありましたが、CSはひとつのボールを掴めなかった、ひとつの50:50ボールを追い掛けなかった、そういうところで負けてしまうかもしれないという危機感を持って戦わないといけないといけないと伝えていて、今そこで勝ち切れていることを選手達も理解してしっかりやってくれたなと思います。

ギャビン・エドワーズ選手
今日はオフェンスリバウンドを多く取る事が出来ました。クーリー選手はリバウンドが強い選手ですが、チームでしっかり取り組むことでいい試合が出来たと思います。まだリラックスする時間ではないので、明日までこの流れを持っていってしっかり勝利に繋げたいと思います。

琉球公式HPから
岸本隆一選手
今日の敗因はリバウンドで千葉に優位を与えた事。ただ、終盤でリードされながらも自分達の時間帯も作れたし、そういう勢いを作れる選手は短期決戦で重要なので、積極性を意識し、全員でリバウンドを貪欲に狙う気持ちでハードにプレーしたいと思います。

 

第2戦放送・配信
B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2020-21セミファイナル 沖縄アリーナ

-NHK放送-
5/23(日)16:00[BS1]琉球 vs 千葉
-配信-
バ スケットLIVE/スポーツナビ/スカパー!Bリーグセット /Amazon Prime Video チャン ネル/DAZN/Hulu (全試合生中継・ライブ配信)

Bリーグ
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web