Bリーグ

【Bリーグ】点の取り合いを制したのA東京/A東京、広島両チームディフェンスが次試合のカギになる

【Bリーグ】点の取り合いを制したのA東京/A東京、広島両チームディフェンスが次試合のカギになる

3/19(土)アリーナ立川立飛
アルバルク東京 100-89 広島ドラゴンフライズ
1Q 26-20
2Q 27-24
3Q 27-21
4Q 20-24

<A東京>
セバスチャン・サイズ 26得点
ジョーダン・テイラー 20得点
アレックス・カーク 16得点 10リバウンド
小酒部泰暉 12得点
安藤周人 11得点

<広島>
寺嶋良 21得点
ニック・メイヨ 20得点

A東京はカーク、広島はジャクソンがインサイドから得点。広島はディフェンスも激しくいく中、ペイントエリアへのアタックからの得点も重ねる。A東京は田中大貴のスリーポイントが決まり、リズムを掴むとリバウンドからのオフェンスは、パスを回してアウトサイドでの得点を確実に取っていく。1Q アルバルク26-20広島で終える。

両チーム、インテンシティ高いディフエンスで、広島のゾーンも効いているが、東京はボールを展開して、アウトサイドから小島、ジョーダン・テーラーがフリーでスリーポイントをしっかり決めて、二桁得点差となる。広島はポイントガードの寺嶋、ニックメイヨがインサイドへのアタック。オフェンスのギアを上げケネディのスリーポイントが決まり点差を縮めて広島の強さを見せる。対して東京は小坂部がスリーポイントを決め前半、53-44でA東京リードで折り返す。

後半、広島は寺嶋を起点にケネディのフローターからジャクソンも果敢にインサイドへ攻めて一気に3点差になるが、東京はすかさず安藤のスリーポイント、スティールからの攻撃と、インサイドへのアタックと、再びスリーポイントも決まり二桁得点差で80-65最終クォーターへ。

この試合、オフィシャルタイムアウトまでの東京はスリーポイントの確率が10/19 50%以上、広島は外からの得点が欲しいところ、両チーム激しい攻防が続く。広島は寺嶋、メイヨも粘り強くインサイドへアタックし、このクォーターは取るが、アルバルク東京がリードを守りきり最後はサイズのダンクで100点ゲームで勝利した。

 

 

試合後コメント

小酒部泰暉(A東京)

前半は点の取り合いで後半は自分達のバスケットで点差も出来たけど、最後4Qは広島のプレスディフェンスにうまく点を取れず点差が縮まって課題の見える試合だった。チームとして怪我人も出て、1人1人ステップアップして自分自身も向上して行きたい。
明日も今日のプレスに対するチェンジングディフエンスにしっかりと対応して頑張りたいと思います。

 

アレックス・カーク(A東京)

今日の試合に勝利することができて非常によかったと思います。自分のパフォーマンス は、もっともっとチームに貢献できたと思っています。(広島の)インサイド陣は、能力が高く点数も取れる選手が揃っていますので、自分がマッチアップする選手をいかに抑える、逆にオフェンスではしっかりと攻められるかを意識して戦いました。明日は今日より もよいパフォーマンスをして、連勝を狙いたいと思います。

 

寺嶋良(広島)

序盤からリードされた40分間でしたが、最後はチームとして遂行出来た。ディフエンスでゾーンをしく場面が多く、ゾーンやマンツーでミスがあったのでコミニケーション取っていかないといけない。ビックマンがリバウンドは頑張って取ってくれたので明日は自分達ガード陣も取っていきたい。明日はディフエンスからいい流れを作って改善していきたい。

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web