Bリーグ

【Jbasketインタビュー】ミスターバスケットボール佐古賢一HC(北海道)に聞く「日本が世界で戦うのに必要な事」/レバンガ新シーズンへ

折茂武彦引退試合 ミスターのコートでのユニ姿にファンは盛り上がった

【Jbasketインタビュー】ミスターバスケットボール佐古賢一HC(北海道)に聞く「日本が世界で戦うのに必要な事」/レバンガ新シーズンへ

日本のバスケット界はBリーグが始まって2022-23シーズンで7年目を迎える。昨シーズンは宇都宮ブレックスがプレーオフ全勝優勝を成し遂げ、男子日本代表ではワールドカップ2023沖縄での開催に向けて盛り上がりを見せている。そして日本が世界で活躍するために何が必要か。

現在レバンガ北海道HC、2021FIBA殿堂入り(日本人プレーヤーとして初)、リーグ優勝9回、天皇杯12回、日本代表AC、日本代表アンダーカテゴリーHCを歴任した、ミスターバスケットボール佐古賢一氏に聞いた。

 

今から代表が乗り越えなければならない壁

「Bリーグ、大学リーグ、高校の大会、全ての質を上げていく事が最終的には代表へ繋がっている。アンダー16、18でいかに良い選手をいい形でコンバートしていって将来の日本代表を作っていくかという事。

今シーズンからBリーグの取り組みでU18枠2名をベンチに入れる事ができる。素質のある選手をトップの選手と一緒にプレーする事、経験させてあげる事が大切で。ヨーロッパはクラブなので年齢で区切られてない。とにかく実力主義で16歳だろうが、18歳だろうが将来性が有れば早くからトップチームに合流して一緒にプレーをさせている。

世代関係なくプレイし、体感させる事が重要になってくる。何か一つのカテゴリーを変えることではない、全てを連動してさせていく事が凄い重要だ。日本のバスケットでアンダーカテゴリーからトップチームまで一つの線で結ぶこと。その戦で結ぶという意味を踏まえて、育成していく事が大事だと思う。

今、トップリーグであるBリーグが日本の中で最高峰リーグなので世界と戦うには、精度、質を上げていく事が地道な活動で根本になる。日本代表でも、誰かが率いたから劇的に何かムーブメントを起こすとかではない。

その世代の選手たちの成長の先に、八村塁、渡邊雄太、馬場雄大、こういう選手がいる時に日本でいかに経験を積んだ戦い方が出来るか、日本のあり方、こういうものを構築していく必要になる。これは今の時代だけだと思わず、後の世代の選手たちを育てる、出て来てこないといけない。

それに対して日本全体が取り組まないといけないと思ってます。
そのためにも、国内最高峰リーグの新シーズンが間もなく開幕する。」

 

レバンガ北海道新シーズンへ

日本代表に選手として、海外の選手として戦い、コーチとして戦い、これだけ長く関わっている人はいない。日本全体にバスケを盛り上げていくためにも、日本のリーグのBリーグが重要になる。今月末から新シーズンが開幕する。佐古賢一HCが指揮を執るレバンガ北海道で2年目を迎えることになる。

佐古HCの継続会見では「チームというのは積み重ね、歴史が必要になってくる。今、まさにチームの転換期だと感じている。」佐古賢一HCと折茂代表の2人での会話の中で「2年目は勝負させてほしいと話した。戦うマインドにチームはなっている。折茂(代表)からもそう思ってるよと言ってもらってる。」と共通の認識を持って臨む事になっている。

「プライベートの電話で言いたいことを話している(笑)」と2人の仲を感じさせてもらえた。日本のバスケットを変えて来た2人のケミストリーは選手同士では実現しなかったが、こうやって、今HCと代表という形で同じチームで同じ方向に向かっている。そして更にエナジー上げて全開でいく事を感じさせてもらえた。

佐古HCは「僕があまり突っ走らないように、チームと共に戦って結果を出していきたいです。2年目は間違いなく我々は勝負しないといけない。結果が出ない場合には責任というのは僕に全てあると思っている。」折茂代表と佐古HCの二人三脚が本当の意味で始まる。バスケットファンにはたまらない1年の始まりだ。

 

佐古賢一HCキャリア

・ミスターバスケットボール
・天皇杯優勝12回
・リーグ優勝9回
・アジアNo.1ガード
・NBA選手らから認められる
・日本バスケットボール協会理事
・広島ドラゴンフライズ 創設HC
・日本代表AC
・日本代表アンダーカテゴリーHC
・現在レバンガ北海道HC

・2021年FIBAが殿堂入りを発表
FIBA殿堂9名
イザベルフィジャルコフスキー(フランス)
Mieczyslaw Lopatka(ポーランド)
スティーブ・ナッシュ(カナダ)現在NBAブルックリン・ネッツHC
アグネス・ネメス(ハンガリー)
パク・シンジャ(韓国)
モデスタス・パウラウスカス(リトアニア)
佐古賢一(日本)
アレキサンダー・ヴォルコフ(ウクライナ)
Jure Zdovc(スロベニア)

そうそうたるメンバーが名を連ねた

 


9/3ファンイベントにて「CS出場」を掲げた

 

Bリーグコラム・レポ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web