ウィンターカップ

王者福岡第一が準々決勝で敗退、最後の最後まで死闘の末明成が勝利ベスト4へ、山崎一渉「自分はチームのエースとして決めなければいけない」

写真:日本バスケットボール協会

王者福岡第一準々決勝で敗退、最後の最後まで死闘の末明成が勝利ベスト4へ、山崎一渉「自分はチームのエースとして決めなければいけない」

福岡第一 61-64 仙台大学附属明成
1Q 20-14
2Q 11-11
3Q 17-19
4Q 13-20

福岡第一は4試合目、明成は2試合目になるこの対戦。
明成は不戦勝があったので試合勘がどうなのか。

試合は、お互いディフェンスから激しくプレーする。
福岡第一 アリに明成のディフェンスのよりが早いのでいつもより抑える。
お互い積極的に攻めて、福岡第一はリバウンドからハーパー ジャン ローレンス ジュニア(以降 ジュニア)が運んでキエキエ トピー アリ(以降アリ)のインサイドで決める得意なパターンが出ていく。そしてボールを展開してコーナーからスリーを決めるとい福岡第一の得意とするオフェンスが出る。

仙台大学付属明成(以降明成)は山崎がインサイドでアリ相手に勝負して得点入れる。インサイドで五分五分の戦いを見せてチーム盛り上がる。
リバウンドは始め福岡第一が取っていくが、この試合はお互いターンオーバーが目立った。福岡第一は19個、明成は16個といつものようには行かなかった。

その中で、明成はディフェンスから立て直していくも、2Qではお互いシュートも中々決まらず我慢の時間があった。
後半に入り、明成は山崎のジャンパー、スリーで2点差に詰める。ディフェンスのギアも上がり、またまた山崎のスリーで逆転した。福岡第一も入れ返す激しい展開になる。
3Q残り2:21で38-38同点から明成がスリーを決めてリードする。その後は、一進一退の全く読めない展開になる。

福岡第一、ジュニアが大事な時間帯でシュートを決めていけば、明成も残り3:33でディフェンスして速攻を出す。残り3分間の死闘の先は、最後の攻防を凌いだのは明成だった。


 

山崎一渉(#8仙台大学附属明成)
自分的にはいつもよりは強気でやれたと思います。まだまだ足りないところがたくさんあります。そこは次の試合に集中してやって行きたい、チームでみんなと頑張れていい試合ができたと思う。
素直に去年のベスト8の壁を破れてよかった。
大事な場面で決められたことは、自分はチームのエースとしてやっているので決めなければいけないし、気負いすぎずにやってます。次の試合からももっと明成らしいプレーして優勝したいです。

 

佐藤久夫コーチ(仙台大学附属明成)
運も味方してくれた。ディフェンスが良くないのにリバウンドが取れたりと幸運なところがあった。
こういう試合は、気持ちが消極的になるのが怖いので積極的に声も出した。
選手はまだ硬かった。次もやってみないとわからない。こういう状況の中で試合をさせてもらってるので、コンデション整えて自分たちの出来るバスケットをやりたと思います。

 

井手口コーチ(福岡第一)
3年生に対して、ジュニアと松本が練習引っ張ってやってくれたと思う。怪我もあったり、作りきれなかった。開催できたことに感謝しています。コロナで試合に合わせるのが難しかった。明成2試合目、うちが4試合目になったりとイレギュラーなことがいっぱいあった。力を出しきりたかった。
選手たちにはありきたりな言葉しか言えなです、、、(目には涙でいっぱいだった)
いろんな意味でご苦労さまですね。長い苦しい1年でした。3年生は大学でまたやってくれると思うので期待して送り出したいです。

 

ハーパー ジャン ローレンス ジュニア(#31 福岡第一)
後半ギア上げて行こうとみんなで話していたんでけど、明成のディフェンスが強くて自分が何もできなかった。ゾーンを攻めきれなかったのが悔しい。
井手口先生に最後は自分がシュートを打てと言われて、エースとしてキャプテンとして力強く決めないといけないのに外してしまって申し訳なく思っています。

 

男子準々決勝結果
洛南 81-69 正智深谷

東山 92-74 報徳学園

福岡第一 61-64 仙台大学附属明成

尽誠学園 81- 86 北陸

ウィンターカップニュース高校
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web