ウィンターカップ

【女子ウィンターカップ】準決勝 桜花学園が接戦を勝ち取ってきた昭和学院を圧倒して3連覇へ王手

写真提供:JBA

【女子ウィンターカップ】準決勝 桜花学園が接戦を勝ち取ってきた昭和学院を圧倒して3連覇へ王手

桜花学園(愛知) 110-72 昭和学院(千葉)
1Q 28.19
2Q 26-15
3Q 27-15
4Q 29-22

<桜花学園>
#4 朝比奈あずさ 18得点 7リバウンド
#6 平下結貴 16得点
#7 前田心咲 10得点
#9 横山智那美 26得点 8リバウンド 6アシスト 5スティール

<昭和学院>
#5 石橋花穂 14得点
#9 田嶋優希奈 23得点

ゲーム入りは桜花のエース朝比奈が連続得点する。昭和学院も積極的にシュートを打っていく、インサイドで桜花が得点して桜花リードで
28-19で終える。

桜花は#6平下 #7前田も得点して点差も広げて19点差で桜花のリズムで進む。
なんとか追いつきたい昭和学院だがターンオーバーも連続で起こし速攻を決められて点差がついてく。桜花は、#4朝比奈、#9 横山が得点して54-34で前半折り返す。

後半に入っても、桜花はアタックして、シュート決めていき、ダブルスコアにする。インサイドわ抑えられない昭和学院は、窮地から逆転してきたチームで我慢の時間ではあるが、立て直したいところ、81-60で最終クォーターへ。

4Qに入っても桜花はメンバーを変えても流れを変えずに。2年生の#8森、#9横山のスティールからドライブし、インサイドからしっかり得点して点差をじわじわ広げる。ここまで善戦してきた昭和学院のオフェンスを封じ込める桜花の強さが際立った試合になった。

#6 平下結貴選手はU19女子日本代表、トヨタ自動車の平下愛佳選手の妹になる

 

準決勝②

京都精華学園 86-80 大阪薫英女学院
1Q 28-12
2Q 46-16
3Q 29-27
4Q 13-25

大阪薫英女学院エース2年生の#4都野七海がチームを引っ張って、特に4Q.のプレスディフェンスで京都精華からターンオーバーを奪って一気に追い上げて、4分間で75-57から77-70
にした。
京都は、#18ウチェがインサイドを制して、スーパー1年生コンビの#16八木悠香、#17堀内桜花がチームに貢献。決勝戦を桜花学園と戦う。

<京都精華>
#18 イゾジェ ウチェ 28得点 12リバウンド
#4 瀬川心暖 17得点
#16 八木悠香(1年)17得点 11リバウンド
#17 堀内桜花(1年) 9得点 9リバウンド

ウィンターカップ高校
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web