NBA

[NBA]八村塁6試合連続2ケタ得点で11得点7リバウンドあげるもチームはにっに敗て15勝27敗に。ブルックスHC「塁はもっとできる」

[NBA]八村塁6試合連続2ケタ得点で11得点7リバウンドあげるもチームはにっに敗て15勝27敗に。ブルックスHC「塁はもっとできる」

ウィザーズ113-131ニックス
1Q 31-39
2Q 18-30
3Q 31-39
4Q 33-23
オールスター戦後8試合で1勝のウィザーズは 2連敗になっている。
八村塁
34分出場 11得点 7リバウンド

J.ランドル (ニックス)37得点
ウェストブルック (ウィザーズ)14得点 12アシスト
ビール(ウィザーズ)22得点

 

イスラエルの代表でワシントンウィザーズNBAドラフト全体9位でドラフトで入団した
デニ・アブディア(20歳)コメント

僕はいつも自信をもってプレイするようにしている。 コーチが僕のところにきて、モチベーションをあげる良いことを言ってくれるんだ。 今は他のことは気にしないで、とにかく勝とうとしている。 僕らはチームとしてプレイオフに行こうとしている。 勝てなかったら意味がない、もっとうまくなるよ!

とにかくアグレッシブにプレイしてどのプレイでも諦めないようにしている。 僕らは最後の瞬間まで諦めずに闘った。
結果として人生で初めてファールアウトしたけど、ベストは尽くしたよ。

Q. 今日の結果を踏まえて試合と試合の間の準備の仕方はかわるか?
A. 勝つことにこだわる。 良いリーダーたちがいるし良いチームだからこそ、3試合連続で同じ相手に負けることは許されない。
できることはすべてやって、木曜日には違うチームを見せることができると思うよ。

 

スコット・ブルックスHC
Q. 八村が初めて昨ゲームが後半全部、今夜は40分プレイしたが、プレイタイムが長くなってきている事に対してどう反応していると思うか?
A. ここ5ゲームでどんどん良くなっている。点も稼ぐようになってきているし。 彼は若いから特にプレイタイムに関しては心配していない。 ここ2日はゆっくりだったし、チーム練習も35分で明日もあんまりやらないし。

シーズンの終盤はみんな多少の痛みや疲れが溜まっているのはわかっているけど、彼はもっと出来ると思う。
1on1で勝負して、ファールを貰ってアンドワンかせめてフリースローで2点とってくる。 もっと上手くプレイしてほしい‼︎

Q. ターンオーバーの問題の原因は?
A. スペーシングの問題。 ブラッドが1Qに3つもオフェンスファールをもらった。
今までこんなことはなかったし最後に1つもらったのもいつかわからない。後半はグッジョブだと思う。 2人が3つもらっただけ。
激戦だったが勝つチャンスはあった。 両チームともよく闘った。 終盤にはビックプレイもあったし。インサイドやリング近くでのビックプレイは良かったね。
1Qで8点も。とにかくファールで簡単な点をあげすぎた。

Q. 残り20秒で5点差で残り3秒までファールしなかったけど、なんでそんなにかかったか?
A. デフェンスでトラップしてスティールを狙っていた。 キレイにかわされたけどね。 早くファールするべきだったよ。
残り12秒でも10秒でもファールするチャンスはあったし。

Q. ブラッドがオフェンスファールを3つももらうまでにどうにか出来なかったのか?
A. 確かにゲームプランのようにいっていないし、全員が集中していない。 全員が必要だ。 息抜きをさせていられるほど、チームに余裕はない。 全員がゲームに欠かせない。 ぼけっとしてられない。 気持ちが試合に臨んでいない。 彼ら選手たちはできるのに、やっていない。 プレイの一つ一つに集中して、プレイすること。 じゃなきゃ、シュートも入らないし、リードも出来ない。
試合に集中してプレイするなんて1番簡単なことなんだけどな。

Q. ブラッドが15本と平均より8本も少ないシュート数だけどそのへんはどう思うか?
A. 相手がうちのビッグマンを無視して、ブラッドをボックス1にディナイとダブルチームをしていた。
ビッグマンがインサイドで攻めて、デフェンスを寄せて、クウォーターバックのようになると良い。

ビッグマンが良い仕事をしていたよ。 彼らの得点は20点と12点。スタートは良かった。
何回かインサイドからのリターンでスリーを決めたりもあったし。 インサイドがファールせずに積極的にプレイできていた。

ウィザーズは25日(日本時間26日)に再び敵地でニューヨーク・ニックスと対戦する。

NBA海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web