NBA

史上初!NBA選手がビデオゲームで直接対決 「NBA 2K プレイヤーズ トーナメント」を開催 ワシントン・ウィザーズの八村塁選手やブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手が参戦

 

(PCのみ閲覧できます)

史上初!NBA選手がビデオゲームで直接対決 4月4日(日本時間)
「NBA 2K プレイヤーズ トーナメント」を開催
ワシントン・ウィザーズの八村塁選手やブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手が参戦

ビデオゲーム「NBA 2K20」のトーナメントに参戦
新型コロナウイルスによる被害救済のための10万ドルの寄付先を優勝選手が決定

2K、NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)、NBPA(ナショナル・バスケットボール・プレイヤーズ・アソシエーション)は、現役NBA選手16名が、ビデオゲーム「NBA 2K20」上で、「NBA 2K プレイヤーズ トーナメント」を開催することを発表しました。ワシントン・ウィザーズの八村塁選手をはじめ、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラント選手、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング選手を含む、現役NBA選手が、4月3日(米国時間)より、ESPNおよびESPN2にて放送されるXbox Oneを使用して行われる選手限定の勝ち抜きトーナメントに出場します。優勝者には、究極の「NBA 2K20」チャンピオンの称号が与えられます。優勝者はさらに、新型コロナウイルスによる被害救済活動を支援のために2K、NBA、NBPAから贈られる10万ドルの寄付先となるチャリティー団体を決定します。

2Kのシニアバイスプレジデント、スポーツストラテジー&ライセンシングを務めるジェイソン・アージェントは、以下のように述べています。「世の中で不安が続くこの時期に、NBAおよびNBPAとパートナーシップを結び、再びバスケットボールを世界中のファンに届けることができることを大変うれしく思います。エンターテインメント、特にスポーツは、アスリート、ファン、家族など、コミュニティを一つにする力を持っています。みなさんがこのトーナメントを楽しんでくれることを願っています。」

NBAのグローバルパートナーシップ担当シニアバイスプレジデントを務めるマット・ホルトは以下のように述べています。「NBPAおよび2Kとのパートナーシップを通して、初の「NBA 2K プレイヤーズトーナメント」を開催できることに胸を躍らせています。世界中のNBAファンとのつながりを保ちながら、この困難な時代に、ファンの皆様に恩返しをするための取り組みを続けていきます。」

NBPAの商業部門であるTHINK450のライセンス担当エグゼクティブバイスプレジデントのジョシュ・グッドスタットは以下のように述べています。「このトーナメントは、選手たちが互いに競い合いながらも、慈善活動とファンとの交流を同時に行なえるという独特な機会です。2KとNBAと協力し、この体験を実現し、NBAコミュニティ全体に提供できることをうれしく思います。」

NBA 2Kのレーティングとキャリア年数によって決定された選手のシードを基準に、選手たちは「NBA 2K20」でオンライン上の直接対決を繰り広げます。トーナメント開始前に、各プレイヤーは現NBAチームの中から8つのチーム(それぞれ使用できる回数は1回)を選びます。同じチーム同士の対戦になった場合は、アウェイチームが優先的に選択したチームを使用できます。最初の2ラウンドは勝ち抜き戦で、準決勝と決勝は3試合の2勝先取で行われます。

選手シード順位:

1. ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ|96)

2. トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス|90)

3. ハッサン・ホワイトサイド(ポートランド・トレイルブレイザーズ|87)

4. ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ|87)

5. デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ|86)

6. アンドレ・ドラモンド(クリーブランド・キャバリアーズ|85)

7. ザック・ラビーン(シカゴ・ブルズ|85)

8. モントレズ・ハレル(ロサンゼルス・クリッパーズ|85)

9. ドマンタス・サボニス(インディアナ・ペイサーズ|85)

10. ディアンドレ・エイトン(フェニックス・サンズ|85)

11. デマーカス・カズンズ(81)

12. マイケル・ポーターJr.(デンバー・ナゲッツ|81)

13. 八村塁(ワシントン・ウィザーズ|79)

14. パトリック・ベバリー(ロサンゼルス・クリッパーズ|78)

15. ハリソン・バーンズ(サクラメント・キングス|78)

16. デリック・ジョーンズJr.(マイアミ・ヒート|78)

デリック・ジョーンズJr.選手とケビン・デュラント選手の対決では、デリック・ジョーンズJr.選手は、ボストン・セルティックス、ブルックリン・ネッツ、ダラス・マーベリックス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、マイアミ・ヒート、ミルウォーキー・バックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズの中からチームを選択し、ケビン・デュラント選手は、ブルックリン・ネッツ、シカゴ・ブルズ、ダラス・マーベリックス、ゴールデンステート・ウォリアーズ、ヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、オクラホマシティ・サンダー、ユタ・ジャズの中からチームを選択します。

・ビジュアル・コンセプト社が開発した「NBA 2K20」はESRBで誰でもプレイできるEレーティングを受けています。『NBA 2K20』の詳細は、https://nba.2k.com/2k20/、Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeをご覧ください。

NBAニュース
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web