NBA

【NBAオールスター】MVPステフィン・カリー3P16本で50得点の新記録「ゲームとセレモニーのステージを離れたくなかった 特別なもの」

【NBAオールスター】MVPステフィン・カリー3P16本で50得点「ゲームとセレモニーのステージを離れたくなかった特別なもの」

2月20日(日本時間)クリーブランドでNBAオールスターゲームが行われた。
チームレブロンとチームデュラントに分かれて対戦した。

163-160で最後はレブロン・ジェームズが1on1からシュートを決めてターゲットスコアに到達して勝利した。

レブロン・ジェームズは、24得点6リバウンド 8アシストとチームに大きく貢献して、“コービー・ブライアントMVP賞” を獲得したステフィン・カリーはスリーポイント16本含む最多の50得点と新記録。

チームデュラントのジョエル・エンビードは、36得点10リバウンドと活躍した。

試合は、クォーター毎に勝敗を決め、3Q終わった時点で、コービーの背番号#24の24得点を足してターゲットスコアにして先に到達したチームが勝利になる。
そして、I promise奨学金として10万ドルの寄付がされた。

 

LeBron James GAME-WINNER at 2022 NBA All-Star 🔥🔥  ターゲットスコアを決めたキングレブロン

チームレブロン スターター
レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
ヤニス・アデトクンポ(バックス)
デマー・デローザン(ブルズ)
ニコラ・ヨキッチ(ナゲッツ)

チームデュラント スターター(デュラントは怪我で不出場)
ジョエル・エンビード(76ers)
ジャ・モラント(グリズリーズ)
ジェイソン・テイタム(セルティクス)
トレイ・ヤング(ホークス)
アンドリュー・ウィギンズ(ウォリアーズ)

 

ステフィン・カリー試合後コメント

-コービーのMVPトロフィーを手にして-

スティーブン・カリー:これは間違いなく特別なことです。最初の年に、コービーと彼の人生、そして彼の遺産をこのトロフィーで称えることができたのですから。このトロフィーに込められた思いはすべて。このトロフィーに書かれていることは、彼の人生や代表的なもの、コート上での功績など、すべて意味があるのだと思います。私はまだ1回しか受賞していないので、このトロフィーは私の家で特別な位置を占めることになるでしょう。

先ほども言ったように、75人のリストとセレモニーはとてもシュールなものでした。特に、私やリストに載っている他の現役選手にとっては夢のようなことですが、ハーフタイムにみんなが歩いて出て行くのを見て、自分がどこにいて、リーグの歴史がどうなっているのかを理解するまでは、本当に感謝することはないでしょう。だから、とても特別なことなんです。

 

-クリーブランドでの声援は-

大きな声援を送っているのを聞いて、どのような気持ちでしたか?

カリー:歓声は聞こえなかったよ。(笑)この建物には多くの歴史があり、多くの試合に勝ち、多くの試合に負け、それは明らかに、ここに歴史があることを意味し、それはブーイングの形で出てるしそれを楽しむ。ブーイングにはエネルギーが必要ですから、今夜はそれをパフォーマンスに反映させ、ただ楽しもうとした。序盤から熱くなり、それを持続させ、ちょっとしたショーにしようとしたんだ。そうすることで喜びが生まれ、みんなに喜んでもらえたと思います。

 

Q.レブロンとは長い付き合いで、彼と同じ病院で生まれたことや、アクロン出身であることなど、いろいろなことを話してきましたね。この2つの要素によって、クリーブランドでのオールスターゲームでのMVP獲得がより特別なものになるのでしょうか?

カリー:ええ、試合後にコート上で彼に言ったんですが、完璧な終わり方だったようです。私は2点か3点の追加点を追いかけていたんです。デマーがビッグショットを打って、そして彼が出てきて決勝点を打ったんだと思います。完璧な終わり方でした。もちろん、MVPは僕です。彼は決勝弾を打ってくれました。僕らのシリーズの歴史やアクロンとの絆、そういったものがすべてこの夜の展開に反映されたわけで、本当に…他にどうしようもないくらい素晴らしいものだった。これ以上ないくらいの結果でした。

 

-75周年セレモニーについて-

Q.そのNBA75人会のセレモニーで、あなたは若いファンに戻ったのでしょうか?また、そこにいた人で、今夜会話する機会を得た、あなたに本当にインスピレーションを与えた人はいましたか?

カリー: みんなです。間違いなく、ゲームを見ながら育った頃に戻りました。ステージから出たくない瞬間がありました。誰も見ていなかったかもしれませんね。私はただその瞬間を楽しんでいました。私と、D-ウェイド、CP、レブロン、ヤニス、私たちは皆、まるでお菓子屋にいる子供のように笑って、実際に何が起こっているのか、この快挙が実際に何を意味するのか、そして周りを見渡すと、私たちが尊敬する歴代の名選手たちが試合に出てきているのを見てきたんだ。笑いが止まりませんでした。しばらくは笑いが止まらないと思います。

実際に彼らを目の前にすると、そのオーラが伝わってきて、ゲームの歴史の中で彼らがどのような存在であったか、またどのような存在であったか、まったく別の体験ができるのです。それは特別なことでした。

 

 

Stephen Curry Turns Around on NBA RECORD 15TH THREE 🏆  シュートを打ったくるっと回ってファンに決まったかを聞くカリー

 

The FULL NBA 75 Team Announced at All-Star💎 最後にMJが登場する

NBA海外
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web