NBA

【NBA】エンビードとハーデンでレブロン不在のレイカーズに勝利/ハーデン「俺はこれからも止まるつもりはない」

【NBA】エンビードとハーデンでレブロン不在のレイカーズに勝利/ハーデン「俺はこれからも止まるつもりはない」

3/24(日本時間)
レイカーズホームのCryton.com Arenaにて東地区強豪76ersと現在西地区9位でプレーオフに向けてここから負けられないレイカーズとの試合が行われた。レイカーズは、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デービスが欠場した。

76ers 126-121 レイカーズ
1Q 27-30
2Q 34-22
3Q 32-39
4Q 33-30

<76ers>
J.エンビード 30得点 10リバウンド
J.ハーデン 24得点 7リバウンド 7アシスト
T.マクシー 21得点 7アシスト

<レイカーズ>
R.ウェストブルック 24得点 9リバウンド 8アシスト
D.ハワード 24得点 8リバウンド

この試合では、レブロンはひざを痛めた為、エンビード、ハーデンとの直接対決はなくなった。また、レイカーズのハワードは今シーズンのシーズンハイ24得点と大活躍した。レイカーズで今評価が急上昇中のモンクは23得点あげるが、レイカーズは勝ちに恵まれず31勝42敗と厳しい結果となった。
レイカーズはプレーオフに向けて戦っているが、ファンはここから魅せてくれると信じている。
また、76ersは、オフェンス力が爆発する。エンビード、ハーデンの得点が止まれば、ハリス、マキシーとアウトサイド、インサイドから得点してレイカーズを退けた。

 

試合後コメント


ジョエル・エンビード(76ers)

「いつもチームを率いることができるかと聞かれるが、ひとつひとつの試合を、オフェンス、ディフェンスどちらも関係なく一生懸命プレイして、チームメイトがプレイしやすいようにしている。」

 

ジェームズ・ハーデン(76ers)
「チームメイト達は全員が適切なマインドセットで試合に臨んでいるから、俺の仕事は彼らをより良くすることと、常にベストな状態でいる事だけだね。みんなが良い状態でコートに登場するから、俺はただに自分の仕事をするだけだよ。
基本に忠実に、それと同時に積極的にゴールを狙う。俺はこれからも止まるつもりはない。」

 

NBA海外
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web