ニュース

FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022年はオーストラリア大会に決定

 photo:FIBA

FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022何はオーストラリア大会に決定

2020年3月26日
FIBAは、FIBA女子バスケットボールワールドカップ2022の主催権をバスケットボールオーストラリアに決定した。

この決定はFIBAの中央委員会によって行われました。
オーストラリアがFIBAの女子バスケットボールワールドカップを主催するのは、1994年に2回目です。

 

FIBA会長ハマネニアンコメント
「中央委員会は本日、2つのバスケットボールの強力な全国連盟から2つの優れたプレゼンテーションを見ました。 このイベントの開催国の1つであり、2022年はオーストラリアになります。
シドニーで行われるバスケットボールで最大のイベント、そしてオーストラリアでプレーする12チームの中で行われる予選期間を楽しみにしています。」

FIBA事務局長アンドレアス・ザグリスコメント
「これはシドニー市にとって、女子バスケットボールを盛り上げて、次のレベルに引き上げる絶好の機会です。前回のワールドカップでは多くの成功を収めており、2022年にはさらに多くのことが見られると確信しています。 この最高のイベントを計画する上で、今後2年間で実りある協力を得ることができました。」

 

シドニーで2022年9月と10月に10日間にわたってワールドカップを開催します。

女子日本代表は2018スペイン大会では、ベスト8に進出出来ずで終わっている。
アジアでトップの写真日本代表が世界で証明する日も高いと思われる。
女子日本代表が今から楽しみでしかない。

ニュース代表・U22以下海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web