WNBA

【WNBA】町田瑠唯WNBA開幕戦初勝利/ 16分57秒出場 2得点 2アシスト 2リバウンド/ ナターシャ「ルイはヤバいね!」

【WNBA】町田瑠唯WNBA開幕戦初勝利/ 16分57秒出場 2得点 2アシスト 2リバウンド/ ナターシャ「ルイはヤバいね!」

5/7(日本時間8:00)
フィーバー 70-84 ミスティックス
1Q 16-31
2Q 15-19
3Q 21-14
4Q 18-20

町田瑠唯
16分57秒出場
2得点(FG1/3 3P0/0)
2アシスト
2リバウンド
1ターンオーバー

町田がとうとうWNBAのコートに立つ瞬間が訪れた。

そして1Q残り4分36秒にドリブルからコーナーにフリーで待っている選手にパスを出しWNBAで初アシストをマークする。

町田はこの瞬間に、萩原美樹子(モナークス、マーキュリー)大神雄子(マーキュリー)渡嘉敷来夢(ストーム)に続き4人目WNBA選手になった。

試合はミスティクスは24-14とリードする。#0オースティンがバスカンでさらにリードを広げる。町田はディフェンスもヘルプでしっかりスィッチしてチームディフェンスしていく。オフェンスではボールプッシュしてドライブから展開してオフェンスをメイクして、スクリーンをしてチームプレーをする。

2Qに入っても町田はコートでプレーを続けて4分10秒でベンチに戻る。31-15ミスティックスリードで折り返す。

3Qもミスティックスのペースを作り、残り4:27で町田が再びコートに立つ。ドライブする相手にしっかりガードして良いディフェンスをしっかり見せる。64-52で最終クォーターへ。

4Qの入りも町田はコートに立ち、1分15秒あたりで縦にドライブしてペイントにアタックしてレイアップで得点してWNBAで初得点をあげる。ミスティックスは終始リードを保ち84-70で開幕戦を勝利で飾る。

ミスティックスは過去6年間で5回、ホーム開幕戦に勝利している。
ミスティックスは20本中18本のフリースローを成功させ(.900)、2021年8月17日の対LVA戦以来、20本以上試みた試合で最高のフリースロー率であった。

 

試合後コメント

マイク・ティボーHC(ミスティックス)
「今日は4人しかガードがいなかったからゲームに突っ込んでお互いにうまく合わせられるようにする必要があったし、一緒にプレイするいいタイミングだった。今回ナターシャとルイはいいコンビだったと思う。」

 

#11 エレーナ・デレ・ダン 24得点チームハイ
「ルイはすごいね!
私はルイが好きだね。素晴らしいPGだと思う。チームのバランスをとる能力もあるし状況を整えてアシストする能力もある。さらにDFが本当に良いよね!大きいガード相手でも負けないし、ピックアップも早い! ハーフコート前で捕まえているし、積極的にDFをする。 DFにピックアップにしろなんでも素早い。 チーム内でのリーダシップにも感謝しているし、ルイを誇りに思う。 一緒にプレイするのが楽しいね! これからもチームにとって良い選手で居続けると思う。」

 

#9 ナターシャ・クラウド 17得点 6アシスト
「ルイはヤバいね‼︎
どうやって見てるのかわからないくらいのパスを通してくる。今日も遠くからコーナーへのパスを通してたけどルイはいつもそんなパスをするね。さらにDFが良いんだよね。ビッグマンがスクリーンにいった時もどうやってすり抜けているのかわからないけど、自分のマークマンについていくからビッグマンについているだけでいい。 ルイとシーズンを通してプレイするのが楽しみだね。」

WNBA
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web