パラリンピック

【パラリンピック】男子🇯🇵日本代表銀メダル / 最後悔しい逆転されるが、堂々の銀メダルで日本に初のメダルと感動をもたらす

【パラリンピック】男子🇯🇵日本代表銀メダル / 最後逆転されるが堂々の銀メダルで日本に初のメダルと感動をもたらす

9/5(日)有明アリーナで男子車いすバスケ決勝が行われた。
試合は、日本はアメリカとの決勝で惜しくも60-64で敗れた。がしかし、男女通じて史上初の銀メダルを獲得した。

決勝
日本🇯🇵60-64 🇺🇸アメリカ
1Q 18-18
2Q 9-14
3Q 19-13
4Q 14-19

<日本>
#55 香西宏昭 18得点
#13 藤本怜央 11得点
#2 鳥海連志 8得点

試合入りから日本はアメリカよりもペースを掴んだ。アメリカをリードして試合が進む。
アメリカは徐々に得点して18-18で1Qを終える。
2Qではアメリカが得点を重ねてリードを広げる。アメリカのペースになりかけたが、日本は盛り返して27-32、5点差でアメリカリードで前半を終える。

後半に入って、お互いに点の取り合いとなり、激しい攻防戦が繰り広げられた。日本は、今大会エースの香西宏昭選手と鳥海連志選手がシュートを決めきって逆転に成功する。
そこからアメリカも反撃に転じてエース、スティーブ・セリオ選手が13得点を叩き出し、46-45と日本が1点差リードで最終クォーターへ。

最終クォーターでは、日本がリズムを掴みリードを6点に広げる。またまたアメリカはここから4連続得点して、残り4分半でアメリカが逆転する。日本は香西選手がシュートが決めて58-59と拮抗する。試合は終盤残り1分になる。
日本も粘って3点差にするが、アメリカが逃げ切ってリオ大会に続いて連覇した。

バスケットで、世界最強のアメリカと互角以上に戦い、堂々の銀メダルを獲得。日本中に車いすバスケの魅力、選手のパフォーマンスの高さを見せてくれた。
素晴らしい日本代表チームだった。

そして
パラリンピックも5人制もアメリカに勝つことが悲願になり、大きな目標になった。

 

大会後コメント

#55 香西宏昭選手
ディフェンスはしっかり機能していて、ほぼ40分間、相手を苦しめることができたと思います。ただ4Qでの小さなミスが大きく影響してしまったなと。まだ(銀メダル獲得は)実感がわいていませんが、ただ表彰式の時に掲揚された3つの国旗の中に日の丸があるのを見て、「本当に銀メダルを取ったんだな」と少しずつ実感している感じです。

京谷和幸HC
最後の最後、勝たせてあげられず、選手たちには申し訳ないという気持ちです。ただここまで選手たちは戦術をよく理解してくれて、今日もコート内で対応してくれました。本当に誇らしい12人だなと思いました。メダル獲得という点では目標を達成することができ、良かったと思います。

#1 豊島英選手
決勝も僕たちらしいディフェンスから流れをつかんで、どこまでアメリカに通用するか挑戦しました。思っている以上にアメリカの背中が近くて接戦をすることができたなと思っています。(リオ以降の)この5年間だけではなくて、このメダルというものは今までの先輩方も含めて積み上げてきた歴史だと思いますので、本当に重いなと感じています。

パラリンピック
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web