日本代表

【女子日本代表】ポルトガル戦の高さに前半重く我慢の時間から後半、三好南穂4本の3Pで一気に試合を決めた

【女子日本代表】ポルトガル戦の高さに前半重く我慢の時間から後半、三好南穂4本の3Pで一気に試合を決めた

オリンピック前の女子日本代表の国際強化試合三井不動産カップ2021、ポルトガルとの第1戦が行われた。

ポルトガルはFIBAで48位、日本は10位と格上ではないが、高さがある相手に前半、苦しんだが日本らしさの早いバスケットとシュート決定力で勝利した。

選手16人全員出場してタイムシェアするので短い時間の中でのパフォーマンスもこれから更に求められることになる。

女子日本代表 69-47 女子ポルトガル代表
19:00 横浜武道館
1Q 9-17
2Q 17-8
3Q 14-15
4Q 29-7

<日本代表>
三好南穂 14得点(3P4/8) 6分50秒出場
宮崎早織 9得点(2アシスト 1スティール 2ターンオーバー)10分12秒出場
高田真希 8得点(1アシスト 5スティール) 29分59秒出場

<ポルトガル>
マリア・クストゥルコバ 13得点 (194cm)
ソフィア・シルバ 12得点 (190cm)

日本のスターターは、赤穂、長岡、宮崎、高田、林で始まった。
1Qの入りはポルトガルは高さがあり、インサイドの得点から始まった。この試合は終始インサイド中心のポルトガルのバスケットだった。

日本は宮崎がドライブからレイアップして得点。ドライブ出来れば効果的だったがこの後中々出来ず、セットオフェンスでボールをしっかり回して得点したいが、アウトサイドシュートが決まらず。

インサイドではポルトガルは大きいのでミスマッチもあってリバウンド、ルーズボールも取られた。リバウンド日本7.ポルトガル15。試合トータルは日本が34、ポルトガルは47。速攻で早い展開は出来なかった1クォーターは、9-17になった。

2Qになって早い展開にしたい日本は、宮崎、町田で2ガードにしてリズムを変えたい日本は、赤穂のドライブからバスカン、町田から長岡へインサイドにアタックして、バスカンと奥山のスリーで日本らしさが出た。
オフェンスリバウンドを何度も取って、セカンド、サードチャンスを取って町田のドライブでバスカンで日本がここで逆転し、高田がインサイドへボールを何度も入れさせない。前半26-25で折り返す。

後半に入って、ポルトガルは#12マリア、#14ソフィアのインサイドをどう対応するかも今後に必要になる。

日本のオフェンスが噛み合わず、ポルトガルはインサイドで得点を挙げて追いついてくる。なんとか日本らしい早いバスケットを出したい中、本橋のスリーポイントで日本が追いつき
40-40で3Qを終える。

最終クォーターで一気に決めた

入りは、日本はチャンスを作るがシュートが決まらない我慢の時間帯から、激しいディフェンス、リズムを取る。そして三好がコートに出るとスリーポイントを連続で決めて爆発。残り5分でディフェンスのギアをあげた。町田のディフェンスから、またまた三好がスリーポイントを決めてこの試合を決めた。
試合後に「自分の仕事はシュートを打ち続けることなのでそれで試合に臨みました。」とコメントした。

メンバーもどんどん変えて各選手短い時間でパフォーマンスを最後終盤に上げてきたところはさすが日本代表メンバー。
しかし今後は、もっと早い時間帯からドライブを仕掛け、トラップディフェンスもあげて、アウトサイドシュートの決定力が日本らしいバスケットでメダルに到達する強い日本が見れる。

期待が高まるオリンピック前の国際試合第1戦に、16人選手全員が出場して、今回怪我からの復活が間に合わなかった、渡嘉敷来夢がいないのは寂しいが、日本のバスケットが終盤に向けて出来たのは大きいものになった。

残り第2戦は15時、第3戦も15時からTIPPOFFになる。

 

試合後コメント
トム・ホーバスHC(日本)
出だしは良くなかった。後半にディフェンスからリバウンドも頑張って走ってシュートを決めた。前半シュートが入らなくて我慢の試合。最後は三好がスリーポイント4本決めてくれた。色々ディフェンスをやって良かった。判断、頭使って勉強になった。80点を取るゲームをしたい。

 

高田真希(日本)
まずは楽しかった。中々自分達のリズムで出来なかったけど、後半はシュートも決まってリズムを作れてやるべき事が出来て勝てたと思います。これからフィジカルで小さいけど身体張っていきます
渡嘉敷選手は常に日本のためにやってきてるのでリハビリに集中してまたやろうと話しました。

 

本橋菜子(日本)
しっかり最後は日本らしいバスケットを皆さんの前で出来た事が良かったです。
試合に出た時は膝を気にしないで今日は出来ました。今は70%くらいまで戻ってきてます。まだ本来の自分を短い時間で出せてないけど、コンディション的にはイケると感じているので上げていきます。

日本代表
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web