ワールドカップ

【男子ワールドカップwindow1】比江島慎「トムHCのバスケットはBリーグにはないので、各々が自分の役割を意識してやらないといけない」/日本 73-106 中国

寺嶋良

【男子ワールドカップwindow1】比江島慎「トムHCのバスケットはBリーグにはないので、各々が自分の役割を意識してやらないといけない」/日本 73-106 中国

FIBAバスケットボールワールドカップ2023アジア地区予選 Window1
日本vs中国のGame2.が、11/28(日)杜の都仙台のゼビオアリーナ仙台で行われた。

日本🇯🇵 73-106 🇨🇳中国
1Q 10-29
2Q 19-24
3Q 21-31
4Q 23-22

<日本>
#20 寺嶋良 16得点 3アシスト
#3 エヴァンスルーク15得点 10リバウンド
#19 西田優大 10得点

日本のスターターは、エヴァンスルーク、比江島慎、ベンドラメ礼生、アキ・チェンバース、張本天傑。

試合の入りは、昨日同様インサイドに中国が押し込んで得点して始まった。日本は少し入りが固くターンオーバーもあり0-8で走られる。メンバーとして新しく入った寺嶋のドライブから得点して勢いつけたい日本だがオフェンスが中々攻めあぐね、中国はアウトサイドからも決めてくる。

日本はスリーポイントを打つシステムでガードの1on1から仕掛けてスリーポイントを打つようにするが中国のディフェンスがしっかりついてくる。昨日と同じような展開になる。
10-29

2Qに入っても中国のリズムは変わらないが、日本は古川がフリーからスリーポイントを2本連続で決める。ようやく日本らしいバスケットが出てきて、11点差まで追い上げ日本はなんとか中国の得点を抑えたいところだが、ドライブを止められない。一旦は追い上げから流れがあったが29-53で中国リードで前半折り返す。

 

後半は、比江島がドライブして連続得点、ルーズボールに食らいつき奮闘もするが、日本は中国のオフェンスに翻弄されてしまい、必ずフリーを作られてしまう。また中国はこの試合のスリーポイントの確率が昨日と違って修正してきてシュート決定力を見せつけた。14/24で58%とういういい場面での高確率で、日本は8/32の25%だった。

得点は中国が日本を圧倒しているが、いい所もあり、トム・ホーバスのバスケットをどれだけやれるか、次につなげるために、最後まで熱い戦いを、比江島、寺嶋、西田がディフェンスや得点で日本を引っ張った。

 

 

試合後コメント

トム・ホーバスHC
2試合目も出だしが悪くてびっくりした。少し、みんな打ちすぎたと思った場面もあり今朝みんなと話して、良い練習もして、わかってたと思ったけど変わらなかった。中国は強いチームで、プレッシャーに負けた、前半はエナジーなのか自信が下がったのか、メンバー変えて戻ったのかと思ったが、いいバスケットが出来なかった。後半は、プライドをだしていいエナジーで出来た。6人のポイントガードがこの2試合でトライアウトだった。寺嶋、斎藤はいい仕事をした。
Bリーグに戻ってみんなバラバラになる。このスタイのバスケットはやらないと思うけど、
チームの練習が終わってもこのスタイルの練習が必要でやってほしい。

 

比江島慎
昨日の反省点の出だしの所で、今日も相手にリズムを作らせてしまった。ターンオーバー、昨日のファウルトラブルもあって、ディフェンスのプレッシャーが足りなかった。自分たちのやりたいバスケットが出せなかった。
このバスケは始まったばかりなので次に繋げられるようにしっかりやっていきたいと思います。どれもやったことのないスタイル、このバスケを短期間で修得するのは難しかったが、いいところも出てきたと思う。トムHCのバスケットはBリーグにはないので、各々がBリーグに帰っても自分の役割がわかったと思うので意識しながらやらないといけない。

 

寺嶋良
日本代表として初めて試合に臨んで、最後まで
代表のユニフォームを着てるということがエネルギーにもなった。得意なコールプレーが3Qで出来て打開できました。中国はフィジカル、高さも全てにおいて全然違うと思った。限られた時間のプレーで、全てを出し切ろうと思ってフルスロットでプレーしたが後半もたなくてフィジカル面、他も沢山の課題があるので改善出来たらいいと思います。

 

ワールドカップ概要

FIBA バスケットボールワールドカップ2023

日程
2023年8月25日 (金) ~ 9月10日 (日)

開催国
決勝トーナメント
フィリピン (マニラ)

グループラウンド
日本(沖縄)、フィリピン(マニラ)、インドネシア(ジャカルタ)

参加チーム数
32チーム

大会公式サイト
http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2023

ワールドカップ日本代表
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web