日本代表U16

【FIBAU16アジア選手権】日本初戦のインドに128-39と圧倒して全員スコアといい出だしでスタート

【FIBAU16アジア選手権】日本初戦のインドに128-39と圧倒して全員スコアといい出だしでスタート

6月24日(金) ~ 30日(木)ヨルダン (アンマン)でFIBAU16アジア選手権が開幕した。
日本の参加しているグループAは参加5チーム。

Group A: オーストラリア、インド、日本、韓国、ニュージーランド

大会は総当たりで戦い、グループ1位と4位、2位と3位、それぞれ準決勝戦い、その後決勝と3位決定戦を行う。

上位4チームは、本年7月9日 (土) ~ 17日 (日) 「FIBA U17 女子ワールドカップ ハンガリー 2022」 への出場権を獲得する。順位によってワールドカップでのブロックが変わるので一つでも上げておきたい。

6/24(日本時間)
日本🇯🇵 128-39 🇮🇳インド
1Q 35-4
2Q 32-10
3Q 29-9
4Q 32-16

<日本>
#14 上野 心音 19得点
#91 深津 唯生 15得点 10リバウンド
#13 東 紅花 14得点
#10 三次 真歩 14得点
#55 田中 こころ 14得点
#80 山田 英真 14得点
#15 黒川心音 16アシスト

スターターは、#6 福王伶奈、#15 黒川心音、#24 八木悠香、#55 田中 こころ、#91 深津 唯生

試合は前半から日本がスピード、シュート、強度高いディフェンスとインドを圧倒。選手たちはインターハイ予選、ブロック大会など経て、日本にとってリズムよく、気持ち良くできたいい試合になった。

ただスリーポイントは7/24と29%の成功率、フリースロー13/24で54%だったので課題は残ったものの、まずは初戦をしっかり勝利した。

この大会は、コロナで2021に開催される予定が今年の2022に延期になった為、U17ワールドカップが7月に開催される事も考慮されて2021年の出場規定になり、現在17歳でも大会エントリーできる事になっている。

 

U16日本代表メンバー

#6 福王 伶奈 (C / 193cm / 桜花学園高校2年)
#10 三次 真歩 (PG / 171cm /広島県立広島皆実高校3年)
#13 東 紅花 (SG / 159cm /福岡大学附属若葉高校 2 年)
#14 上野 心音 (GF / 176cm /聖和学園高校3 年)
#15 黒川 心音 (PG / 164cm /桜花学園高校2 年)
#23 大上 粋奈 (PF / 180cm /広島県立広島皆実高校2年)
#24 八木 悠香 (F / 176cm /京都精華学園高校2年)
#55 田中 こころ (SF / 171cm /桜花学園高校2年)
#77 榎本 麻那 (PG / 175cm /岐阜女子高校2年)
#80 山田 英真 (PF / 178cm /桜花学園高校2年)
#91 深津 唯生 (PF / 179cm /桜花学園高校1年)

 

今後のスケジュール

6/25(日本時間)
17:15
日本🇯🇵 vs 🇰🇷韓国

日本代表U16
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web