日本代表

【東京オリンピック】女子日本代表ナイジェリアに100点ゲーム、3P炸裂19本 / 決勝トーナメント進出決定

【東京オリンピック】女子日本代表ナイジェリアに100点ゲーム、3P炸裂19本 / 決勝トーナメント進出決定

女子日本代表は、グループBでアメリカに敗れたが、決勝トーナメントに行くために、ナイジェリア戦に必ず勝利して、多くの得点を取って
いい位置のトーナメントに入りたい。
日本のディフェンスは試合を通して強度が落ちずに、日本の得意の速いバスケットとスリーポイントで後半ナイジェリア。圧倒して勝利した。

日本🇯🇵 102-83 🇳🇬ナイジェリア
1Q 30-22
2Q 21-16
3Q 33-19
4Q 18-26

<日本>
#27 林咲希23得点(3P7/11)
#52 宮澤夕貴 19得点(3P5/8)
#8 高田真希 15得点
#88 赤穂ひまわり 12得点
#13 町田瑠唯 15アシスト

日本のスターターは、長岡、高田、町田、林、赤穂。

ナイジェリアは高さを活かす攻撃とリバウンドで仕掛け、しっかりジャンパーを決めてくる。

日本は、林がスリーポイント決めて逆転する。赤穂のコーナーからのドライブが決まり、インサイドアウトサイドでいい流れを作る。

変わった宮澤がすぐスリーポイント決める。これからの戦いにサイズもある宮澤は日本には絶対必要になる。

日本はディフェンスも良く最後シュートで終わらせている。日本は速さを落とさず足を使って得点する。

1Q終わって30-22でリードする。

日本のスリーポイント7/10、リバウンド9
ナイジェリアスリーポイント0、リバウンド3

2Q 日本は得点が入らない時間が続く。ナイジェリアのミスから流れを作っていきたい。ナイジェリアはじわじわインサイドで得点して追い上げて、馬瓜エブリンのスリーポイントで、日本久々の得点する。

日本はターンオーバーが増えて修正したい。日本はスリーポイント2本の得点王なので、インサイド、アウトサイドのバランスのいいオフェンスをしたい。

リバウンドからナイジェリアに走られて得点差が2点になるが、日本らしいボールの展開からスリーポイントを林が決めきる。日本の流れにもう一度戻す。

2Qの終盤に日本のシュートが一気に入りナイジェリアを引き離す。日本のラッシュが素晴らしい。

51-38で前半折り返す。
林は20得点(6/9)
日本全体では、3P12/19で63%と脅威の数字を叩き出した。

日本の素晴らしいオフェンス力がここで出せる勝負強さが出た。

後半入りはナイジェリアが得点するが、日本は落ち着いて得点する、
宮澤も3本連続スリーポイントでこの試合4本目を決める。
ナイジェリアもインサイドにアタックするが日本のディフェンスごしっかり抑えて、赤穂の連続してドライブで点差を引き離す。

試合はもはや決まっていたが、オリンピックの戦いなので、最後まで自分たちのバスケットをしっかりやり切る、それが日本のバスケットだ。

試合は100点ゲームで102-83で、日本がナイジェリアを圧倒した。
2大会連続で女子日本代表は決勝トーナメントに進出した。

女子の準々決勝は8/4に行われる。
カードはこれから、残り試合で決まる。

 

日本代表東京オリンピック
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web