Bリーグ

【Bリーグ】横浜が1ヶ月ぶりのホームゲームで快勝/森川20得点でチームを牽引、キング開12得点キャリアハイ、河村勇輝11得点6アシスト

【Bリーグ】横浜が1ヶ月ぶりのホームゲームで快勝/森川20得点でチームを牽引、キング開12得点キャリアハイ、河村勇輝11得点6アシスト

2/5(土) 横浜国際プール
横浜 86-67 北海道
1Q 30-13
2Q 15-13
3Q 17-23
4Q 24-18

<横浜>
森川正明 20得点
パトリック・アウダ 16得点 8リバウンド
キング開 12得点 (Bリーグキャリアハイ)
河村勇輝 11得点 6リバウンド 6アシスト

<北海道>
デモン・ブルックス 19得点
山口颯斗 14得点
松下裕汰 11得点 (Bリーグキャリアハイ)

1ヶ月ぶりのホームゲームとなる横浜はペイントへ、どんどんアタックしていき得点する。
北海道は、特別指定選手の松下がスターターで登場。その松下のスリーポイントで決めて入る。

横浜は森川が1Qの4分程でスリーポイント含め12得点して17-6とリードし、途中からコートインした河村勇輝がコントロールして最後はドライブからシュートも決めて30-13リードで終える。

北海道は、中々シュートが決まらず、ブルックスのスリーポイントにボールが集まってしまうので、バリエーションあるオプションもみたいところ、横浜のハードディフェンスもあるが、ターンオーバーとスティールを減らしたい。

横浜はペースを変えず、河村がドライブからバスカンでチームを牽引する。最大21点差に2Qでする。

後半、北海道は山口のスリーポイント、ロングの得点と、前半の0得点を返す8得点をあげて10間点差に追い上げる。

横浜は河村勇輝のスリーポイントでまた引き離す。大事な場面で得点する河村の勝負強さを見せ流れを、渡さない。粘る北海道は牧が得点して一桁得点差にするが、すぐさま、河村からパスでアウダがバスカンで点差を広げる。

4Q更にギアを上げる横浜は、キング開からのアシストで河村がスリーポイント決め、そしてキング開もスリーポイント決めて点差も一気開いて勢いつける。北海道はアウトサイド、インサイドと今日は中々シュートが決まらず、横浜はアタックして合わせもでて、4Q横浜のバスケットで広げたリードも保ち勝利する。

 

 

試合後コメント

森川正明(横浜)
「今日は出だしから自分達のバスケットが出来ていてスタメンだけでは無くベンチからの選手たちもディフェンス、オフェンスしっかりと自分達の役割を出来ていた。渋谷戦で出来ないかった自分達の強みは、ディフェンスだという事で、もう一度意識的に出来た試合だった。明日もしっかり自分の仕事が出来る様にやっていきたいと思います。」

 

森井 健太(横浜)
「今日はエナジー持って最後まで出来た。チームとして選手たちと阿吽の呼吸が出来てきた。アグレッシブに行く結果がアシスト、点になる。ディフェンスはテンポが昨年より上がってきて失点に繋がるところ、スコアラーに対してや、ターンオーバーも今後対応していきたい。オフェンスの部分をいい形で終わる事など体現出来きていると思う。他のメンバーとやりたいバスケットが分かってきたので意思疎通をとっていきたい。」

 

青木HC (横浜)
しっかり準備してきたところ選手たちがコートで表現出来た。ディフェンスもリバウンドも良かった。オフェンスはペイントでの確立、スリーポイントの確立も良く打つところもしっかり決め切った。1人1人の選手たちがリングを見ていて、バランス良いバスケット、みんな共通意識を持って出来た。明日もマインドセットしてブースターの皆様とも一緒に戦ってきたいと思います。

 

佐古賢一HC (北海道)
出だしから残念な感じでエナジーが足りないゲームだった。前半は何か組織的に何かしようというのが多すぎて個人的にいく事が少なかった。明日は切り替えていきます。シーズン入る前と今はマインドは変わってきてる。特にディフェンスの部分、1no1の強度が落ちている。オフェンスに目がいきがちで、シュートが入らないとエナジーが落ちて行く状況だと思う。ピンポイントで言い過ぎると細かくなるから大きく選手たちが自分でチョイスして、ポジティブに良いところを見ていく。

松下選手に関して、2.3番のところでスランプもあり時に1番でもディフェンス、オフェンスでも良いプレイをしてくれてる。

 

松下裕汰(北海道)
序盤1Q相手のバスケットになってしまった。明日は持ち味を出して勝ちに貪欲にいく。ディフェンスのミス、簡単にスリーポイントを打たせない様にしたい。オフェンスはシュートの確立を高めたい。スタメンでも、控えでも自分の役割は変わらないと思っている。オフェンス、ディフェンス、アグレッシブに行きたいと思う。プロは、ディフェンスコンタクトは能力高い選手が多いので1on1は改善していきたい。チーム内のコミニケーションも声を出して高めていきたい。

同世代の選手たちとの対戦は自分も負けられないし自分をもっとレベルアップ出来るように頑張りたい。

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web