Bリーグ

【Bリーグ】川崎が名古屋を圧倒してGame1を制す/ 熊谷尚也「チームのために仕事をしなければいけないと吹っ切れた」

【Bリーグ】川崎が名古屋を圧倒してGame1を制す/ 熊谷尚也「チームのために仕事をしなければいけないと吹っ切れた」

チャンピオンシップ
QF Game1 5/14(土)川崎市とどろきアリーナ
川崎 97-71 名古屋D
1Q 24-14
2Q 22-16
3Q 31-20
4Q 24-21

<川崎>
藤井祐眞 21得点 7アシスト
熊谷尚也 14得点
マット・ジャニング 13得点
前田悟 10得点
ジョーダン・ヒース 10得点 8リバウンド

<名古屋>
スコット・エサトン 19得点 13リバウンド
狩野祐介 12得点

クォーターファイナルが始まり、シーズン終盤から勢いに乗る東地区2位の川崎と怪我人出て厳しい状況の西地区3位の名古屋DとのGame1の対戦が行われた。

ゲームの入りは、怪我から復帰してチームに大きく貢献している川崎熊谷がスリーポイント含む連続スリーポイントで7-0でランする。名古屋Dも外国籍選手が2人欠く中でも狩野がスリーポイント、エサトンが得点を決めて追い上げていくが、熊谷が1Qでスリーポイント含む9得点あげて川崎を牽引する。

2Qで名古屋Dは狩野がスリーポイントを決めて、今シーズン3P成功率賞の凄さを見せる。その後は、川崎の強度の高いディフェンスが名古屋Dのオフェンスを止める。42-30川崎リードで折り返す。

後半に入っても、川崎のディフェンスは名古屋Dのオフェンスを4本スティールしてシャットアウトしていく。またこのクォーターで川崎はオフェンスもラッシュをかけていく。ファジーカス、アギラールのインサイドと熊谷、藤井のアウトサイドから猛攻が始まる。名古屋も返していくが点差は広がり73-50で最終クォーターへ。
川崎の広げたリードは大きくそのままのリードを保ち、若手の増田、前田が更に得点を重ねていき97-71と大きく点差をつけてGameを川崎が勝利する。

 

試合後コメント


佐藤賢次HC

「クォーターファイナルをとどろきアリーナで開催する権利を自分たちで勝ち取ってここに戻ってきたので、あとはファミリーの皆さんが背中を押してくれるから自信を持ってアグレッシブにやろうと試合前に話したことを選手たちがやってくれました。
ゲームプランとしては、シーズンを通して選手たちが練習で積み重ねてきたシュートを打ち切って終わることや、相手にトランジションを出させない、リバウンドをとって相手にセカンドチャンスを与えないといったポゼッションをしっかりコントロールするということが一番重要なポイントでしたが、今日のスタッツからも名古屋さんの激しいフルコートプレス、オフェンスリバウンドをしっかりコントロールすることができたと思います。
(ファミリーの「MORE MOVE」が届いていたか)最高でした!とどろきアリーナが大好きです! 」

 


熊谷尚也(川崎)

「相手がどうこうというよりも川崎らしいバスケットを40分間やろうということをミーティングで話していたので、その通り頑張りました。コートでは強くプレーするだけなので、それが数字に表れたことはすごく良かったと思いますし、明日に向けて良い内容のゲームができたと思います。怪我とかで良いコンディションで試合に入れていないこともあったと思うんですが、コンディショニングチームのサポートであったり、穂坂ACが、できればやりたくない(ほど大変な)ワークアウトを組んでくれてコートに送り出してくれたように、みんなの支えがあって復帰できたということがあって、それにしっかり応えなくちゃいけない、チームのために仕事をしなければいけないと吹っ切れたのがここ数試合自分の持ち味が出せている理由なのかなと思います。」

 


藤井祐眞(川崎)

「チャンピオンシップをホームで迎えることができて本当に嬉しく思っています。個人的には出だしが大事になると思っていて、その出だしでシュート入らない部分はありながらも、いいディフェンスから10点近いリードで試合に入ることが出来たので、そこは非常によかったと思っています。
チャンピオンシップは勢いに乗ったチームが試合を優位に進められると思いますし、本当によかったです。明日も勝ってストレートでセミファイナルに行きたいと思います。」

 

ショーン・デニスHC(名古屋)
「今日もタフな試合になることは予想していましたが、サイズのディスアドバンテージがある中、選手たちは攻守ともにアグレッシブにプレーしてくれたと思います。外国籍選手が少ない中、シュートが外れ、ターンオーバーが増えてしまったことが今回の敗因だと考えます。しっかり気持ちを切り替えて、今日の課題を修正できるよう頑張ります。」

 


狩野祐介(名古屋D)

「外国籍選手が2人いない中、勝利するためにはどのようにプレーをすれば良いのか、レギュラーシーズンからチーム全員で考えてきました。今日の試合では、前半は五分五分で戦えましたが、後半は川崎の高身長の外国籍選手たちにインサイドから得点を奪われ、リバウンドが取れず、苦しい展開になって敗れました。しかし、自分たちのやれることは精一杯プレーできたと思いますので、また明日に向けてしっかり準備していきます。」

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web