#Jの部屋

【Jbasketインタビュー】大野篤史HC「新天地」初勝利後、独占インタビュー「会場に足を運んでもらえて選手の後押ししてもらえたら嬉しい、その為にいい試合をやっていきたい」

【Jbasketインタビュー】大野篤史HC「新天地」初勝利後、独占インタビュー「会場に足を運んでもらえて選手の後押ししてもらえたら嬉しい、その為にいい試合をやっていきたい」

2022-23シーズンが開幕して、大野篤史HC率いる三遠ネオフェニックスは開幕戦を接戦で川崎に敗れて2連敗後に、佐古賢一HC率いるレバンガ北海道に2連勝した大野フェニックス。バスケットに対して真摯に向き合う大野HCは新たなチームでの、勝利をホーム豊橋でファンと分かち合えた。
その試合後に、ホッとした表情と今シーズンにかける思いを聞く事が出来た。

YouTube Jbasket chからご覧ください

大野篤史HC SNS
Twitter
http://twitter.com/atsushi_ono2

Instagram
http://www.instagram.com/atsushi.0812

大型ビジョンの迫力ある演出と共に、インタビューでも話した三遠の入場シーン。とてもクールだったのに、本人は全く気づいていなかった。

今シーズンは、スーツのインナーは「Tシャツ」で行くと、この日はブラックのワントーンで入場。

 

試合後の会見

また試合後の会見でもJbasketは、大野HCからチームの状況や雰囲気なども聞く事ができた。

大野HCのこれまでのコーチングとは違う新天地での新しいチャレンジが始まっている。

大野篤史HC
「選手達には、はじめは強めに伝えていたんですけど、上手くいかないから、コーチングは少し自分のスタイルを変えました。伝えている事は変わらないですけど、言い方、少しリラックスさせて、いい緊張もあり、どういうマインドでプレーするのが1番ベストかを探っていって、少し“笑い”が起きるが起きるくらいがいいと思って、前のチームではやらなかった事を挑戦してます。選手がイキイキとプレーしているとファンに思ってもらえれば喜ばしい事です。

追いつかれて消極的になったので、ビビってんじゃねーぞと伝えて。笑みんながシュート決めみんなが持っているストロングポイントを活かしていこうと発揮できた。たまにはキツい言葉もかけつつ。昨日は、”リバウンドキング”というTシャツを着て行ったんですね。笑 みんなとこれでコミューケーション取ったり、試行錯誤しながら選手達が成長して行ってくれたら嬉しいです。

佐古HCと戦って
賢一さんの元で2年間働かせて頂いて、賢一さんのチームに勝ちたいと思ってますので、自分達のチームの良さを賢一さんに伝えられたと思うし、また明日やるべき事をやります。迷わないように選手達のためにどうしても勝ちたかった。いいスタートになればと思います。」

 

佐古賢一HCと大野篤史HCは2年間広島ドラゴンフライズの創設からHCとACの関係で今でも交流があり、大野篤史HCからはハッピーソックスを佐古賢一HCにプレゼントしたりと大野篤史HCは自分のお気に入りを師に渡していた。

自身のハッピーソックスとコールハーンのドレスシューズも拘りがあり似合っていた。バスケのみならず、そういう一面もファンには楽しんでもらいたい。

 

#Jの部屋BリーグMOVIE対談
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web