NBA

【NBAオールスター2021]数字で見る”チームデュラント” 。キャプテン デュラントは左ハムストリング負傷でテイタムが出場。


[NBAオールスター]数字で見る”チームデュラント” 。キャプテン デュラントは左ハムストリング負傷でテイタムが出場。

キャプテン ケビンデュラントは足の怪我で今回は不出場でテイタムが出場する。

 

<スターター5>

写真提供:NBA

ブラッドリービール(ワシントン・ウィザーズ)
現在NBAでゲームあたり32.9ポイントでNBAのトップスコアラー。
NBAの歴史上、フルシーズンで平均して少なくとも32.9ppgを記録したのは11人のプレーヤーだけ。

今シーズン、22試合で30ポイントゲームを達成してNBAでトップ。これには、2021年1月6日から27日までの6連勝が含まれる。これは、今シーズンの中で最長の連勝。
今シーズン、リーグ最高の96ミッドレンジショットを達成。

 

ジョエル・エンビード (フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)
バブルで、MVPの有力候補として浮上。
NBAのキャリアで2番目に優れたシーズン。ゲームあたり最高の30.2ポイント。これは、昨シーズン(2019-20年に23.0)から7.2 pのアップ。前のキャリアハイ(2018-19年に27.5 p)から2.7pのアップしている。

フリースロー(ゲームあたり9.9p)と試投は(11.6)でNBAすべてのプレーヤーをリード。フリースロー85.6%は、全体で36位、センターの中で3位です。フリースローはエンビードのポイントの32.9%を占めている。これは、プレーした分数で上位300人のプレーヤーの中でジミーバトラーに次ぐもの。

ゲームあたり13.6でポストアップでNBAをリード。

 

 

カイリー・アービング (ブルックリン・ネッツ)
プレーした上位300分にランクインするプレーヤーの最高の攻撃効率評価を保持する。

ピックアンドロール プレーのボールハンドラーとして、単独スコア(4.7 p)でリーグ5位、スコア(8.0 p)で16位にランクされていいる。

プルアップショットの得点で、ゲームあたり10.2ポイントで4位にランクされている。•ゲームあたり平均11.5ドライブ(NBAで36位)、これらのドライブでゲームあたり9.3ポイント(NBAで13位)を獲得し、アーヴィングはドライブの81%でスコアを獲得。

今シーズン、51.0FG%はキャリアハイ。フリースロー88.7%の成績は、彼のキャリアの中で4番目に。

 

カワイ・レナード (LAクリッパーズ)
スティールでNBAで9位(ゲームあたり1.5)
フィールドゴール%が51.1%。

ペイントでゲームごとに2.7フィールドゴールを達成、3位にランクイン。プレーした分数で上位300人のプレーヤーの中で攻撃効率評価で3番目にランクインしている。

 

ジェイソン・テイタム (ボストン・セルティックス)
今シーズン、リーグで最高のクラッチパフォーマーの1人。勝負を決める清水強さを持っている。
クラッチスコアリングでNBAで8位タイ(76クラッチ分で68ポイント)。

ワンポゼッションゲームの最後の30秒で最も多くのフィールドゴールを達成。(3ポイント以内のスコア)。6/9で18ポイント(66.7%)を獲得している。

 

<リザーブ>
マイク・コンリー (ユタ・ジャズ)
14回目のNBAシーズンで3ポイントの範囲からキャリアベスト42.2%。日曜日に開催される3ポイントコンテストにも参加。

 

ジェームズ・ハーデン (ブルックリン・ネッツ)
今シーズン、ゲームあたり11.1でアシストでNBAトップ。また、2016-17年に最初のアシストタイトル(11.2 apg)を獲得したとき、フルシーズンでゲームあたり平均11アシストを達成した最後のプレーヤー。

チームとの最初の23試合で8で、ネッツのフランチャイズ史上、トリプルダブルですでに2位にランクされている。

今シーズン、プレーヤーが少なくとも30ポイントと15アシストに達した7試合あった。そのうち3試合はハーデンである。

 

ザック・ラヴィーン (シカゴ・ブルズ)
105ポイントでクラッチスコアリングでNBAをリードしている。
今シーズンのリーグで最高得点の第4Qは2月5日のオーランドに対して24ポイント。これは、オールスターのブラッドリービールとジョエルエンビードに次ぐ、今シーズンのどの期間でも3番目に高い得点になる。

2度のスラムダンクチャンピオンは、今シーズンこれまでのところ34試合で31ダンクしかない(1試合あたり0.9)。昨シーズン、彼は60試合で88のダンクを持っていた(1試合あたり1.5)。

1月18日に始まり21試合連続で、今シーズンのNBAで最長の20ポイントゲームを所有している。

 

ドノバン・ミッチェル (ユタ・ジャズ)
今シーズン24.7 pでこれは、昨シーズンから0.7 p上昇し、キャリアハイ。
スリーポイントの平均キャリアハイ(ゲームあたり3.3、NBAで11位)。

 

ジュリアス・ランドル (ニューヨーク・ニックス)
トム・シボドーの指導の下、ジュリアス・ランドルはトリプルダブルの脅威として浮上。
プレイ時間でNBAで3位(ゲームあたり36.7)、使用率で35位(26.9%)。

平均して少なくとも20ポイント、10リバウンド、5アシストの4人のプレーヤーのうちの1人。ランドルの23.2ppg、11.1 rpg、5.5 apgはすべて、ニューヨークのキャリアハイとチーム最高を表している。

37試合で24回のダブルダブルでNBAで4位タイ(ダブルダブルでの試合の64.9%)。新しいキャリアの高みへの道を順調に進んでいる。

 

ニコラ・ブーチェビッチ (オーランド・マジック)
ゲームあたり10.2pキャッチアンドシュートフィールドゴールでNBAをリードする。

ダブルダブルは、24試合でNBAの4位タイ。平均して1試合あたり24.6ポイントのキャリアを記録しており、1試合あたり11.6リバウンドはリーグで6位であり、彼のキャリアの2番目に良い平均。
ポストアップでNBAの2位にランクイン(ゲームあたり10.9)。

 

ザイオン・ウィリアムソン (ニューオーリンズ・ペリカン
フィールドゴール率(61.4%)でNBAの5位にランクされている。

フリースローで6位(ゲームあたり8.2)、行われたフリースローで11位(ゲームあたり5.7)。フリースローはポイントの22.3%を占め、75.6%が2ポイントショットで、2.1%だけが3ポイントショット。

NBAニュース海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web