NBA

【NBA】八村塁と渡邊雄太が今シーズン初の激突 渡邊雄太が14得点8Rebシーズンハイ/3P確率ランキング1位に

写真:ワシントン・ウィザーズ公式より

【NBA】八村塁と渡邊雄太が今シーズン初の激突 渡邊雄太が14得点8Rebシーズンハイ/3P確率ランキング1位に

ネッツは反ユダヤ発言問題で5試合出場停止のカイリー・アービング、怪我で出れないベン・シモンズがありながら、ネッツはチーム全員でディフェンスにオフェンスとハッスルして、デュラントに至っては、ほぼトリプルダブルのスコアでチームを牽引した。
また、渡邊雄太はシーズンハイの14得点、8リバウンドをあげてチームに貢献し、日本人対決は今シーズン初めて実現して日本のファンは待ちに待った試合になった。

11/5(日本時間) ウィザーズ ホーム キャピタルワンアリーナ
今回の日本人対決はネッツが勝利

ネッツ 128-86 ウィザーズ
1Q 38-28
2Q 31-29
3Q 27-13
4Q 32-16

#18 渡邊雄太
24分出場
14得点(3P2/3)
8リバウンド
1スティール
2ブロック
1ターンオーバー

#8 八村塁
17分出場
2得点
2リバウンド
1ブロック
1ターンオーバー
1ファウル

<ネッツ>
ケビン・デュラント 28得点 9リバウンド 11アシスト
<ウィザーズ >
ブラッドリー・ビール 20得点

ゲームではお互いバックアップからのスタートで、八村が先に1Q残り4:51でコートインする。ビールからのパスでレイアップを早速決める八村は、今シーズン2ケタ得点を叩き出す活躍を見せている。その後に渡邊雄太がコートインして、八村が渡邊のマッチアップをする。NBAで日本人対決の久しぶりの瞬間になった。

渡邊は八村がブレイクでボールプッシュしてリングへアタックするのをしっかりディフェンスする。その後、コーナーからデュラントからのパスでスリーポイントを決める。
2Qではそのまま2人はコートでプレーするが途中交代になる。ゲームはデュラントが気を吐きネッツが69-57のリードで折り返す。

後半に入って残り4:49で、八村と渡邊が同時にコートインする。渡邊はビール、ポルジンギスにディフェンスしてチームに貢献する。
最終クォーターもそのまま2人はコートでプレーが続く。渡邊がブレイクから走りレイアップを決める。また八村は、渡邊のドライブからのレイアップをブロックして、日本人には堪らない時間が続く。
渡邊のハッスルで、スリーポイントを決めて、スティールからそのまま得点とチームにエナジーを与えて最後までコートでプレーをした。

また、渡邊雄太は好調な、スリーポイントも決めてNBAが開幕したばかりだがスリーポイントの確率が60%で現在NBAで1位タイにランキングされた。

 

今シーズン2人の対決
日程(日本時間)
11/5 ネッツ vs ウィザーズ
12/1 ウィザーズ vs ネッツ
12/13 ネッツ vs ウィザーズ
2/5 ウィザーズ vs ネッツ

 

NBA海外
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web