NBA

【NBA】25点差をひっくり返して大逆転勝利、クリッパーズが球団史上初!西地区ファイナル進出決定/P.ジョージとT.マンがチームに貢献

写真 : NBA

【NBA】25点差をひっくり返して大逆転勝利、クリッパーズが球団史上初!西地区ファイナル進出決定/P.ジョージとT.マンがチームに貢献

6/18(日本時間19日)西地区セミファイナル第6戦。

1位ユタ・ジャスvs 4位クリッパーズの対決は、クリッパーズホームコート、ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われた。

3-2で地区ファイナルに大手を掛けた大一番。

ジャズはマイク・コンリーが復帰した。今シリーズ初の試合でセミファイナルに出場。
クリッパーズは、エースk.レナードがこの試合も欠場になった。P.ジョージの負担は大きくなる。また、クリッパーズは勝てば、球団史上初の地区ファイナル進出になる。

ジャズ 119-131 クリッパーズ

1Q 33-31
2Q 39-19
3Q 2 2-41
4Q 25-39

<クリッパーズ>
P.ジョージ28得点 9得点 7アシスト
テレンス・マン39得点(キャリアハイ)

R.ジャクソン27得点 10アシスト

<ジャズ>
D.ミッチェル39得点 9リバウンド 9アシスト
R.ゴベア12得点 10リバウンド

ジャズは、この試合でD.ミッチェルは1Qからエンジンがかかり、スリーポイント3本、16得点でジャズが33-31とリードして1Q終わる。

2Q入って早々に、ジャスはミッチェルだけでなく、クラークソンが21得点とミッチェルを上回る活躍で18点差にする。

レナードが不在中、P.ジョージがコートに居ないと点差が一気について、最大25点差までついてジャズの一方的な試合展開になっていきそうになる。
そこを修正したいクリッパーズは、P.ジョージをすぐにコートに戻すが、リズムが全く取れてない状態が続く中で、ジャズは絶好調で爆発して72-50で前半折り返す。

後半に入って、25点差まで広がっていた差は、これで一気に終わってしまうかのように見えたが、クリッパーズはじわじわ得点を返していって、この日の大活躍でキャリアハイを叩き出した、テレンス・マンが6本目のスリーポイントを決めて、エース、P.ジョージのペネトレイトもあって2点差まで追い上げて、脅威の追い上げを見せた。

このクォーターだけで41-22のスコアで、94-91でジャスリードで最終クォーターへ。

4Qクリッパーズが早々に同点に追いつき、逆転する。その後はスリーポイント、ジャンパーを入れ合う展開に。
クリッパーズは、P.ジョージへの負担は大きかったが、レジー・ジャクソン、テレンス・マンが最高のパフォーマンスを見せてクリッパーズの勝利に貢献した。

 

NBA地区セミファイナル結果とスケジュール(日本時間19日14:00時点)

<西地区>
ファイナル進出

ロサンゼルス・クリッパーズ
vs
フェニックス・サンズ

<東地区>
76ers (3-3) ホークス
第7戦日本時間21日9:00

ネッツ (3-3) バックス
第7戦日本時間20日9:30

NBA海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web