NBA

【NBAオールスター】レブロン「12歳の頃から25年後に夢見て、今ここに座って信じられない」/カリー、ヤニス、ドンチッチもコメント

【NBAオールスター】レブロン「12歳の頃から25年後に夢見て、今ここに座って信じられない」/カリー、ヤニス、ドンチッチもコメント

NBAオールスターメディアデーが2月19日(日本時間)で行われ、オールスター選手が会見に臨んだ。
2/20(日本時間)スキルズチャレンジ、スリーポイントコンテスト、スラムダンクコンテスト
2/21(日本時間)10:00 オールスターゲーム
オールスターウィークエンドは代表するアメリカの祭りに盛り上がる。

 

レブロン・ジェームズ(37歳 レイカーズ)
オールスター18回出場
オールスターMVP3回

ここに来られてとても嬉しいです。ここ地元のアクロンで育ったので、この数日を楽しんでいる家族や友人とオールスターウィークエンドで、ここに居る事は喜びです。高校時代の親友、一緒に遊んだ人たちは、今は家族があるので次の世代に恩返しをするだけです。

-選手寿命について-

スポーツで長寿を生み出し、体を一流の形に保つことができると感じる方法は、誰もが独自に持っています。だから彼らはオールスターですし、何か正しいことをしているのです。

季節ごとに、精神的および肉体的な課題があります。これも違いはありません。怪我についてだけではなく、COVIDプロトコルについても非常に挑戦的で、時には非常に肉体的および感情的に消耗していました。

-優勝するためには-

過去数回のゲームのプレイ方法が大好きです。トレードの締め切りに、私たちのロッカールームでエネルギーがシフトしました。
私たちが同じエネルギー、同じ継続をできることを願っています。チームのリーダーとして、明らかに、それは私で始まり、私で終わります。そして私たちはここから行きます。

-クリーブランドについて-

25年前、私は12歳でした。私がクリーブランドに来て、エネルギーを感じて、一人にぶつかる手段と能力があればいいのにと思いました。私は子供の頃、オールスターになり、アクロンで育ち、私たちのチームを持つという夢をたくさん持っていました。MJ(マイケル・ジョーダン)を愛し、ブルズを愛していました。そのインスピレーションを持ち、すぐ上にプロチームがあり、当時はブラウンズとインディアン、現在はガーディアン、キャバリアーズがいます。

25年後にここに座って、好きなことをして、好きなことを夢見て、自分がなりたいことを信じて、信じられないほどです。

 

ステフィン・カリー(33歳 ウォリアーズ)
オールスター8回出場

オールスターウィークエンドは特別です。リーグで最高と認められ、チーム、家族を代表し、ここに来て、すべての祝祭を楽しみ、ここに来たときとは異なる街を体験し、ロードゲームをプレイするために、全て楽しみなスペシャルなゲームだ。

チームは、今のところ、ドレイモンドと、怪我から戻ってきたジェームズ・ワイズマンが助けてくれている。

 

ヤニス・アデトクンポ (27歳 バックス)
オールスター6回出場
オールスターMVP 2021受賞

今回アデトクンポ3兄弟でスキルズチャレンジに出場について

私たちは子供の頃からとても親密でした。非常に小さな家で育ち、同じベッドで寝てたのてで仲良くなる他に選択肢はありませんが、結局のところ、私は兄弟と一緒に行う全てのことに関与しようとしています。
彼らを旅に連れて行くだけで、私も同じことをします。私の弟が私が行ったことのない別の都市を旅行するときはいつでも、彼は私に写真を送ってくれます。彼は私を旅に連れて行ってくれます。

それが人生だと思います。私のお母さんはここにいます。私の兄はここにいます。私の子供たちはここにいます。毎年、成長し続けているので、一緒に連れて行ってもらえる立場にあり、楽しく楽しく過ごせる立場にあることを嬉しく思います。

私はマジック、ケビン・ガーネット、スコッティ・ピッペン、KD、レブロンを見ていません。
私はいつもです、どうすれば私は私ができる最高になることができますか?どうすれば自分の可能性を最大限に引き出すことができますか?一日の終わりに、キャリアを終えて振り返り、すべてを捧げたとき、どうすればよいでしょうか。私はこれまでプレーした中で最高の一人であることを願っていますが、私は文字通りバスケットボールに夢中です。毎晩、バスケットボールを夢見ています。
ゲームを勉強し、他のプレイヤーを見ています。ゲームをプレイする準備ができるようにできることは何でもします。

 

ルカ・ドンチッチ (22歳 マブス)
オールスター3回出場

-オリンピックについて-

オリンピックについては話したくない。大変な時期です。

-お父さんはあなたにどのような影響を-

彼がバスケットボールをしたので、バスケットボールをしていると思います。私はいつもコートのチームと一緒にいて、いつもシュートするゲームでしたので、それは私を大いに助けました。

-ダラスファンへ-

私をサポートしてくれてありがとう。皆さんはすごいです。ホーム帰ってから久しぶりです。また目の前でバスケするのが待ちきれません。

NBA海外
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web