日本代表

【女子日本代表】「金メダルを取る」オリンピックへ向けて最終戦/チームで一気に決める力でプエルトリコを後半で圧勝

  1. 【女子日本代表】「金メダルを取る」オリンピックへ向けて最終戦/チームで一気に決める力でプエルトリコを後半で圧勝

三井不動産カップ2021 バスケットボール女子日本代表国際強化試合 埼玉大会
東京オリンピックまであと僅かになって、これが最終戦になる。
日本(FIBA10位)は、プエルトリコ(23位)と戦った。

日本 94-59 プエルトリコ
1Q 18-14
2Q 21-17
3Q 28-16
4Q 27-12

<日本>
林 咲希 14得点(3P4/6)
高田 真希 12得点
本橋菜子 11得点
赤穂ひまわり 10得点 12リバウンド

 

1Q 町田、三好、赤穂、長岡、高田のスターター。

赤穂のドライブからレイアップでアタックして得点して入った日本。
町田はよくフロアを見て空いてるところにドライブしてレイアップで決める。
少し足が止まってインサイドから得点される日本。長岡のスリーポイントで返す。
なんとか個人技で得点する日本。膠着してるので宮崎、東堂で早い展開にしたいところに、宮崎がスリーポイント決める。オコエのインサイドに押し込んでバスカンとってスリーポイントプレーにして、日本の流れを作っていく。日本の強みは後から出てくる選手がスターターよりいいパフォーマンスをする所にある。
18-14日本リードで1Q終える。

 

2Q に入ってもう一度、1Qのスターターに戻した。本橋が、コートインして、しっかり日本の流れを作りたい。
本橋から長岡へインサイドにパスして高田が決める、いいプレーが出てくる。
プエルトリコは、エースの1人#0 ジェニファーがドライブ、ジャンパーと決める中、林がコーナースリー、オープンでスリーと連続決めていく。
日本は、この日アウトサイドのシュートが厳しい前半だった。
プエルトリコ#0ジェニファーに15得点された。日本は、3Pは4/16で25%。ターンオーバーが9個だったが、それでも39-31で日本リードで前半を折り返す。

 

3Q ゲームはリードしているが、日本のいいリズムと早いバスケットをしたい後半。
リバウンドから走れるか。スリーポイントを効果的に決めらるかがポイントになる。

この強化試合通して、長岡のダイブ、ドライブは日本の得点やエナジーに大きく影響するプレーになっている。
入りにディフェンスのギアを上げて、速攻で走って、一気に16点差にする。

プエルトリコは、エース#24ジャスミン4ファウル。赤穂は#0ジェニファーへのディフェンスでコントロースさせない、赤穂のディフェンスは身体の大きさとスピードで完全に抑える。

日本はボールをしっかりコントロールしてオコエがスリーポイント含む6得点をこのクォーターであげた。67-47で日本リードで3Q終える。

 

4Q 林のスリーポイントから入った。横浜大会の頃は中々上手くいかず厳しい状況だったが、さすがの林は切り替えてシュート確率がいい。日本の大事な得点源だ。

日本のディフェンスの強度は落ちずに得点させない、日本のシュートを決めていく。宮澤のスリーポイント2本も出て日本の得点はどこからでも取れる状態になってきている。
試合は日本94-59プエルトリコに圧勝した。
そして日本はオリンピックに向かうことになる。

あっという間の国際強化試合だったが、ここから真の真価が問われる。

スケジュールは下記参照

 

 

試合後コメント

高田真希
今日は、よくない入り方をしたのが反省点でいい経験ができた。オリンピックになるとそう言う事では勝ち切れないので修正していきます。プレイ面では勿論ですが、チームを引っ張って声をかけるのは自分の役割、金メダル獲得が目標なのでしっかりやっていく。
チームのコンディションも良いのでワクワクしています。
行ってきます。

 

本橋菜子
出だしの部分でエネルギーをだして負けないようにしたが、上手く出来ない所もあったけど、立て直せていい経験になった。出た時間、全力でやる…という気持ちで自分の役割をする事を意識しました。怪我から復帰して、今日は相手のプレッシャーがそこまで無くて行きやすかった。
ディフェンスではフランス戦を想定してアグレッシブに、オフェンスは役割果たせるようにリングにアタックしました。チーム一丸で頑張って、本番で金メダルを取りたいと思います。

 

トム・ホーバスHC
出だし重く良くなかったが、選手が気持ちもプレーも後半アジャストしてくれて、よくやってくれた。前半のペースは遅かったが後半はパワーバスケしたかったので良かったし、これまで時間帯も少なく、入らなかった選手達のスリーポイントが入ったのが良かった。
林、宮澤、本橋この3人をもっと使いたい。
やっとオリンピックまでの一年が長かったしキツかった、皆んな同じだと思う。今、面白いバスケをしてると思う。楽しみです。

 

team JAPAN 12名

#0 長岡萌映子(PF/183cm/トヨタ自動車アンテロープス)
#8 髙田 真希(C/185cm/デンソーアイリス)
#12 三好 南穂(SG/167cm/トヨタ自動車アンテロープス)
#13 町田 瑠唯(PG/162cm/富士通レッドウェーブ)
#15 本橋 菜子(PG/165cm/東京羽田ヴィッキーズ)
#20 東藤 なな子(SG/174cm/トヨタ紡織サンシャインラビッツ)
#27 林 咲希(SG/173cm/ENEOSサンフラワーズ)
#30 馬瓜 エブリン(PF/181cm/トヨタ自動車アンテロープス)
#32 宮崎 早織(PG/167cm/ENEOSサンフラワーズ)
#52 宮澤 夕貴(SF/183cm/富士通レッドウェーブ)
#88 赤穂 ひまわり(SF/185cm/デンソーアイリス)
#99 オコエ 桃仁花(PF/182cm/富士通レッドウェーブ)

 

女子日本代表 オリンピックスケジュール

グループB
7/27(火)10:00 日本vs フランス

7/30(金)13:40 アメリカ vs 日本

8/02(月)10:00 ナイジェリアvs 日本

8/04(水) 準々決勝

8/06(金) 準決勝

8/07(土) 3位決定戦

8/08(日) 決勝

日本代表東京オリンピック
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web