ニュース

FIBAアジアカップ2021予選 初戦白星発信 チャイニーズ・タイペイに圧勝!!


FIBAアジアカップ2021予選 初戦白星発信!!
チャイニーズ・タイペイに圧勝!!

FIBA アジアカップ 2021 予選初戦
日本勝利🇯🇵白星発信
日本96-57チャイニーズ・タイペイ
この試合は無観客試合で行われた。
前半は9点差で終わったが、日本が3Qに圧倒した。
日本のポテンシャルがハッキリした試合だった。

日本スターター
富樫勇樹選手
田中大貴選手
比江島慎選手
竹内譲次選手
ライアン・ロシター選手

日本は試合序盤に、しっかりノーマークを作ってシュートを打ってる。
ロシターが速攻に参加するので早い展開もできた。
日本のディフェンスもしっかりハードについている。
2Qは相手のペースに少しなったが、後半3Qの入りがとても重要だったところ、スターターに戻して強度の高いディフェンスに戻して、富樫勇樹選手のドライブも効いた。

そして、代表初出場のライアン・ロシター選手、代表久しぶりの金丸晃輔選手の活躍が素晴らしかった。

#0 ライアン・ロシター
#14 金丸晃輔

共に17P
ロシターは30:34出場、19R、7A、2ST
金丸は21:19出場、スリーポイント3/6
日本代表初出場のロシター、久しぶりの日本代表入りの金丸は存在感を示した。
日本のファンも彼らの活躍を楽しみにしていたので素晴らしいスタートになった。
帰化選手枠には、ニック・ファジーカス、ギャビン・エドワーズがいる中で今日のロシターは
トランジッションを見せたプレーは重要なパーツになった。
また金丸選手は、ノーマークをチームでしっかり作ればこれほど得点の取れる選手な中々いないことを証明してくれた。
さらに、アメリカにはNBAやGリーグで、活躍している八村塁選手、渡辺雄大選手、馬場雄大選手がいる。

日本代表はチーム内での熾烈な争いがある。だからこそ上のレベルへとステップアップしなければならない。
このアジアカップの予選はオリンピックに向けてとても大事な大会になっている。

 

日本代表の今後の日程
<widow1>
vs中国(日本で開催予定も新型コロナで延期中)【HOME】

<window2>
vsマレーシア 2020年11月26日(木) 【AWAY】
vs中国 2020年11月29日(日) 【AWAY】

<window3>
vsチャイニーズ・タイペイ2021年2月19日(金) 【HOME】
vsマレーシア2021年2月22日(月)【HOME】

ニュース代表・U22以下日本代表
編集長J

編集長Jライター

Basketball Journalist / Podcaster
Bリーグ、NBAの情報を配信。ミスターバスケットボール 佐古賢一氏と20代前半に出会いバスケに感銘を受けて20年以上自身もバスケをしている。

twitter : @jbasket_web Instagram : @ jbasket_web