日本代表

【東京オリンピック】女子準々決勝❸日本歴史を塗り替えた、残り16秒に林3Pで劇的逆転勝利 初の準決勝進出 / 宮澤夕貴21得点3P7本炸裂

【東京オリンピック】女子準々決勝❸日本歴史を塗り替えた、残り16秒林3Pで劇的逆転勝利 初の準決勝進出 / 宮澤夕貴21得点3P7本炸裂

日本はアウトサイドのシュートをどれくらい決められるか、速いバスケットがどれくらい出来るかの勝負となる戦い。

日本🇯🇵 86-85 🇧🇪ベルギー
1Q 19-16
2Q 22-26
3Q 20-26
4Q 25-17

<日本>
#52 宮澤夕貴 21得点(3P7/13)
#8 高田真希 19得点
#88 赤穂ひまわり 12得点
#13 町田瑠唯 10得点 14アシスト

<ベルギー>
#11 エマ・メーセマン 25得点
#5 キム・メストダ 24得点(3P7/11)

日本のスターターは、町田、林、宮澤、高田、赤穂。

ベルギーのスリーポイントから得点入るが、日本は、今回初のスターター宮澤のスリーポイントが決まる。

ベルギーはサイズがあるので日本はリバウンドを頑張りたい。インサイドでどんどんアタックして得点するベルギー。日本はディフェンスから流れを作り始め高田は休みなくドライブからレイアップでバスカンを取る。本当に頼もしいエース高田。19-16で日本リードで終える。

2Q、スリーポイントから入るがすぐベルギーも返す。宮澤の連続スリーポイントで日本に勢いをつける。さすが宮澤というプレーが出る。バスケファンは痺れまくってるに違いない。

ベルギーもしっかりフリーを作って得点してくる、12点差リードあったが、ベルギーが2点差に一気に追い上げる。

日本も踏ん張り、本橋のドライブからレイアップ、スリーポイントで突き放すが、ベルギーのスリーポイントの精度もあがり追いつき逆転。

41-42でベルギーのリードで前半を折り返す。

後半は、ベルギーから得点、赤穂が自らシュートしてタップで押し込んだ。
ベルギーに走られ連続シュートで点差を広げられ13点差まで広げられる。
ディフェンスも修正したい日本はスモールラインナップにして速いバスケを仕掛けるが、ベルギーが日本がやりたいバスケットを展開して我慢の時間が続いていた日本は、ドライブして、フリーを作る。

宮澤が町田のパスでスリーポイントを決める。
そしてインサイドで高田が得点なんとか一桁まで詰め7点差、61-68でベルギーリードで最終クォーターへ。

リードされるも宮澤の連続スリーポイントで繋いでなんとか逆転したい日本。リバウンドから走って、インサイドの高田に町田の縦のパスが通り、得点して3点差に追い上げる。

ここぞという時の高田のスリーポイントが入り、同点に追いつく。直ぐにベルギーもスリーポイントを入れるが、宮澤が入れ返して同点にする痺れる展開。更にベルギーは、スリーポイントでリードする。

町田のドライブを止められないベルギーは、アンスポファウルでフリースローを決めて2点差にして、赤穂のドライブで同点と、一進一退。フリースローでベルギー2点リードから、残り16秒で町田のアシストから林がスリーポイントを決め逆転。

1点リードで、日本はこの1点を守り切り劇的勝利を勝ち取り大会初のベスト4へ。

こんなに痺れる展開はない。

おめでとう 日本代表
初の準決勝進出

日本の準決勝は8/6にスペインとフランスと戦いで勝利したチームと対戦する。

日本代表東京オリンピック海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web