日本代表

【東京オリンピック】FIBA公式女子オリンピック大会ベスト5選ばれた町田瑠唯選手 /今大会脅威の75アシストと日本史上初の銀メダル

FIBA公式 東京オリンピックオールスター女子ベスト5選ばれた町田瑠唯選手 /今大会脅威の75アシストと日本史上初の銀メダル
オールスターベスト5

■ブレアンナ・スチュワート (アメリカ)
■アジャ・ウィルソン (アメリカ)
■町田瑠唯 (日本)
■サンドリーヌ・グルダ (フランス)
■エマ・メーセマン (ベルギー)

 

東京オリンピックは8日に閉会され、女子日本代表は、史上初の銀メダルを獲得。

FIBAは今大会活躍したオールスターファイブを選出した。大会ベスト5に、162cmのPG町田瑠唯が日本代表で唯一の選出、素晴らしい偉業。

プレーメーカーとして世界中から称賛が送られている。世界トップレベルであることを証明した。

 

今大会を驚異の75アシスト、準決勝フランス戦では五輪記録の18アシストと記録更新。

FIBAは、平均12.5アシストを高く評価しての選出となった。

他にはMVPのスチュワート、ウィルソン(米国)、グルダ(フランス)、メーセマン(ベルギー)

このメンバーの中に日本選手がいるのは本当に誇らしげな事で心躍る出来事だ。

 

MVPは大会7連覇に大きく交換したアメリカのエース、ブレアナ点ステュワートが受賞した。
決勝では、14得点、5アシスト、4スティールとタイトルを決める試合でもアメリカを牽引した。

もう一人アメリカから選出された、アシャ・ウィルソンは、アメリカのインサイド、パワープレーと欠かせない存在だった。1試合平均、16.5得点、7.3リバウンドと数字でも残している。

グルダは、今回のオリンピックに力を注いできた。フランスを長い間引っ張ってきたグルダ は、今回は銅メダルをフランスにもって帰ることになった。
今大会、1試合平均13.7得点、6.0リバウンドとフランス全試合に活躍した。

ベルギーのエマ・メーセマンは、準々決勝の日本戦で負けてしまったが、25得点あげて
日本を苦しめた。今大会でメーセマンを誰も止められず、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた。
1試合平均、26.8得点、10.5リバウンド、4.8アシスト、3.5スティールと突出したスタッツも叩き出していた。

日本代表東京オリンピック海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web