NBA

ステフィン・カリーが「より平等な場を作ること」を掲げカリーブランドをアンダーアーマーで設立

ステフィン・カリーが「より平等な場を作ること」を掲げカリーブランドをアンダーアーマーで設立

カリーブランドとは
アンダーアーマーとステフィン・カリー選手のパートナーシップにより設立された、 すべてのユースアスリートが平等にスポーツを楽しめるようにすることを使命とするパフォーマンスブランド。スポーツを行う環境が整っていない子どもたちと、そのコミュニティを支援するために、様々な解決策を提供します。カリーブランドはバスケットボールやゴルフを含む、複数のカテゴリーでシューズ、アパレル、アクセサリーなどの商品を展開。カリーブランドの年間売上の一部は、全世界のコミュニティ に以下の目的で投資される。

安全な遊び場の創出
コート内外で学び、成長するための刺激的なスペースの構築。コートの改装やスペースを持続可能なものにするための計画を立案。

チームスポーツ支援
学校や地域団体におけるチームスポーツを支援するための、リソースやプロダクトの提供。

コーチ、リーダーシップ育成
リソースが不足する地域の子どもたちに対する、優れたスポーツコーチの派遣や、人材採用および育成。

そして、2025年までに少なくとも20の安全にスポーツができる場所を作り、若いアスリートを導くために125のプログラムをサポートし、15,000人以上のコーチを育成する機会を提供する予定。これにより、世界中で10万人以上の若者を支援することを目標にしている。

ステフィン・カリー選手
「アンダーアーマーと10年以上にわたり行ってきたコミュニティ活動を通じて、才能はどこにでもあるが、機会はどこにでもあるわけではないということを学びました。私たちが一緒に取り組んできたのは、この2つのギャップを埋めて、より平等な場を作ることです。今日の自分があるのは、子どもの頃にスポーツをしていたからです。ハードワーク、逆境を乗り越える力、チームワークやコミュニケーション。スポーツは若いアスリートに多くの重要なライフスキルを教えてくれます。だからこそカリーブランドを通じて、誰もがこれらの機会にアクセスできるよう情熱を注いでいきます。」

ステフィン・カリー選手のプロフィール
NBAのゴールデンステートウォリアーズに所属する稀代のシューター。これまでにリーグを3度制覇し、2度のシーズンMVPに輝いている。あらゆるエリアからスリー ポイントシュートを決めるプレースタイルは、バスケットボールにおけるオフェンス の常識を変えたと言われる。
カリーの父、デル・カリーはNBAで活躍した元プロバスケットボール選手で、地域の若者を支援するためにデル・カリー基金を設立して活動していた。ステフィンはバス ケットボールで豊かなキャリアを築く一方、父と同様に慈善家としても精力的に活動。妻のアイーシャとともに、「栄養、教育、運動」を通じて若者を勇気づけるために 「Eat. Learn. Play.財団」を設立している。

ステフィン・カリー選手の特集ページ
https://bit.ly/2VeEV7U

 

NBAニュース海外
J basket

J basketライター

J basketは編集長Jによるバスケットボール専門のwebメディアです

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web