ワールドカップ

【FIBAU17W杯】108-48とフランスに完敗/ 川島悠翔「もっとボックスアウト徹底しないといけない、リリースをもっと速くしてスリーポイントを決めたい」

【FIBAU17W杯】108-48とフランスに完敗/ 川島悠翔「もっとボックスアウト徹底しないといけない、リリースをもっと速くしてスリーポイントを決めたい」

U17ワールドカップが7/2からスペインで始まった。世界から16カ国で争われる。この世代は勝利と経験、育成と日本の将来を担う選手たちが世界と戦い抜く大切な大会。ここからは全16チームのトーメントになる。日本はグループA全勝1位のフランスと戦って厳しい試合で完敗した。

フランス🇫🇷 108-43 🇯🇵日本
1Q 25-17
2Q 29-6
3Q 26-16
4Q 29-4

<日本>
#10 川島悠翔 14得点 (FG6/18 3P1/8 FT1/2) #11 小川瑛次郎 12得点
#7 武藤俊太郎 11得点

試合は1Qは日本も川島の連続得点でリードするフランスと2点差で進んでいくが、日本のこの試合で特に多かったターンオーバーが大きく響いていった。トータルで25に対してフランスは6。そこからの得点はフランスに39点、日本は9点だった。試合では日本らしいプレーも出していくが、最後まで日本の流れに持っていけない。

リバウンドはフランス51(OR23)、日本17(OR3)と数字からも厳しい試合になってしまった。

身体の大きさのみならず、日本の闘争心、気持ちの部分も大事になる。完敗でも、まだ試合があり、これこらの日本代表になって戦う選手達は世界の舞台で経験する事で日本では出来る事が海外ではフィニッシュしきれなかったりする事、ディフェンスの強度など、この経験を次に繋げていってくれるはずだ。次戦の日本代表に期待。

 

試合後コメント

マルチネス・アレハンドロ HC
「フランスが強いのは十分にわかっていたので、彼らはおそらく決勝進出するチームだと思う。自分達自身を成長するいい機会だと思う。
選手たち達は必ずなしかしら学んでいると期待している。それが日々の成長につながっていくと思う。
常にボールをシェアする事を伝えている。それが出来ずに個人技になってしまった。ボールをシェアする時はいいバスケットができているが、出来ていない時はいいバスケットが出来ていない。」

 

川島悠翔
「リバウンドはもっとボックスアウト徹底しないといけなかった。もっと飛び込んで頑張れれば良いリバウンドができたと思う。
スリーポイントは自分のタイミングで打てているところが少なくて外してしまった。チェックも速いのでリリースが遅いのがわかったので、もっと速くしてスリーポイントを安定して決められるようにしたいです。」

 

U17日本代表

#5 ルーニー 慧 (SG / 183cm / 正智深谷高等学校3年)
#6 石口 直 (PG / 180cm / 東海大学付属諏訪高等学校3年)
#7 武藤 俊太朗 (SF / 190cm / 開志国際高等学校3年)
#8 崎濱 秀斗 (PG / 175cm / 福岡第一高等学校2年)
#9 ウィリアムス ショーン莉音 (PF / 199cm / 仙台大学附属明成高等学校2年)
#10 川島 悠翔 (PF / 200cm / 福岡大学附属大濠高等学校2年)
#11 小川 瑛次郎 (SF / 187cm / 羽黒高等学校2年)
#12 鈴木 凰雅 (PF / 191cm / 福岡大学附属大濠高等学校2年)
#13 内藤 耀悠 (SF / 190cm / レバンガ北海道U18)
#14 アピア パトリック眞 (PF / 196cm / 福岡第一高等学校2年)

#15 渡辺 伶音 (PF / 204cm / 福岡大学附属大濠高等学校1年)

 

スケジュール

日本は9位-16位順位決定戦にいくので、7/8にスロベニアとアルゼンチンの敗者と戦う事になっている。

 

ワールドカップ日本代表日本代表U17
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web