Bリーグ

【It Roster008】キング開(専修大4年) 「今後は日本を代表するガードになって活躍したい」/Jbasketインタビュー

【It Roster008】キング開(専修大4年) 「今後は日本を代表するガードになって活躍したい」/Jbasketインタビュー

第73回インカレは12/12に白鷗大学の初優勝で幕を閉じた。2021今大会、怪我をしながらもチームを牽引して、ベスト4入りした専修大4年のキャプテン、キング開選手に注目したい。

3位決定戦の試合後にJbasketインタビューに、丁寧なに一つ一つ答えてくれたキング開選手、ルックスだけではなく内面も感じることが出来ました。

キング開選手は、ポイントガード、184cm、現在21歳、国籍は日本、2020-21に特別指定選手としてB1の横浜ビー・コルセアーズでも活躍。

横浜ビー・コルセアーズでは、6試合に出場。平均8.5分、3.7得点、1アシスト、0.8リバウンドのスタッツを残した。

神奈川で育って、アレセイア湘南高でプレーし、インターハイに出場。その後、専修大に進みU22日本代表候補にも選出されている。

そして、2021.12/6-12に最後のインカレ、専修大をベスト4に導き、準決勝では東海大、3位決定戦では筑波大と戦って破れはしたが、専修大の強さを全国のバスケファンに見せつけて大会を盛り上げてくれた選手だった。

個人では大会優秀選手賞を受賞

ブラ グロリダ(白鷗大4年)
角田太輝(白鷗大4年)
八村阿蓮(東海大4年)
二上 耀(筑波大4年)
キング開(専修大4年)

と錚々たるメンバーが名を連ねた。

今後のキング開選手にますます注目していきたい。

 

 

キング開選手にJbasketインタビュー

「高校の時からプロになりたいって思っていました。努力しないとそこまでいけないですし、自分次第と思っています。
大学入ってガードにコンバートして佐々木監督にも認めてもらってガードとして使ってもらいました。感謝してます。先輩にも恵まれて、たくさん学べたのは自分の中で大きな財産になりました。今後は日本を代表するガードになって活躍したい。海外でも通用するプレーヤーになりたい。
ここが新たな区切りになりますが、これからも努力を続けていきたい。

ディフェンスとリバウンドが必要なチームで、なかなかオフェンスがうまくいかない時は、ディフェンスは全員が頑張れば流れがこぅたに向いてくる。ディフェンスのインテンシティを持ってやる事でいい試合になると思っています。

1年生の時はディフェンスで相手のエースを抑える役割りだったので、自信はある方でした。スタミナも必要ですし、プロになったらハードなディフェンスを求められると思うので積極的にやっていきたい。

オフェンス面では
得意のドライブが読まれていたり、足の怪我もあってシュートのバランスが良くなった中で、ドライブする事で相手が寄ってきますし、今大会でアシストも出せた。シュートを決めないといけない立場なんですけど、それが出来なかった時に自分がどう出来るか考えながらやってアシストが出来たと思います。

成長について
外のシュート確率がこの一年で上がった事で1番大きなところだと思っています。外が決まれば相手のディフェンスも変わりますし、ドライブしやすくなります、それはこの1年シュートの練習をしてきて良かったです。プレーの幅が広がりました。

思い出について
全試合ですね。
やっていく度に残り試合を感じて、寂しくはなるんですけどバスケが大好きなので最後まで楽しんでやろうと思って、みんなでやれました。
結果は最後負けてしまいましたが、自分の人生でいい思い出になりました。

自分が上手くなりたいと思ったら努力するしかない。

NBAの記者会見聞いていてもマイナスな事は言わないし、自分がどれどけマイナスをプラスに変えられるかが、選手としても人としても成長出来るかと思っています。」

BリーグfeautureIt roster大学
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web