Bリーグ

【Bリーグ】北海道が追い上げるも最後は100点ゲームで川崎が久々の試合を勝利/ニック トリプルダブル 25PTS 15REB 10AST

【Bリーグ】北海道が追い上げるも最後は100点ゲームで川崎が久々の試合を勝利/ニック トリプルダブル 25PTS 15REB 10AST

第19節 1/29(土)北海きたえーる

レバンガ北海道 91-109 川崎ブレイブサンダース
1Q 11-29
2Q 23-26
3Q 32-23
4Q 18-31

<川崎>
ニック・ファジーカス 25得点 15リバウンド
10アシスト
マット・ジャニング 23得点
藤井祐眞 22得点 5アシスト 4スティール
米須玲音 9分出場 3得点 4アシスト

<北海道>
ショーン・ロング 30得点
デモン・ブルックス 30得点 (3P8/10)
松下裕汰 21分出場 8得点 (3P1/3) 2アシスト 1スティール

1/9ぶりの試合になる川崎は、ゲーム入りから気持ちが入っていた。ヒースのダンクから得点して、更にスリーポイント、ターンオーバーを起こしインサイドからの得点で一気に川崎がリードする。

北海道は最後までフィニッシュ出来きなく、前半は、川崎のゾーンディフェンスに対応しきれない時間が続く。川崎はジャニングが連続スリーポイント決めて点差を一気に広げる。

1Q終盤には、北海道は松下(白鷗大4年)と米須(日本大1年)が出てくる。2Qでは、米須が闘将の橋本をドライブで抜いて、コーナーにアシストして得点、さらにドライブからバスカン3点プレーで川崎を引っ張る。

40-20とダブルスコアになるが、なんとか追い上げたい北海道は、ブルックスのスリーポイント、ミラーのインサイドで得点して返す。松下もディフェンスでハッスルして、しっかりスリーポイント、コーナーからドライブして得点を決めて9点差まで追い上げる。

川崎は、ニックがしっかり落ち着いたプレーで決定力を見せ、最後ターンオーバーを誘い藤井がスリーポイント決め流れを北海道に渡さないで折り返す。

後半に入って、前半フリースローがなかった北海道はインサイドでのアタック、そしてディフェンスで守っていきたいところ、ブルックスの5本目、6本目のスリーポイントなどで開始早々に一桁得点にする。

ここからお互いブルックスとロング、藤井とニックで得点あげて拮抗。残り3:25で米須、松下がコートイン。

北海道はディフェンスから速攻でロングのダンク、橋本が米須からスティールして速攻で得点で2点差まで追い上げたら、川崎もすぐに返して、次は松下が飛び込んでバスカン3点プレーで川崎に追いつき1点差にする。このクォーター川崎相手に32点とる北海道のオフェンスの爆発力を見せる。

4Qの大事な入りは川崎増田のバスカン、ターンオーバーから速攻から得点で一気に10点差にする。前半から大事なところでのターンオーバーをだす北海道に対して、川崎がハードにディフェンスし、得点にむすびつけリードをしっかり保った試合となり、最後は100点ゲームにして勝利する。

 

 

 

試合後コメント

佐藤HC(川崎)
大変な状況の中こうして試合ができたことに感謝しています。ベンチ周りにも川崎のユニフォームを着て応援してくださっている方もたくさんいたので、いい試合を見せられて良かったです。

試合から離れていたので何を頑張るのかというのをチーム全体で共有し、コントロールできたのが大きかったと思います。3Q苦しい展開になり点差が詰まったんですけど、そこで集中力を切らさずに我慢しようと声をかけ合いました。ディフェンスからいい流れを作るのが自分たちの勝ちパターンなので、激しいディフェンスができて流れを引き戻すことができたのが良かったです。

前回とどろきで対戦した時、GAME2では対策されて負けてしまったので自分たちがやるべきことを明確にして、出だしから相手のエナジーに負けないようにいい準備をしたいと思います。

 

#22 ニック・ファジーカス(川崎)
ここ最近試合をすることが出来ていなかったので、自分たちが試合を出来る喜びがすごくありました。全員がエナジーを持ってプレー出来たと思います。

(自身の活躍について)試合の初めからシュートタッチがいいと感じていて、試合を通じて継続できて良かったです。一番大事なのは試合に勝つことなので、しっかり勝てたことが何よりも収穫だったと思います。

(明日に向けて)久しぶりの試合でしたが、明日も勝利できるようしっかり準備して2連勝して川崎に帰りたいと思います。

 

佐古賢一HC (北海道)
「今日の試合は、川崎相手に準備してきたものが少し充分ではないところがあって、そこを試合の序盤に突かれてしまって簡単に走られて得点されてしまいました。
後半、ディフェンスのコミュニケーションなどが徹底できたことで追いつきそうなところまではいきましたが、勝負所の4Qに我慢しきれず、ミスが続いての敗戦となってしまいました。
課題をしっかり整理して、明日もあるのでいい準備をして臨みたいと思います。
松下選手が加入して、よりチーム内での競争力も増していると思うので、中野選手や牧選手の奮起にも期待したいです。」

#66 松下裕汰選手(北海道)
「試合の序盤は川崎のペースで点差が離れてしまって、そのタイミングでディフェンス面での指示をもらって出場しました。泥臭さが自分の持ち味であり、アグレッシブなプレーが強みでもあるのですが、今日は消極的になってミスが続き、持ち味を発揮できなかったので、切り替えて明日も試合があるので、いい準備をしていきたいと思います。
目の前の1試合1試合が自分にとっては全て経験で、いろんなプレーなどを吸収しながら成長していきたいと思います。」

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web