Bリーグ

【Bリーグ】インサイド、アウトサイドから得点の三河がアウェイ川崎に2連勝 西田優大「凄く嬉しい みんなでカムバック出来た大きな試合」

【Bリーグ】インサイド、アウトサイドから得点の三河がアウェイで川崎に2連勝 西田優大「凄く嬉しい みんなでカムバック出来た大きな試合」

前日のGame1で三河が勝利してホームで2連敗はしたくない川崎だったが、三河のインサイドとアウトサイドからのオフェンスが機能して、試合終盤までCSのような空気感でお互いの攻防が最後まで続いたが、最後に勝ち切ったの三河だった。三河は川崎2連勝と大きな勝利を得た。

10/22(土)川崎市とどろきアリーナ

川崎 75-77 三河
1Q 20-23
2Q 14-18
3Q 22-10
4Q 19-26

<三河>
#ダバンテガードナー 19得点 5AST
#32 #シェーファーアヴィ幸樹 14得点(3P4/7)
#19 #西田優大 13得点
#1 #中村太地 11得点

<川崎>
#22 #ニックファジーカス 22得点 13Reb
#0 #藤井祐眞 15得点 7AST
#35 #ジョーダンヒース 12得点

アウトサイドがこの試合炸裂した、アヴィのスリーポイントから三河が入る。すぐにファジーカスがスリーポイントでお返しする。ヒースもスリーポイントをコーナーから、またすぐさま西田がスリーポイントを決まるという、インサイドに寄りがあって前にスペースが開けば早く打っていくアウトサイドからスリーポイント祭りかのような決め合う入りになる。
そしてお互いインサイドで得点していく。藤井も連続でドライブから得点してリードする。アヴィの3本目のスリーポイントそしてガードナー、西田のインサイドでの得点とバランスがよく決めて逆転する。インサイドとアウトサイドのバランスがいいオフェンスする三河のアジャストする力が今シーズンは昨シーズンよりも高いのが伝わってくる。
また川崎ファジーカスはしっかり決めてくる、引き離されないで川崎を牽引して23-20で三河リードの1Q。

2Qに入ってもアヴィ、中村とスリーポイントが止まらない、高確率で決めていきリードを広げる。川崎もここから上げていきたい所を、ファジーカスにダブルチームで対応していく。川崎は長谷川のスリーポイント、藤井のフリースローで繋ぐ。オクインのリバウンド、インサイドワークは強く三河にとって大きい存在で、中村の2本のスリーポイントで川崎を引き離し、41-34三河リードで折り返す。
川崎が前半でターンオーバーを10、三河が5と数字に出た。

後半三河はガードナー、アヴィがボールプッシュしてそのまま連続得点して2ケタ得点差にする。川崎はディフェンスバックも遅く西田がブレイクで走り、入りのリズムを作る。ヤング、ファジーカスのインサイドで繋いでいく川崎はようやく3点差へ。
三河のアウトサイドがリングから嫌われ始めて、川崎がここからしっかり得点してヒース、ファジーカスのコンビがインサイドで得点して追いつき、遂に逆転する。

ベンチから三河には柏木が同じPGの長野、細谷に対して、チーム全体に対して流れ、アドバイスをするタイミングもありチームのバランスをとり苦しい時間帯を凌いでいく。アウトサイドから決まらず、インサイドから得点していきたいが川崎は対応していくのでここでの時間帯は重要になる。56-51川崎リードで最終クォーターへ。

4Q前田のスリーポイントがすぐに決め、ガードナーも得点、インサイドのオフェンスに川崎がどう対応するかアジャストするか。続けてドライブして連続で得点、バスカン取って流れを川崎に渡さない。川崎の流れにな理想な所を、1点差の攻防が続いて三河はカムバックして逆転という痺れる展開に。

三河は徹底してペイントにアタックして得点し続ける。川崎は、スリーポイント、ブレイクと藤井が躍動して逆転してリードする幅広いオフェンスを見せるが、ここでガードナーがスリーポイントを見せる。お互い入れ合いの中、3分切ってコーナーから熊谷のスリーポイントで川崎がようやくリードを広げる。この時間帯は遂行力には強い気持ちも大事になってくる。
激しい戦いからガードナーが残り2分でフリースローで追いつきそして再逆転するも、1分切って1点差の攻防に会場は沸き、2点差で残り14秒で川崎ボールからターンオーバーで三河がそのままボールをキープして77-75で三河が勝利して2連勝へ。
CSのような痺れる試合だった。

 

 

試合後コメント

鈴木HC(三河)
「アウェイで2勝する事は難しい所、日本人選手たちがハッスルして頑張ってくれた。

Jbasket :オフェンスのバランスについて
「外国人が怪我してオンザコートワンで、やり合ってしまうと川崎さんの有利になってしまうので少しテンポをゆっくりして、もう少し早くタイムアウトを取れば良かったのかもしれないけど、選手を信じて、ビックスコアで離れるはずなくクロスゲームになると思っていて、丁寧にメンバーチェンジを考えながら今日調子の良い選手を信じて采配しました。

アヴィ選手は先週から調子が上がってきて、オープンだと打ちなさいと言っただけで、急に入り出して調子が上がってきた。」

Jbasket:チームをどう強く作っているのか

「新しい選手達にどうやったら劣勢をカムバックできるか、どうやったら勝てるか、失敗しながら詰め込んでいるのでみんなわかってきた。伸び代があるので試合やって繰り返ししないと勝てない。いい感じで進んでます。」

 

西田優大 (三河)

「出だしから相手のエナジーに負けることなく出来たと思います。後半少し重たくなったとこで自分達が我慢出来たところが勝因かと思います。

Jbasket:川崎相手に2連勝できた感想を率直に教えてください

「凄く嬉しいです。昨シーズン最終節で2連敗してCSに行けない思いをしてみんなで臨んでカムバック出来て勝った試合で大きな勝利で又、同地区でもあるのでCSに争いになった時にこの2勝は大きくなると思います。」

Jbasket:オフェンス面ではバリエーション多く、ゲームメイクの幅については?

「起点になりたいと思っていて、柏木さんや細谷さんが声をかけてくれることもあり、得点を取るだけでなくDF、ゲームメイクの所も、もっと起点になれる選手になれたら良いと思います。
先ずはCSに出る事そこから更に勝てるチームになること、個人的には3Pの%を上げてランキングに入りたいと思っています。」

 

佐藤HC(川崎)

「悔しい敗戦となりました。まだ課題が多い中で昨日の反省は出来ていたが、フルスロットルになり切れてない選手も居る中で最後まで諦めず良いゲームは作れたと思いますけど、最後のクラッチタイムでところで良いプレイが出来る様になれるようにチームと向き合っていきます。選手たちは頑張ってくれたと思います。

Jbasket 後半インサイドでのディフェンスについて

「ディフェンスに関して77失点は、ある程度ガードナー選手にやられるのは分かっていたけど、4Qの初めファウルがかさんでしまってタフなディフェンスが出来なくなってしまったのは痛かった。」

 

藤井祐眞(川崎)
「ここ3試合落として良くない試合でそれでもゲーム2立て直せたけど勝ち切れなかった事は苦しく悔しかった。シーズンの始めて良かったと思える様にチームを立て直していきたい。

Jbasket:勝ち切る為に必要なことは!?
「ん…勝ち切る、まあ本当に難しいと思うんですが、こう言う接戦の試合をいかにモノに出来るか最後の最後でリードさていて逆転されてしまって。最後の終わり方、今回反省点の多い内容で僕もターンオーバーしてしまって、最後の終わり方が、勝敗に関わってくるので今日の反省点でしたし、勝ち切れる為に修正したい。」

Bリーグ
J basket

J basketライター

-バスケットボールwebメディア

twitter : @jbasket_web
Instagram : @ jbasket_web